ファミリー

ファミリー

Google Play では、家族みんながそれぞれの年齢に応じて楽しめる高品質のコンテンツをデベロッパーが公開できるように、高機能なプラットフォームを提供しています。デベロッパーは、ファミリー向けプログラムにアプリを送信する場合や、子供向けのアプリを Google Play ストアに送信する場合は、アプリが子供に適しており、関連するすべての法律に準拠していることを確認する責務を負います。

アプリ アカデミーで、ファミリー ポリシーの詳細とインタラクティブ チェックリストをご確認ください。

子供向けやファミリー向けにアプリを設計する

家族の生活を豊かにするためのツールとしてテクノロジーを活用する機会が増える中、保護者は、子供と安全に共有できる高品質のコンテンツを探し求めています。子供に向けたアプリや、子供の注目を集めるアプリを開発しているデベロッパーは、Google Play を利用することで、ファミリーを含むあらゆるユーザーにとって安全なアプリを提供できるようになります。

「子供」という言葉は、地域や文脈によって意味が異なる場合があります。アプリに対してどのような義務や年齢制限が適用されるのかを判断する際は、弁護士に相談することをおすすめします。アプリがどのように機能するのか最もよく知っているのは、デベロッパーの皆様ご自身です。そのため、Google Play 上で提供するアプリをファミリー向けの安全なものにするには、デベロッパーの皆様の協力が欠かせません。

子供を主な対象とするアプリは、ファミリー向けプログラムに参加する必要があります。子供専用のアプリでない場合でも、ターゲット ユーザーに子供が含まれているのであれば、ファミリー向けプログラムに参加することで、子供にも適したアプリであることをわかりやすく伝えることができます。ファミリー向けプログラムに参加しない場合でも、他のすべての Google Play デベロッパー プログラム ポリシーおよびデベロッパー販売 / 配布契約と同様に、下記の Google Play ファミリー ポリシー要件を遵守する必要があります。


  • expand_more Play Console 要件

    ターゲット ユーザーおよびコンテンツ

    アプリを公開する前に、Google Play Console の [ターゲット ユーザーおよびコンテンツ] で、アプリのターゲット ユーザーを指定する必要があり、表示された年齢層のリストの中から選択します。Google Play Console での指定にかかわらず、子供を対象にしていると考えられる画像や言葉がアプリ内に含まれていると、指定されたターゲット ユーザーの Google Play による審査に影響を与える場合があります。Google Play は、デベロッパーが指定したターゲット ユーザーが妥当かどうかを判断するため、デベロッパーが提供したアプリ情報を独自に審査する権利を留保します。

    大人だけをターゲット ユーザーとして選択した場合でも、Google によって「このアプリは子供と大人の両方を対象にしており、ターゲット ユーザーの指定が不正確である」と判断された場合は、警告ラベルを付けることに同意することで、アプリが子供を対象にしていないことをユーザーに明確に示すことができます。

    アプリのターゲット ユーザーとして複数の年齢層を選択できるのは、選択した年齢層のユーザー向けにアプリが設計されていて、選択した年齢層のユーザーに適したアプリであることが確実である場合に限られます。たとえば、乳児、幼児、就学前の子供を対象とするアプリの場合に限り、アプリの対象年齢層として [5 歳以下] を選択することができます。具体的な学年を対象としているアプリの場合は、その学年に最も合った年齢層を選択してください。大人と子供の両方を含む年齢層を選択できるのは、全年齢を対象としているアプリの場合に限られます。

    [ターゲット ユーザーおよびコンテンツ] の更新

    Google Play Console の [ターゲット ユーザーおよびコンテンツ] では、いつでもアプリの情報を更新できます。この情報を Google Play ストア上で反映するには、アプリのアップデートが必要です。ただし、Google Play Console のこのセクションで変更を行った場合、アプリのアップデートを送信する前であっても、ポリシーに準拠しているか審査される場合があります。

    アプリの対象年齢層を変更した場合や、広告やアプリ内購入の使用を開始した場合は、アプリのストア掲載情報ページの [新機能] やアプリ内通知を使用して、既存のユーザーに知らせることを強くおすすめします。

