なりすましと知的財産権の侵害

他者が作成したものをコピーしたりユーザーを欺いたりする行為は、ユーザーを困らせるだけでなく、デベロッパー コミュニティの信頼を損なうことにもなります。他者が作成したものを不正に使用、または誤った印象を与えるような形で使用しないでください。

なりすまし

別のアプリや組織のブランド、タイトル、ロゴ、または名前を、ユーザーを誤解させるような方法で使用するアプリは認められません。関連のない別の組織の推奨やそれらとの関係をほのめかしてはなりません。その意図がなくても、なりすましと判断される場合があるため、自分が所有していないブランドについて言及する場合はご注意ください。これには、そのブランドが Google Play に掲載されていない場合も含まれます。

違反の例:


  • 別の組織との提携をデベロッパーが偽る例:

    ① このアプリに表示されるデベロッパー名は、実際には存在しない Google との正式な関係があるかのようにほのめかしています。

  • ユーザーが誤解するおそれのある、既存のプロダクトやサービスのものと似ているアプリのタイトルやアイコン:

  • 定評のある組織の正式なアプリであるかのように偽るアプリ。「Justin Bieber Official」のようなタイトルは、必要な許可や権利を得ていない限り、認められません。

  • Android ブランド ガイドラインに違反するアプリ。

この記事は役に立ちましたか?

ご意見をお寄せいただきありがとうございます。

知的財産権

アプリやデベロッパー アカウントが他者の知的財産権(商標権、著作権、特許権、企業秘密、その他の専有的権利を含む)を侵害する行為は認められません。知的財産権の侵害を助長または誘導するアプリも認められません。

Google では、著作権を侵害しているとする明確な通知を受けた場合には、それに対し適切な対応を取ることをポリシーとしています。DMCA に基づく申し立ての詳細と申し立て方法については、Google の著作権侵害申し立ての手順をご覧ください。

Google Play のアプリがご自身の商標権を侵害していると思われる場合は、該当のデベロッパーに直接連絡して、問題の解決にあたることをおすすめします。デベロッパーと問題を解決できない場合は、こちらのフォームから商標権侵害を申し立ててください。

アプリまたはストア掲載情報で第三者の知的財産(ブランド名、ロゴ、画像など)を使用する許可を受けていることを証明する文書がある場合は、知的財産の侵害を理由にアプリの公開が不承認となることがないように、アプリを公開する前に Google Play チームに申し出てください。

expand_more

著作権侵害の助長

著作権侵害を誘導または助長するアプリは認められません。アプリを公開する前に、著作権の侵害をアプリが助長することにならないかどうか確認し、必要に応じて法律上の助言を受けてください。

違反の例:


  • 著作権で保護されているコンテンツのローカルコピーをユーザーが許可なくダウンロードできるストリーミング アプリ。

  • 音楽や動画などの著作権で保護されているコンテンツを、該当する著作権法に違反して、ユーザーがストリーミングやダウンロードすることを助長するアプリ:

    ① このアプリの掲載情報の説明で、著作権で保護されているコンテンツを許可なくダウンロードすることをユーザーにすすめています。
    ② アプリの掲載情報のスクリーンショットで、著作権で保護されているコンテンツを許可なくダウンロードすることをユーザーにすすめています。

expand_more

商標権侵害

他者の商標を侵害するアプリは認められません。商標とは、商品やサービスの提供元を識別する語句、シンボル、またはその組み合わせです。商標権を取得した所有者には、特定の商品やサービスにその商標を使用する独占的な権利があります。

商標権の侵害とは、商品の提供元を混同させる可能性のある方法で、同一または類似の商標を不正にまたは無断で使用することです。こうした紛らわしい方法で他者の商標を使用するアプリは、公開が停止されることがあります。

この記事は役に立ちましたか?

ご意見をお寄せいただきありがとうございます。

#da532c