プライバシー、セキュリティ、不正行為

プライバシー、セキュリティ、不正行為

Google では、ユーザーのプライバシーを保護し、安全な環境をユーザーに提供するように努めています。虚偽のあるアプリ、悪意のあるアプリ、ネットワーク、端末、個人データを悪用または不正使用する意図のあるアプリは一切禁止しています。

アクセス権限

アクセス権限のリクエストは、ユーザーにとって理に適うものでなければなりません。そのため、アプリで現在提供されている重要な機能やサービスの導入に必要なアクセス権限に限り、リクエストが可能となっております。ユーザーデータや端末データへのアクセスを必要とする機能や目的が公開されていない場合や実装されていない場合、または認可されていない場合には、そのようなアクセス権限はご利用いただけません。

データへのアクセス権限のリクエストは、権限やデータが必要とされる理由をユーザーが理解しやすいように、状況に合わせて(段階的認証の形で)行うようにしてください。データの使用は、ユーザーが同意した目的に限って行わなければなりません。後になって他の目的でデータを使用する必要が出てきた場合は、その追加の用途に関しあらためてユーザーにリクエストし、同意を得る必要があります。

特定の権限の使用に関する追加の要件:

操作 要件
アプリのマニフェストで通話履歴に関する権限グループ(READ_CALL_LOG、WRITE_CALL_LOG、PROCESS_OUTGOING_CALLS など)をリクエストする場合 ユーザーの端末で、アプリがデフォルトの電話ハンドラまたはアシスタント ハンドラとして能動的に登録されている必要があります。
アプリのマニフェストで SMS に関する権限グループ(READ_SMS、SEND_SMS、WRITE_SMS、RECEIVE_SMS、RECEIVE_WAP_PUSH、RECEIVE_MMS)をリクエストする場合 ユーザーの端末で、アプリがデフォルトの SMS ハンドラまたはアシスタント ハンドラとして能動的に登録されている必要があります。

上記の権限に適用されるその他の制限事項:

デフォルトの SMS ハンドラ、電話ハンドラまたはアシスタント ハンドラとしての機能をアプリが備えていない場合、マニフェストで上記の権限の使用を宣言することはできません(マニフェスト内のプレースホルダ テキストである場合を含みます)。

ユーザーに上記の権限の許可をリクエストする前に、アプリがデフォルトの SMS ハンドラ、電話ハンドラまたはアシスタント ハンドラとして能動的に登録されている必要があります。アプリがデフォルトのハンドラではなくなったときは直ちに、該当する権限の使用を停止しなければなりません。

アプリが使用できる権限は、承認済みの重要なアプリの機能(たとえば、アプリの説明に記載または宣伝される、アプリで現在提供されている重要な機能)を提供するために必要な権限(およびその権限を通じて取得したデータ)のみです。このデータを販売することは禁止されています。このデータの転送、共有、またはライセンス下での使用は、アプリ内で重要な機能やサービスを提供することのみを目的として許可されるものであり、その他の目的(他のアプリやサービスの改善、広告、マーケティング目的など)でデータを使用することはできません。上記の権限に基づくデータを取得するために、他の権限、API、第三者の提供元など、代わりの方法を使用することはできません。

通話履歴とデフォルトの SMS ハンドラに関する制限の例外

上記の制限の目的は、ユーザーのプライバシーを保護することにあります。ただし Google は、アプリがデフォルト ハンドラではなくても上記の要件をすべて満たしており、極めて有用または重要な機能を提供していることが明らかで、同様の機能を実現する手段が現時点で他に存在しない場合に限り、デフォルト ハンドラの要件について例外を承認することがあります。例外の承認は、ユーザーに対して想定されるプライバシーまたはセキュリティ上のあらゆる影響を考慮したうえで行われます。例外の承認はあくまでも特例であり、一部のデベロッパーにのみ認められます。詳しくは、ヘルプセンターのこちらのページをご覧ください。

この記事は役に立ちましたか?

ご意見をお寄せいただきありがとうございます。