収益化と広告

収益化と広告

Google Play では、有料配布、アプリ内アイテム、定期購入、広告ベースモデルなど、デベロッパーとユーザーにメリットのあるさまざまな収益化戦略がサポートされています。ユーザーに最適な利便性を実現するために、デベロッパーはこうしたポリシーを遵守する必要があります。

定期購入と解約

ユーザーが Google Play のアプリから申し込んだ定期購入を解約する場合、解約日にかかわらず、ユーザーは現在の請求期間についての払い戻しは受けられませんが、請求期間の残りの期間中、該当するコンテンツを引き続き受け取れます。ユーザーの解約が有効になるのは、現在の請求対象期間が終了した後です。

コンテンツ プロバイダまたはアクセス プロバイダは、ユーザーに対して直接、より柔軟な払い戻しポリシーを実施することもできます。その場合は、プロバイダの責任において、そのポリシーが該当法に準拠していることを確認し、払い戻しポリシーを変更する際はユーザーに通知します。

この記事は役に立ちましたか?

ご意見をお寄せいただきありがとうございます。