    Play Console 内の不実表示

    [ターゲット ユーザーおよびコンテンツ] を含め、Play Console 内でアプリに関する情報に不実表示があった場合は、アプリの削除や公開停止の措置がとられることがあるため、正確な情報を提供するようにしてください。

  • expand_more ファミリー ポリシー要件

    アプリのターゲット ユーザーに子供が含まれる場合は、以下の要件を満たす必要があります。要件を満たしていない場合、アプリの削除や公開停止の対象となることがあります。

    1. アプリのコンテンツ: 子供がアクセスできるアプリのコンテンツは、子供に適したものにする必要があります。
    2. Google Play Console 内の回答: Google Play Console 内では、アプリに関する質問に対して正確に回答する必要があります。また、アプリに変更があった場合は回答を更新して変更内容を正確に反映する必要があります。
    3. 広告: 子供や年齢不明のユーザーに対してアプリ内で広告が表示される場合は、次の要件を満たす必要があります。
      • このようなユーザーに広告を表示する場合は、必ず Google Play 認定広告ネットワークを使用すること。
      • このようなユーザーに対して表示される広告に、インタレスト ベース広告やリマーケティングが含まれていないこと。
      • このようなユーザーに対して表示される広告が、子供に適したコンテンツを表示すること。
      • このようなユーザーに対して表示される広告が、ファミリー向け広告フォーマットの要件を満たしていること。
      • 子供への広告掲載に関して適用されるすべての法規制および業界基準に準拠していること。
    4. データ収集: アプリ内で API や SDK の呼び出しや使用を行い、アプリ内で子供の個人情報を収集する場合は、データを収集することに関して情報を開示する必要があります。
    5. API と SDK: アプリが API や SDK を利用する場合、すべて正しく実装されている必要があります。
      • 子供だけを対象としているアプリの場合、子供向けサービスでの使用が承認されていない API や SDK を利用することはできません。これには、Google ログイン(および、Google アカウントに関連付けられたデータにアクセスする各種 Google API サービス)や、Google Play ゲームサービス、OAuth テクノロジーを使用して認証や承認を行う各種 API サービスなどが含まれます。
      • 子供と大人の両方を対象としているアプリの場合、子供向けサービスでの使用が承認されていない API や SDK は、年齢を確認する画面とともに使用されるか、子供からデータを収集しない方法で実装されている場合(例: Google ログインがオプション機能として提供されている場合)を除き、実装することはできません。なお、すべてのユーザーがアプリおよび妥当なレベルの機能を利用できる必要があります。
    6. プライバシー ポリシー: アプリのストア掲載情報ページには、アプリのプライバシー ポリシーへのリンクを記載する必要があります。このリンクは、アプリがストア上で利用可能である間は常に保持されていなければならず、特に、アプリによるデータ収集とデータ使用について正確に説明しているプライバシー ポリシーにリンクしている必要があります。
    7. 特別な制限:
      • 拡張現実(AR)を使用するアプリの場合、AR 機能を起動する際に、安全に関する警告を表示する必要があります。この警告には、以下の内容を含める必要があります。
        • 保護者による管理の重要性に関する適切なメッセージ。
        • 現実の世界における物理的な危険性(例: 周囲の状況)に関する注意喚起。
      • 子供による使用が推奨されていないデバイス(例: Daydream、Oculus)の使用をアプリの要件とすることはできません。
    8. 法規制の遵守: アプリは、そのアプリで呼び出しや使用が行われるすべての API および SDK を含め、米国の児童オンライン プライバシー保護法(COPPA)EU の一般データ保護規則(GDPR)、その他適用されるすべての法規制に準拠している必要があります。

    違反の例:

    • ストアの掲載情報では子供向けと説明しているが、実際のコンテンツは大人向けになっているアプリ。
    • 子供向けアプリでの使用が利用規約によって禁止されている API を実装しているアプリ。
    • アルコールや、タバコ、規制薬物の使用を美化するアプリ。
    • ギャンブルそのものやギャンブルのシミュレーションを含むアプリ。
    • 暴力や殺人など、子供に適さない衝撃的なコンテンツを含むアプリ。
    • 出会い系サービスを提供するアプリ、または性的なアドバイスや夫婦生活のアドバイスを提供するアプリ。
    • 成人向けの広告を子供に表示するアプリ。
  • expand_more ファミリー向けプログラム

