プライバシー、セキュリティ、不正行為

プライバシー、セキュリティ、不正行為

Google では、ユーザーのプライバシーを保護し、安全な環境をユーザーに提供するように努めています。虚偽のあるアプリ、悪意のあるアプリ、ネットワーク、端末、個人データを悪用または不正使用する意図のあるアプリは一切禁止しています。

デバイスやネットワークでの不正行為

ユーザーのデバイス、その他のデバイス、パソコン、サーバー、ネットワーク、アプリケーション プログラミング インターフェース(API)、またはサービス(デバイス上の他のアプリ、Google サービス、許可された携帯通信会社のネットワークを含む)を妨害、阻害、破損する、またはそれらに不正にアクセスするアプリは認められません。

Google Play に公開するアプリは、Google Play のアプリの中核品質に関するガイドラインに定めるデフォルトの Android システム最適化要件に準拠している必要があります。

違反の例:


  • 広告を表示して他のアプリをブロックまたは妨害するアプリ。
  • 他のアプリのゲームプレイに影響を与えるようなゲームチート アプリ。
  • サービス、ソフトウェア、ハードウェアのハッキングやセキュリティ保護の回避を支援またはその方法を説明するアプリ。
  • サービスや API に対してその利用規約に違反する方法でアクセスまたは利用するアプリ。
  • システムの電源管理を迂回しようとするアプリのうちホワイトリストへの登録が認められないもの。
  • 第三者に対するプロキシ サービスの利用を支援するアプリは、プロキシ サービス利用支援がアプリのユーザー向けの主たる基本目的である場合にのみ認められます。

この記事は役に立ちましたか?

ご意見をお寄せいただきありがとうございます。