Carbuncle - ムービープレイヤー 広告なし有料版

Translate the description into English (United States) using Google Translate?Translate the description back to Japanese (Japan)

Carbuncle の広告なしの有料版です。
広告が表示されない以外無料版と機能は同一です。

Carbuncle は、動画ファイルを再生するムービープレイヤーです。
チャプターに対応しています。
再生、一時停止、停止、早送り、巻き戻し、チャプタージャンプ(前・後)、コマ送り、二点間ループの操作が出来ます。
チャプターを持ったMPEG4/MKVファイルからチャプター情報を読み込んで、任意のチャプターにジャンプしたり、前のチャプター、次のチャプターに移動することが出来ます。
動画再生中にチャプター名をタップするとチャプターリストが表示され、任意チャプターのタップでそのチャプターへジャンプできます。

ファイルは、/, /mnt/, SDカード の3つのベースディレクトリ以下から選択可能です。
ファイルリストでは、名前、タイムスタンプでの昇順/降順ソートが可能です。
ファイルリストに表示される動画は、.avi、.m4v、.mkv、.mov、.mp4、.mpg、.webm、.wmv .flv の拡張子を持つファイルです。
再生可能な動画ファイル形式は、Android および 使用している端末がサポートしている形式です。

リジューム機能で前回再生を停止したところから再生再開が可能です。
リジューム機能はデフォルトで OFF なので、使用するには設定で ON にする必要があります。

マーカー機能で動画の好きな位置にマーカーを設定し、その位置へ直接ジャンプすることが出来ます。
マーカーは再生中に現在時刻か動画時間の文字をタップすることで挿入等の編集や移動が可能です。
ファイルリスト画面では、対象ファイルを長押しすることでマーカーの削除とマーカー位置へのジャンプが可能です。

マーカーやリジュームの情報は動画ファイルと同じフォルダに保存されます。
アプリケーションのデータとして保存しないため、別のAndroid端末でも同じ情報を参照することが出来ます。

アスペクト比が選択可能です。
動画サイズに従う、画面にフィット、16:9、5:4、4:3 から選択して表示出来ます。
アスペクト比は設定画面の他に再生中のコントロールパネルからも変更可能です。

フリック操作でチャプタージャンプや音量の操作が可能です。
右フリックで次のチャプター、左フリックで前のチャプター、上フリックで音量アップ、下フリックで音量ダウンです。

http/https/file のインテント起動が可能です。
DLNA クライアントアプリやファイラーから起動出来ます。

再生時の各種キーボードショートカットは以下の通りです。
メディアプレイ/ポーズ、ハンドセットフック、スペース = 再生/一時停止
メディアプレイキー = 再生
メディアストップ、戻るキー = 停止
メディアポーズ = 一時停止
メニューキー = コントロールパネル非表示
メディア早送り、→、CTRL+SHIFT+F = 早送り
メディア巻き戻し、←、CTRL+SHIFT+B = 巻き戻し
メディア次、↓ = 次のチャプター
メディア前、↑ = 前のチャプター
L = 二点間ループ
TAB = コマ送り(一時停止中)
F1 = ヘルプ表示

チャプターが読み込めたファイルは、コントロールパネルにチャプター名が表示されます。
チャプターは、Matroska (mkv/webm) と MPEG4 ファイルに対応しています。
MPEG4 のチャプター読み込みは、テキストトラック形式のチャプターとmoov.udta.chpl atom 形式 Ver.1 のチャプターに対応しています。

早送り、巻き戻しは、4倍速、8倍速、16倍速、32倍速、64倍速で、シークを用いて実現しているため、やや不安定な動作になる場合があります。
コマ送りは、再生後一定時間後に一時停止という方法で実現しているため、常に正確に一コマだけ進むというわけではありません。
This is a paid version without ads Carbuncle.
free version and functionality than the ad does not appear the same.

Carbuncle is a movie player to play video files.
Chapter to me is supported.
Play, pause, stop, fast forward, rewind, (front and rear) chapter jump, and frame advance, you can be operated point-to-point loop.
Reads the chapter information from MPEG4 / MKV files with the chapter, you can jump to any chapter, the previous chapter, you can move to the next chapter.
When you tap the chapter name during video playback chapter list is displayed, you can jump to the chapter in the tap of any chapter.

File, /, / mnt /, can be selected from the following three base directory of the SD card.
In the file list, name, it is possible ascending / descending sort of a time stamp.
Video to be displayed in the file list is a file with .avi, .m4v, .mkv, .mov, .mp4, .mpg, .webm, the extension of .wmv .flv.
Playable movie file format is the format that Android and your terminal using supports.

In resume function can play resumed from where it was stopped last time playback.
Resume function is so OFF by default, to use will need to be set to ON in the configuration.

Set the marker to the favorite position of the video with a marker function, you can jump directly to that location.
Marker can be edited or moved insertion such as by tapping the character of the current time or video time during playback.
In the file list screen, You can jump to the deleted and marker position of the marker by Press the target file length.

Information of the marker and resume will be saved in the same folder as the movie file.
Because you do not want to save as an application of data, you can also see the same information in a different Android devices.

Aspect ratio can be selected.
Follow the video size, fit to screen, 16: 9,5: 4,4: You can view and select from 3.
The aspect ratio can be changed from the control panel during playback in addition to the setting screen.

Operation of chapter jump and volume are available in the flick operation.
Right flick in the next chapter, the previous chapter in the left flick, flick on at the volume up, it is the volume down under flick.

intent launch of http / https / file is possible.
I can boot from the DLNA client apps and filer.

Various keyboard shortcuts during playback is as follows.
Media Play / Pause, handset hook, space = Play / Pause
Media play key = Play
Media stop, return key = stop
Media pause = Pause
Menu key = control panel hidden
Media fast forward, →, CTRL + SHIFT + F = fast forward
Media rewind, ←, and CTRL + SHIFT + B = rewind
Media following, ↓ = next chapter
Media before, ↑ = previous chapter
L = point-to-point loop
TAB = frame advance (paused)
F1 = Help display

file a chapter has been read, you will see the chapter name in the control panel.
Chapter, supports Matroska (mkv / webm) and MPEG4 files.
Chapter reading of MPEG4 is compatible with chapter of the chapter and moov.udta.chpl atom format Ver.1 of text track format.

Fast-forward, rewind, 4x, 8x, 16x, 32x, a 64-speed, because it is implemented using the seek, there are times when it becomes somewhat unstable operation.
Frame advance, because it is realized in such a way that the pause after playing after a certain period of time, does not always mean that accurately advance only one frame.
Read more
Collapse
3.5
6 total
5
4
3
2
1
Loading...

What's New

テーマをダーク系に統一し、ライト系テーマで文字が見えなくなる不具合を修正。
前回のバージョンアップでヘルプファイルが欠落していたので追加。
Read more
Collapse

Additional Information

Eligible for Family Library
Eligible if bought after 7/2/2016. Learn More
Updated
July 11, 2017
Size
1.6M
Installs
100+
Current Version
1.13.7
Requires Android
4.0 and up
Content Rating
Everyone
Permissions
Offered By
楓ソフトウェア
Developer
兵庫県加古郡稲美町六分一1178-52-24
©2018 GoogleSite Terms of ServicePrivacyDevelopersArtistsAbout Google|Location: United StatesLanguage: English (United States)
By purchasing this item, you are transacting with Google Payments and agreeing to the Google Payments Terms of Service and Privacy Notice.