    子供を主な対象とするアプリは、ファミリー向けプログラムに参加する必要があります。また、子供やファミリーを含め、すべてのユーザー向けに設計されているアプリの場合も、プログラムへの参加を申し込むことができます。

    アプリがプログラムの認定を受けるには、Google Play デベロッパー プログラム ポリシーおよびデベロッパー販売 / 配布契約に記載されている要件に加えて、ファミリー ポリシー要件およびファミリー向けプログラム参加要件をすべて満たす必要があります。

    プログラムに参加するためのアプリ送信プロセスの詳細については、こちらをクリックしてください。

    プログラム参加要件

    ファミリー向けプログラムに参加するアプリは、アプリと広告の両方のコンテンツが子供に適しており、以下の要件をすべて満たしている必要があります。ファミリー向けプログラムに承認されたアプリは、すべてのプログラム要件に準拠し続ける必要があります。Google Play は、独自の裁量により、ファミリー向けプログラムに適していないと判断したアプリを拒否または削除する権利を留保します。

    ファミリー向けの要件

    1. アプリの ESRB レーティングが「Everyone」、「Everyone 10+」、または同等のレーティングである必要があります。
    2. Google Play Console の [コンテンツ レーティング質問票] で、アプリのインタラクティブ要素に関して正確な情報を開示する必要があります。たとえば、以下の点について正確に記載してください。
      • ユーザー間で交流や情報の交換を行うことができるかどうか。
      • ユーザーから提供された個人情報を第三者と共有するかどうか。
      • ユーザーの物理的位置情報を他のユーザーと共有するかどうか。
    3. Android Speech API を使用するアプリの場合は、アプリの RecognizerIntent.EXTRA_CALLING_PACKAGE を PackageName に設定する必要があります。
    4. 広告を表示するアプリの場合は、必ず Google Play 認定広告ネットワークを使用すること。
    5. 子供専用のアプリの場合、位置情報のアクセス権限をリクエストすることできません。

    プログラムの参加要件を満たしていないアプリの例:

    • ESRB レーティングが「Everyone」であるが、ギャンブル コンテンツの広告を含むアプリ
    • 保護者向けのアプリ(例: 授乳記録アプリ、育児ガイド)
    • 保護者のみが使用することを目的とした保護者向けのガイドやデバイス管理アプリ

    カテゴリ

    ファミリー向けプログラムへの参加が認められた場合、アプリを説明する 2 つ目のカテゴリとして、ファミリー向け専用カテゴリを選択することができます。ファミリー向けプログラムに参加しているアプリが利用できるカテゴリは次のとおりです。

    アクション&アドベンチャー: アクション中心のアプリやゲーム(シンプルなレースゲームやファンタジー アドベンチャーなど、ユーザーをわくわくさせるように設計されたアプリやゲーム)。

    脳トレ系: ユーザーに考えさせるゲーム(パズルや、絵合わせゲーム、クイズなど、記憶力や知能、論理的思考力を試すゲーム)。

    クリエイティブ系: 創造性を刺激するアプリやゲーム(図形描画アプリや、ペイントアプリ、コーディング アプリなど、さまざまなコンテンツを作成できるアプリやゲーム)。

    教育: 学習促進を目的として、教育専門家(教師、教育評論家、研究者など)の意見に基づいて設計されたアプリやゲーム(学業、社会感情、運動、創造的学習、基本的ライフスキル、批判的思考、問題解決に関する学習など)。

    音楽と動画: 音楽コンポーネントや動画コンポーネントを含むアプリやゲーム(楽器シミュレーション アプリ、動画やオーディオ コンテンツを提供するアプリなど)。

    ごっこ遊び: ユーザーが役を演じて遊ぶことができるアプリやゲーム(コック、医者、王子さま / お姫さま、消防士、警官、架空の人物など)。

この記事は役に立ちましたか?

ご意見をお寄せいただきありがとうございます。