英語発音とリスニング

全ユーザー対象
16
広告を含む

発音が似ている単語を使って、R/L、V/Bなど日本人が苦手な音を聞き分けるトレーニングをしましょう!


英語の発音をマスターするためには、耳慣れが基礎となります。現在、以下の音を勉強できます。

・ R/L(rake/lake)
・ V/B(vest/best)
・ Aの音(cat/cut)
・ Eの音(work/walk)


アプリの使い方
・まず、セットを選択してください。
・デフォルトはスペルとなっていますが、発音記号の表示に変えることも可能です。
・単語、または文章が流れます。2つの選択肢から正しい単語をタップしてください。
・正しくない方を選択した場合には、同じ問題がもう1度流れます。(ゲームモード以外)
・成績表には、連続して勉強した日数が表示されます。1日1回につき最低10問達成で、カウントされます。
・結果の詳細は成績表をご覧ください。


発音記号とは
発音記号は単語の発音を示すアルファベットです。本アプリで利用する記号は国際音声記号(International Phonetic Alphabet, IPA)です。

英語には、スペルが異なっても同じ発音の単語があります。これらの単語は発音記号が同一です。その一方、ある英単語はスペルが同じで発音が異なります。これらは、発音記号も異なります。

英語の勉強に発音記号は不可欠なものではありませんが、発音記号を読むことができれば英語の発音をより理解しやすくなります。本アプリでは、スペルだけでなく、発音記号も使って勉強できます。尚、発音記号が読めない方向けに、「発音ペア」のヘルプメニューに本アプリで使用されている発音記号を記載しております。
尚、発音記号が読めない方は、「発音ペア」のヘルプメニュをご参照下さい。本アプリで使用されている発音記号が記載されています。


SRSバーについて
赤、黄色、青などのバーはSRS(Spaced Repetition System、間隔繰り返しシステム)です。勉強しても復習しないと、忘れてしまう可能性があります。SRSは定期的な復習を可能にする機能です。発音ペアを練習すると、スコアによってバーの色が変わります。

最新の練習が過去のスコア(色)より高いと、バーが増えます。スコアが下がった場合、バーは減りません。ある一定の時間が経過するとバーの得点が減ります。スコア獲得後1〜3週間でバーは減り始めます。バーの色が変わったら、是非復習してください!
もっと見る
折りたたむ
4.1
16 件(合計)
5
4
3
2
1
読み込み中...

新機能

新問題「同じ?違う?」
二つの単語を聞いて、「同じ」または「違う」を選択する
もっと見る
折りたたむ

追加情報

更新日
2015年10月15日
サイズ
20M
インストール
1,000+
現在のバージョン
1.1
Android 要件
2.3.3 以上
コンテンツのレーティング
全ユーザー対象
提供元
Hannah Hughes
©2019 Googleサイト利用規約プライバシーデベロッパーアーティストGoogle について|地域: アメリカ合衆国言語: 日本語
このアイテムを購入することにより、Google Payments との取引が発生し、Google Payments の利用規約およびプライバシーに関するお知らせに同意したことになります。