プライバシー、セキュリティ、不正行為

プライバシー、セキュリティ、不正行為

Google では、ユーザーのプライバシーを保護し、安全な環境をユーザーに提供するように努めています。虚偽のあるアプリ、悪意のあるアプリ、ネットワーク、端末、個人データを悪用または不正使用する意図のあるアプリは一切禁止しています。

悪意のある行為

データを盗んだり、ユーザーを密かに監視したり、ユーザーに害を及ぼしたりするなど、悪意のある行為をするアプリは認められません。

Google Play で販売または配布されるアプリについては、Google Play のアップデート機能以外の方法によりアプリ自体の変更、差し替え、更新を行うことはできません。同様に、Google Play 以外の提供元から実行コード(dex、JAR、.so などのファイル)をダウンロードすることもできません。こうした制限は、仮想マシンで実行され Android API へのアクセス(WebView やブラウザでの JavaScript の使用など)が制限されているコードには適用されません。

Google Play では、監視アプリや商用スパイウェア アプリは明示的に禁止されております。ストアで配信できるのは、保護者(家族を含む)による監視や企業管理のみを目的として設計、販売され、ポリシーに準拠しているアプリのみであり、以下に示す要件を完全に満たしていることが必要になります。

以下のアプリは明確に禁止されています。

  • ウイルス、トロイの木馬、不正なソフトウェア、スパイウェア、その他悪意のあるソフトウェア。
  • 不正なソフトウェアにリンクしたり、その配信やインストールを推進するアプリ。
  • Google Play 以外の提供元から実行コード(dex ファイルやネイティブ コードなど)をダウンロードするアプリや SDK。
  • セキュリティの脆弱性を組み込むまたは悪用するアプリ。
  • ユーザーの認証情報(ユーザー名、パスワードなど)を盗むアプリや、他のアプリやウェブサイトを装ってユーザーに個人情報や認証情報を開示するようにだますアプリ。
  • アプリは、同意を得ていない個人や団体の、未確認のまたは実在する電話番号、連絡先、住所、個人情報などを表示してはいけません。
  • ユーザーの事前の同意なしに他のアプリを端末にインストールするアプリ。
  • 商用スパイウェア アプリなど、端末の使用状況を密かに収集するように設計されたアプリ。

端末上でのユーザーの動作を監視または追跡するアプリは、以下の要件を満たす必要があります。

  • スパイや密かに調査を行うことを目的としたアプリは禁止されています。
  • アプリが追跡する機能をユーザーに隠したり、偽装したり、ごまかそうとしたりしてはなりません。
  • アプリを明確に識別できる通知や固有のアイコンをユーザーに常に表示する必要があります。
  • アプリや Google Play のアプリ掲載情報では、利用規約に違反する機能(Google Play 以外でホストされていてポリシーに準拠していない APK へのリンクなど)を有効にする手段や、そうした機能にアクセスする手段を提供してはなりません。
  • 公開する地域でのアプリの合法性の判断については、デベロッパーが全責任を負います。公開する地域で違法と判断されるアプリは削除されます。

Google Play でデベロッパーに報告された最近のセキュリティ問題については、App Security Improvement Program をご確認ください。脆弱性と修復の詳細は、各キャンペーンのサポートページのリンクからご覧ください。

この記事は役に立ちましたか?

ご意見をお寄せいただきありがとうございます。