ようこそ

Google Play バッジのページへようこそ

これらのバッジを Google Play コンテンツのマーケティングに活用してください。

Google Play Music でストリーミングしている音楽やポッドキャストのマーケティングを行う場合は、Google Play バッジではなく Google Play Music バッジを活用してください。

メイン画像
バッジに関するガイドライン

推奨事項と禁止事項

Google Play バッジは、必ず以下のガイドラインに沿って使用してください。

  • 古いバッジは使用しない

    正しくないバッジ
    古い画像
    正しいバッジ
    古い画像
  • バッジの色を変更しない

    正しいバッジ ×
    色付きのバッジ
    正しいバッジ ×
    色付きのバッジ
  • バッジの要素を削除したり配置を変えたりしない

    正しいバッジ ×
    配置を変えたバッジ
  • バッジが判読できるようにする

    正しくないバッジ ×
    判読できるバッジ
    正しいバッジ
    判読できるバッジ
  • バッジは、Google が提供したそのままの状態で使用してください。変更を加えてはいけません。
  • バッジの周囲には、バッジの高さの 4 分の 1 に相当する余白を設ける必要があります。
  • バッジのサイズは、すべてのテキストが十分に判読できる大きさにする必要があります。
  • Google Play バッジの大きさは、他のアプリストアのバッジと同じかそれ以上にする必要があります。
  • バッジの背景は無地一色またはシンプルな背景画像にして、バッジ自体が埋もれないようにしてください。
  • バッジの言語はできる限り、マーケティング キャンペーンに使用する言語と一致させてください。
  • バッジをオンラインで使用する場合は、必ず Google Play ストアにリンクさせる必要があります。下で説明するバッジ作成ツールを使用すると、デジタル マーケティング用の HTML を作成できます。
  • バッジは、Google Play で入手可能なコンテンツのマーケティングにのみ使用できます。
  • クリエイティブ内にスペースがある場合は、Google Play の適切な法的帰属を含めてください。ローカライズ済みの法的帰属についてはバッジ作成ツールをご覧ください。
  • Google Play バッジを以下の用途に使用する場合は、Google Play パートナー ブランド チームの審査と承認を受ける必要があります。
    • テレビ コマーシャル
    • 屋外でのマーケティング キャンペーン
    • 100 万回以上のインプレッションが発生する見込みのキャンペーン
    マーケティングの承認を申請するには、こちらのフォームにご記入のうえ送信してください。
バッジ作成ツール

バッジを入手する

Google Play バッジを作成するには、言語、作成形式、ファイル形式を指定します。

デジタルバッジの場合は、コンテンツの Google Play ストア URL を入力すると、デジタル マーケティングに使用できる HTML 形式のバッジが作成されます。

バッジの作成

マーケティングするコンテンツの Google Play ストアの URL 全体を入力します。
Google Play で手に入れよう

選択したバッジは利用できません。別のバッジを選択してください。

マーケティングにこの HTML バッジを含めます。

テキストに関するガイドライン

テキスト内で Google Play を使用する

マーケティングのテキスト内で Google Play や Android を使用する場合は、Google Play パートナー ブランド チームの審査と承認を受ける必要があります。
マーケティングの承認を申請するには、こちらのフォームにご記入のうえ送信してください。

  • マーケティングやコミュニケーションにおいて Google Play という名称を使用する場合は、フッターに「Google Play および Google Play ロゴは Google LLC の商標です。」と表記して法的帰属を明示する必要があります。
  • 法的帰属のフッターでは、TM 記号は使用しないでください。
  • Google Play で入手できるコンテンツについて言及するときは、必ず「Google Play で」と表記します。
    • : このアプリは Google Play から入手できます。
    • : このアプリは Google Play で入手できます。
  • Android に関するガイドラインはこちらをご覧ください。