収益化と広告

収益化と広告

Google Play では、有料配布、アプリ内アイテム、定期購入、広告ベースモデルなど、デベロッパーとユーザーにメリットのあるさまざまな収益化戦略がサポートされています。ユーザーに最適な利便性を実現するために、デベロッパーはこうしたポリシーを遵守する必要があります。

支払い

ストアでの購入やアプリ内購入を利用するアプリは、以下のガイドラインに準拠する必要があります。

ストアでの購入: デベロッパーは、Google Play から提供するアプリやダウンロードに課金する場合、Google Play の決済システムを使用しなければなりません。

アプリ内購入:

  • デベロッパーは、Google Play からダウンロードされたゲーム内でプロダクトを提供する場合や、ゲーム コンテンツへのアクセス権を提供する場合、支払い方法として Google Play アプリ内課金を使用しなければなりません。
  • デベロッパーは、Google Play からダウンロードされた別のカテゴリのアプリ内でプロダクトを提供する場合、支払い方法として Google Play アプリ内課金を使用しなければなりません。ただし、以下の場合を除きます。
    • 物理的なプロダクトのみの支払い
    • そのアプリ以外で消費できるデジタル コンテンツに対する支払い(他の音楽プレーヤーで再生できる曲など)
  • アプリ内の仮想通貨は、その通貨を最初に購入したアプリ内でのみ使用する必要があります。
  • デベロッパーは、自分が販売するアプリについて、また販売によって提供するアプリ内のサービス、商品、コンテンツ、機能について、ユーザーの誤解を招く説明を行ってはなりません。Google Play でのプロダクトの説明で、個別の料金または追加料金が必要なアプリ内機能について言及した場合、それらの機能にアクセスするには支払いが必要になることを説明の中でユーザーに明示する必要があります。
  • 仮想アイテムをランダムに受け取る購入メカニズム(いわゆる「ルートボックス(ガチャ)」)をアプリで提供する場合は、アイテムを取得できる確率を購入前に明確に開示する必要があります。

Google Play アプリ内課金は、以下のような商品に対応しています。


  • ゲーム内仮想商品: コイン、宝石、追加のライフやターン、特別なアイテムや装備、キャラクターやアバター、追加のレベルやプレイ時間など。
  • アプリの機能やコンテンツ: アプリの広告のないバージョンや、無料バージョンでは使用できない新機能など。
  • 定期購入サービス: 音楽、動画、書籍などのメディア サービスのストリーミングや、デジタル出版物(紙の出版物とバンドルされたものも含む)、ソーシャル ネットワーキング サービスなど。
  • クラウド ソフトウェア商品: データ ストレージ サービス、ビジネス効率化ソフトウェア、会計管理ソフトウェアなど。

Google Play アプリ内課金は、現時点では以下のような商品には対応していません。


  • 小売商品: 食料品、衣料、家庭用品、電化製品など。
  • サービス料金: タクシー代などの運賃、清掃サービス、食品の宅配、航空運賃、イベントのチケットなど。
  • 1 回限りまたは繰り返し発生する会費: スポーツジムの会費、ポイント プログラム、アクセサリーや衣料などの物理的商品の頒布会。
  • 1 回限りの支払い: ピアツーピア支払い、オンライン オークション、寄付など。
  • 電子請求書支払い: クレジット カードの請求書、公共料金、ケーブルテレビ料金、通信サービス料金など。

Google Pay API は、物理的な商品やサービスを販売するアプリを対象に提供しています。詳細については、Google Pay デベロッパー ページをご覧ください。

この記事は役に立ちましたか?

ご意見をお寄せいただきありがとうございます。