aRDP: Secure RDP Client

653
Google 翻訳で説明を日本語 (日本)に翻訳する説明を英語 (アメリカ合衆国)に戻す

Please support my work and GPL open-source software by buying the donation version of this program called aRDP Pro!

Some people have complained of issues after a major upgrade of the FreeRDP library in v3.8.7. I've made sure to upload older versions of aRDP (APK files) going back to at least v3.6.5 here:
https://github.com/iiordanov/remote-desktop-clients/releases

If aRDP doesn't work for you, before writing a review, please post your question in the forum:
https://groups.google.com/forum/#!forum/bvnc-ardp-aspice-opaque-android-bb10-clients

See below for setup instructions for Windows, and Linux.

If you need an VNC viewer, please search for aRDP's sister project bVNC in Google Play. In addition, a SPICE client named aSPICE is now part of the same project. Finally, if you are an oVirt, RHEV, or Proxmox user, you can check out Opaque VDI on Google Play as well.

Current known issues:
- Does not work for accounts with no password.
- Does not work for users with cyrillic letters in the user name.

aRDP is a secure, SSH capable, open source Remote Desktop Protocol client that uses the excellent FreeRDP library and parts of aFreeRDP. Its features include:

- Remote desktop control of computers running any version of Windows
- Remote desktop control of Linux computers with xrdp installed.
- Master password in the Pro version
- Multi-factor (two-factor) SSH authentication in the Pro version
- Sound redirection in the Pro version
- SDcard redirection
- Console mode
- Fine control over remote desktop session styling
- Multi-touch control over the remote mouse. One finger tap left-clicks, two-finger tap right-clicks, and three-finger tap middle-clicks
- Right and middle-dragging if you don't lift the first finger that tapped
- Scrolling with a two-finger drag
- Pinch-zooming
- Force Landscape, Immersive Mode, Keep Screen Awake options in Main Menu
- Dynamic resolution changes, allowing you to reconfigure your desktop while connected, and control over virtual machines from BIOS to OS
- Full rotation support. Use the central lock rotation on your device to disable rotation
- Multi-language support
- Full mouse support on Android 4.0+
- Full desktop visibility even with soft keyboard extended
- SSH tunneling for added security or to reach machines behind a firewall.
- UI Optimizations for different screen sizes (for tablets and smartphones)
- Samsung multi-window support
- SSH public/private (pubkey) support
- Importing encrypted/unencrypted RSA keys in PEM format, unencrypted DSA keys in PKCS#8 format
- Automatic connection session saving
- Zoomable, Fit to Screen, and One to One scaling modes
- Two Direct, one Simulated Touchpad, and one Single-handed input modes
- Long-tap to get a choice of clicks, drag modes, scroll, and zoom in single-handed input mode
- Stowable on-screen Ctrl/Alt/Tab/Super and arrow keys
- Sending ESC key using the "Back" button of your device
- Ability to use D-pad for arrows, and to rotate D-pad for some bluetooth keyboards
- Minimum zoom fits screen, and snaps to 1:1 while zooming
- FlexT9 and hardware keyboard support
- Available on-device help on creating a new connection in the Menu when setting up connections
- Available on-device help on available input modes in the Menu when connected
- Tested with Hackerskeyboard. Using it is recommended (get hackers keyboard from Google Play).
- Export/Import of settings

Planned features:
- Clipboard integration for copy/pasting from your device
- Choosing a different color depth
- Audio support

Instructions on how to enable Remote Desktop on Windows:
http://www.howtogeek.com/howto/windows-vista/turn-on-remote-desktop-in-windows-vista/

Instructions on using RDP with Linux:
- Install the xrdp package on Linux. Then, connect to your machine's IP/host name on the standard port with your Linux user name / password.

aRDP is the sister project of bVNC and they share a common code-base. GPL source code here:
https://github.com/iiordanov/remote-desktop-clients
aRDPプロと呼ばれるこのプログラムの寄付のバージョンを購入して、私の仕事とGPLのオープンソースソフトウェアをサポートしてください!

一部の人々は、v3.8.7でFreeRDPライブラリのメジャーアップグレード後に問題を訴えてきました。私はここで、少なくともv3.6.5に戻っaRDPの古いバージョン(APKファイル)をアップロードしてください行いました:
https://github.com/iiordanov/remote-desktop-clients/releases

aRDPレビューを書き込む前に、あなたのために動作しない場合は、フォーラムに質問を投稿してください。
https://groups.google.com/forum/#!forum/bvnc-ardp-aspice-opaque-android-bb10-clients

WindowsおよびLinux用のセットアップ手順については、以下を参照してください。

あなたはVNCビューアが必要な場合は、GoogleのプレイでaRDPの姉妹プロジェクトbVNCを検索してください。また、aSPICEという名前のSPICEクライアントは現在、同プロジェクトの一部です。あなたがoVirt、RHEV、またはのProxmoxのユーザであれば最後に、あなたにも、Google Playで不透明VDIをチェックアウトすることができます。

