Ages up to 12

チャギントンプログラミング for School

Translate the description into English (United States) using Google Translate?Translate the description back to Japanese (Japan)

”人気鉄道アニメ「チャギントン」のキャラクター(チャガー)をゴールまで進める”という、ゲーム感覚で楽しく学べるプログラミングアプリです。操作は簡単、画面のカードをタッチするとAR(拡張現実)上のキャラクターが動きます。簡単なレベルは未就学児から、難しいレベルは大人まで挑戦できる内容です。
(株式会社フジテレビジョンとの共同開発)

「子供たちのプログラミングとの最初の出会いを、最高のものにしたい」
チャギントンプログラミングを御社の塾や御校に導入して、幼少期からプログラミング教育を進めませんか?


◆アプリの特徴◆
・ゲーム感覚で楽しみながら、プログラミング的思考・論理的思考を学べます。
・AR(拡張現実)により、カメラの向こうにチャガーが実際にいるかのような、わくわく感があります。
・ARを使用し、スマ-トフォン・タブレットさえあればどこでも学べます。
・未就学児でも直感的に操作可能な、カードをタッチして操作する方法(UI)です。
・日本語・英語の二カ国語に対応。プログラミングしながら語学の学習もできます。
・ユーザーを4人まで登録可能です。みんなで楽しくプログラミング!

◆プログラミングカリキュラム監修:早稲田大学GSE研究所所長 鷲崎弘宜先生より◆
 子供たちがデジタル社会の主役となるうえで、プログラミング的思考と論理的思考の養成が欠かせません。プログラミングは、創造的思考や空間認識能力の学習も手助けします。
 本アプリでは未就学児を含む子供たちが、拡張現実(AR)により身近なキャラクターを思うままにすぐそこで動かし、ゲーム感覚で楽しく学べます。レベル分けされたステージ群により段階的に、それもスマホやタブレットで場所や時間を選ばず、創造性豊かに安心して学べます。

◆チャギントンプログラミング推薦文:脳科学者 茂木健一郎先生◆
 子どもの脳の成長に欠かせない栄養素は、「感動」です。プログラムを通して生み出される感動体験を、拡張現実(AR)や洗練されたユーザーインターフェイス(UI)を通して提供する『チャギントンプログラミング』。触れた子どもの脳の扁桃体に感動を引き起こし、論理的、システム的に考える大脳皮質の成長をうながします。地頭を鍛えることで勉強への意欲もわきます。
 子どもたちの「未来」を「今、ここ」に引き寄せてくれるすばらしい学習環境です。大人も一緒に取り組めば、脳の若返り効果が期待できます。

◆アプリの概要◆
カメラをマーカー(※)にかざすと、AR上にチャガーやステージが立体で表示されます。
マーカーがない場合は、TOPメニューの左上をクリックして「マーカーなし」に変更すると、マーカーがなくても利用できます。
※マーカーはカメラ上にチャガーやステージを表示する基点となります。https://chuggipro.com/school/ の「マーカーダウンロード」からダウンロードして紙に印刷してください。
※このアプリは塾・学校向けの体験版です。個人の方も無料で体験できますが、購入できません。個人向けのアプリ(https://chuggipro.com/)をご利用ください。

●チャガーをうごかそう
「チャギントン」にでてくるキャラクター ウィルソン・ココ・ブルースター をプログラミングしてゴールまで動かします。

●どうぶつとまなぼう
言葉をつなげて文章を作り、プログラミングで動物を動かします。

・利用規約:https://chuggipro.com/?page_id=886
It is a programming application that you can learn in a fun and game-like manner by moving the character (Chagger) of the popular railway animation "Chuggington" to the goal. The easy level is for preschoolers, and the difficult level is for adults.
(Co-development with Fuji Television Co., Ltd.)

"I want to make the first encounter with children's programming the best."
Would you like to introduce Chuggington programming to your cram school or school to promote programming education from your childhood?


◆App features◆
・You can learn programming thinking and logical thinking while having fun as if playing a game.
・With AR (Augmented Reality), there is a feeling of excitement as if the Chager is actually over the camera.
・Using AR, you can learn anywhere with a smartphone or tablet.
・It is a method (UI) that can be operated intuitively even for preschoolers by touching the card.
・Supports both Japanese and English. You can also learn languages ​​while programming.
-Up to 4 users can be registered. Enjoy programming with everyone!

◆ Supervision of programming curriculum: Dr. Hironori Washizaki, Director of GSE Research Institute, Waseda University ◆
❖ Fostering programming thinking and logical thinking is essential for children to play a leading role in the digital society. Programming also helps to learn creative thinking and spatial cognitive skills.
With this application, children, including preschoolers, can move around familiar characters with augmented reality (AR) as soon as they want, and enjoy learning just like a game. You can learn with creativity and peace of mind without worrying about choosing a place or time with a smartphone or tablet by using staged stages.

◆Chuggington Programming Recommendation: Brain scientist Dr. Kenichiro Mogi◆
 The nutrient that is indispensable for the growth of the brain of a child is “impression”. "Chuggington programming" that provides the moving experience created through the program through augmented reality (AR) and sophisticated user interface (UI). It stimulates the amygdala of the brain of the child who touches it, prompting the growth of the cerebral cortex that is considered logically and systematically. Training the ground also motivates you to study.
A wonderful learning environment that draws the children's “future” “now and here”. If you work with adults, you can expect a rejuvenating effect on the brain.

◆App overview◆
When you hold the camera over the marker (*), a chagger or stage will be displayed in 3D on the AR.
If you do not have a marker, you can use it without a marker by clicking the upper left of the TOP menu and changing it to "No marker".
* The marker is the base point for displaying the chagger or stage on the camera. Download it from "Marker Download" at https://chuggipro.com/school/ and print it on paper.
*This app is a trial version for cram schools. Individuals can also try it for free, but not for purchase. Please use the personalized app (https://chuggipro.com/).

● Let's move the chagger
Program the character Wilson Coco Brewster that appears in "Chuggington" to the goal.

● Animal and Manabo
Connect words to make sentences and move animals by programming.

・Terms of Service: https://chuggipro.com/?page_id=886
Read more
Collapse
Loading…

What's New

【不具合対応】
・軽微な修正を行いました。
Read more
Collapse

Additional Information

Updated
October 12, 2021
Size
132M
Installs
500+
Current Version
1.5.1 (2021-07-31)
Requires Android
5.0 and up
Content Rating
Everyone
Permissions
Offered By
株式会社 九州コーユー
Developer
佐賀県小城市三日月町金田813番地
©2021 GoogleSite Terms of ServicePrivacyDevelopersAbout Google|Location: United StatesLanguage: English (United States)
By purchasing this item, you are transacting with Google Payments and agreeing to the Google Payments Terms of Service and Privacy Notice.