収益化と広告

収益化と広告

Google Play では、有料配布、アプリ内アイテム、定期購入、広告ベースモデルなど、デベロッパーとユーザーにメリットのあるさまざまな収益化戦略がサポートされています。ユーザーに最適な利便性を実現するために、デベロッパーはこうしたポリシーを遵守する必要があります。

広告ネットワーク認定

ファミリー ポリシーに記載されているとおり、ターゲット ユーザーが子供のみのアプリで広告を配信する場合は、Google Play の認定広告ネットワークのいずれかを使用しなければなりません。アプリのターゲット ユーザーに子供と大人の両方が含まれる場合は、ユーザーを年齢層別に分ける手段を実装し、子供に配信される広告が Google Play の認定広告ネットワークからのみ配信されるようにする必要があります。また、ファミリー向けプログラムのアプリも、Google Play 認定広告ネットワークを使用する必要があります。

Google Play 認定広告ネットワークの使用が必須なのは、広告 SDK を使用して子供に広告を配信する場合のみです。以下については、広告ネットワークによる Google Play への自己申告がなくても許可されます。ただし、広告コンテンツとデータ収集行為が Google Play のユーザーデータ ポリシーファミリー ポリシーを遵守しているかどうかについては責任を持って確認する必要があります。

  • 自社による広告配信(SDK を使用して自社アプリまたは自社のその他のメディアや商品の相互プロモーションを管理するなど)
  • 広告主との直接取引(SDK を使用して広告枠を管理するなど)

広告ネットワーク認定の要件

  • どのような広告コンテンツや行動が好ましくないとされるのかを定義し、そのようなコンテンツや行動を広告ネットワークの規約やポリシーで禁止していること。定義の内容は Play のデベロッパー プログラム ポリシーに違反しないものである必要があります。
  • 対象年齢別区分(少なくとも「全ユーザー対象」と「15 歳以上推奨」を含む)に沿って広告クリエイティブをレーティングする方法を整備していること。レーティング手法は、ネットワークが下のお問い合わせフォームへの記入を完了した時点で、Google がネットワークに提供する手法に整合させる必要があります。
  • パブリッシャーが広告配信に関して子供向け取り扱いを求めるリクエストを(リクエストごと、またはアプリごとに)行えるようにしていること。そうした取り扱いは、米国の児童オンライン プライバシー保護法(COPPA)や EU の一般データ保護規則(GDPR)など、適用される法律と規制に準拠していなければなりません。また、子供向け取り扱いの一部として、パーソナライズド広告、インタレスト ベース広告、リマーケティングを無効にする必要もあります。
  • 子供向けの広告配信にリアルタイム ビッダーが使用されている場合は、クリエイティブが審査済みで、プライバシー インジケータがビッダーに反映されていることを確認してください。
  • 広告ネットワークがすべての認定要件を準拠しているかどうかを検証するために十分な情報を Google に提供するとともに、その後情報提供を求められた場合は適時に対応すること。

注: 広告ネットワークは、パブリッシャーに適用される可能性のあるすべての児童関連法令に準拠した広告配信をサポートしなければなりません。

配信プラットフォームから子供に広告を配信する際のメディエーションの要件:

  • Play 認定広告ネットワークのみを使用するか、メディエーション ネットワークから配信されるすべての広告が上記の要件に準拠したものとなるように必要な対策を講じること。
  • 広告コンテンツのレーティングおよび適用される子供向け取り扱いを示す必要なシグナルを渡すこと。

こちらの認定広告ネットワークの一覧をご覧ください。

また、認定を受けることを希望する広告ネットワークにこちらのお問い合わせフォームをご紹介ください。

この記事は役に立ちましたか?

ご意見をお寄せいただきありがとうございます。