現在の既知の問題:
- パスワードのないアカウントでは動作しません。
- ユーザー名にキリル文字の文字を持つユーザーに対しては機能しません。

aRDPは、優れたFreeRDPライブラリとaFreeRDPの部品を使用して、セキュア、SSHが可能な、オープンソースのリモートデスクトッププロトコルクライアントです。その特徴は次のとおりです。

- 任意のバージョンのWindowsを実行しているコンピュータのリモートデスクトップ制御
- XRDPインストールされたLinuxコンピュータのリモートデスクトップ制御。
- Pro版でマスターパスワード
- Pro版でマルチファクター(二要素)SSH認証
- Pro版でサウンドのリダイレクト
- SDカードのリダイレクト
- コンソールモード
- リモートデスクトップセッションスタイリングを細かく制御
- リモートマウスオーバーマルチタッチコントロール。一本の指でタップ左クリック、2本指タップで右クリックし、3本指タップミドルクリック
- 右・中ドラッグあなたはタップ状態で最初に指を持ち上げていない場合
- 2本指ドラッグでスクロール
- ピンチズーム
- フォース風景、没入型モードでは、メインメニューの画面アウェイクのオプションをキープ
- BIOSからOSに仮想マシン上で接続し、制御しながら、あなたのデスクトップを再構成することを可能にする動的な解像度の変更、
- フル回転支持。回転を無効にするには、お使いのデバイス上の中央のロックの回転を使用します
- 多言語サポート
- Android上で完全なマウスサポート4.0+
- でも拡張ソフトキーボードとの完全なデスクトップの可視性
- 追加されたセキュリティやファイアウォールの背後のマシンに到達するためのSSHトンネリング。
- 異なる画面サイズ用のUI最適化(タブレットやスマートフォン用)
- サムスンマルチウィンドウサポート
- SSH公開鍵/秘密(pubkeyで)サポート
- PKCS#8形式でPEM形式の暗号化/暗号化されていないRSA鍵、暗号化されていないDSA鍵のインポート
- 自動接続セッション省
- 、ズーム可能な画面に合わせる、と一対一のスケーリングモード
- 2つの直接、1シミュレートタッチパッド、および1シングル利き入力モード
- ロングタップ、クリック、ドラッグモード、スクロールの選択を取得し、片手入力モードでズームします
- 収納可能オンスクリーンのCtrl / Altキー/タブ/スーパーキーと矢印キー
- あなたのデバイスの「戻る」ボタンを使用して、ESCキーを送信します
- 矢印のためにDパッドを使用すると、いくつかのブルートゥースキーボード用のDパッドを回転させる能力
- 最小ズームが画面にフィットし、1にスナップ:ズームしながら1
- FlexT9とハードウェアキーボードのサポート
- 接続を設定するときにメニューの新しい接続を作成する上で利用可能なオンデバイスヘルプ
- メニューで利用可能な入力モードで使用可能なオンデバイスヘルプ接続
- Hackerskeyboardでテストされています。それを使用すること(Google Playからのハッカーのキーボードを取得)をお勧めします。
- 設定のエクスポート/インポート

計画の特徴:
- あなたのデバイスからのコピー/貼り付け用のクリップボードの統合
- 異なる色深度を選択します
- オーディオのサポート

Windows上でリモートデスクトップを有効にする方法について:
http://www.howtogeek.com/howto/windows-vista/turn-on-remote-desktop-in-windows-vista/

LinuxでのRDPを使用する場合の手順:
- Linux上XRDPパッケージをインストールします。次に、Linuxのユーザー名/パスワードを使用して、標準ポート上であなたのマシンのIP /ホスト名に接続します。

aRDPはbVNCの姉妹プロジェクトであり、彼らは共通のコードベースを共有しています。 GPLソースコードをここに:
https://github.com/iiordanov/remote-desktop-clients
もっと見る
折りたたむ
4.2
653 件(合計)
5
4
3
2
1
読み込み中...

新機能

v4.0.7
- 64-bit support
- XRDP compatibility fix
- Bugfixes
v4.0.6
- Bugfix for FreeRDP ignoring certs
- Bugfix to sshlib for sha2-256 and sha2-512 keys
- Bugfix for passwordless RDP
v4.0.5
- Bugfixes
- Logcat copy from previous runs as well
v4.0.4
- Fix for scrolling in Single Handed mode
v4.0.3
- Fix for SD card redirection
- Updated FreeRDP
- Updated OpenSSL
- Updated sshlib
v4.0.2
- Fixes for widget names
- Fixes for Fit-to-screen scaling
- Default Input Mode support
v4.0.1
- Text contrast
もっと見る
折りたたむ

追加情報

更新日
2019年9月19日
サイズ
デバイスにより異なります
インストール
100,000+
現在のバージョン
デバイスにより異なります
Android 要件
デバイスにより異なります
コンテンツのレーティング
全ユーザー対象
提供元
Iordan Iordanov (Undatech)
©2019 Googleサイト利用規約プライバシーデベロッパーアーティストGoogle について|地域: アメリカ合衆国言語: 日本語
このアイテムを購入することにより、Google Payments との取引が発生し、Google Payments の利用規約およびプライバシーに関するお知らせに同意したことになります。