RF Analyzer

全ユーザー対象
479
Google 翻訳で説明を日本語 (日本)に翻訳する説明を英語 (アメリカ合衆国)に戻す

Use an OTG (on-the-go) USB cable to connect your HackRF/RTL-SDR to an Android phone/tablet and this app will visualize the RF spectrum (frequency magnitude and waterfall plot)!
Browse through the frequency spectrum just by using scroll and zoom touch gestures. Additional features as of today are:
- Many settings: FFT size, averaging, peak holding, color scheme, ...
- read samples from a file (generated by hackrf_transfer tool or by rtl_sdr)
- AM/FM/SSB audio demodulation
- adjust squelch and channel width
- Record to a raw IQ file compatible with hackrf_transfer, ...
- Bookmarks
- rad1o support

Read the manual for more details: https://github.com/demantz/RFAnalyzer/blob/master/doc/rf_analyzer_manual.md

This app is in active development and I'm currently working on the following features:
- SDRplay support

I also try to keep the app stable and as bug-free as possible. Bug reports are always welcome and I promise to work hard to resolve every one of them! Note that there is a logging feature in the settings which helps a lot with trouble shooting any errors.

Interested in the latest updates? Join the beta program: https://play.google.com/apps/testing/com.mantz_it.rfanalyzer

PERMISSIONS:
This app uses the INTERNET permission only to connect to the local rtl_tcp instance used by the RTL2832U driver. The WRITE_EXTERNAL STORAGE permission is only used to write log files to the SD card (disabled by default).


WHAT YOU NEED:
In order to use this app you will need:
- A HackRF or an RTL-SDR dongle (this is obvious xD)
- An Android device that either supports USB OTG (please google if your device supports OTG!) or has an USB host port
- An USB OTG cable (costs about 3$) to connect the HackRF/RTL-SDR to your Android device (not needed if your device has a full size USB host port)
- Only for RTL-SDR: The free RTL2832U driver from Martin Marinov (https://play.google.com/store/apps/details?id=marto.rtl_tcp_andro)


IMPORTANT:
The HackRF/RTL-SDR is powered by the Android phone/tablet. Some phones or tablets might not deliver enough power on their USB port to power the HackRF/RTL-SDR (power issues are often caused by low quality USB cables or OTG adapters). Also notice that doing the necessary digital signal processing is very CPU intensive and though I did my best to optimize the algorithms the app still needs a decent device (I recommend 2 CPU cores or more) to run fluently. Please use the 2-hour refund period provided for every Google Play app to test functionality and refund the app if it does not work for your device!

Here is a list of already tested and working devices (may be incomplete):
- Nexus 7 2012
- Nexus 7 2013
- Nexus 5
- Moto G
- Moto G 4G
- Acer A500
- Samsung S3 LTE
- Samsung S4
- Samsung S4 LTE
- Samsung S5
- Samsung Note 3
- Samsung Galaxy Tap S 8.4 & 10.5
- HTC M7
- HTC M8
- LG G2
- LG G3
- Motorola Xoom M601
- Dragon Touch A1X

If the app is working for you and your device is not in this list, please include your phone type in a short rating
and share the good news with other users ;)

Here is a list of devices that were reported NOT to work with this app (may be incomplete):
- Sony Xperia Pro + HackRF (because USB output power is too low -.-)
- Nexus 4 (works only with Y cable and custom ROM to enable OTG support)
- Nexus 9 (Not a power issue, I am still investigating on this)


LICENSE:
This application is released under the GNU General Public License v2. It is free software and the source code is
available on GitHub: https://github.com/demantz/RFAnalyzer

You might wonder why you have to pay for a free app: You don't have to! The APK package is also available in the
git repository and you can download and install it from there. But keep in mind: by buying the app you will get automatic updates and you will support my work!


LEGAL ISSUES
Please note that I am not responsible for any legal issues caused by the usage of this application. Be responsible and comply with your local law!
Androidの携帯電話/タブレットにHackRF / RTL-SDRを接続すると、このアプリは、RFスペクトル(周波数大きさと滝プロット)を可視化しますOTG(オン・ザ・ゴー)USBケーブルを使用してください!
ちょうどスクロールを使用して、周波数スペクトルをブラウズし、タッチジェスチャーをズームします。今日のような付加的な機能は次のとおりです。
- 多くの設定:FFTサイズ、平均、ピークホールド、カラースキーム、...
- (hackrf_transferツールによって、またはrtl_sdrによって生成された)ファイルからサンプルを読み取ります
- AM / FM / SSB音声復調
- スケルチとチャネル幅を調整
- hackrf_transferと互換性のある生のIQファイルに記録し、...
- ブックマーク
- rad1oサポート

詳細については、マニュアルを読む:https://github.com/demantz/RFAnalyzer/blob/master/doc/rf_analyzer_manual.md

このアプリは活発に開発中で、私は現在、以下の機能に取り組んでいます:
- SDRplayサポート

私はまた、安定したアプリを維持しようとバグのない、できるだけ。バグ報告は常に歓迎されていると私はそれらの一つ一つを解決するために懸命に仕事を約束します!すべてのエラーを撮影トラブルで多くのことができます設定でロギング機能があることに注意してください。

最新の更新プログラムでチェック! https://play.google.com/apps/testing/com.mantz_it.rfanalyzer:ベータプログラムに参加

権限:
このアプリは、RTL2832Uドライバによって使用されるローカルrtl_tcpインスタンスに接続するだけでインターネットアクセス許可を使用しています。 WRITE_EXTERNAL記憶許可のみ(デフォルトでは無効)SDカードにログファイルを書き込むために使用されます。


あなたが必要なもの:
このアプリを使用するためには次のものが必要です。
- HackRFまたはRTL-SDRドングル(これは明白なXDのです)
- のUSB OTGをサポートしています(!あなたのデバイスがOTGをサポートしている場合は、Googleしてください)またはUSBホスト・ポートを持っているいずれかのAndroidデバイス
- あなたのAndroidデバイスにHackRF / RTL-SDRを接続するためのUSB OTGケーブル(約3 $の費用)(お使いのデバイスは、フルサイズのUSBホスト・ポートを持っている場合は必要ありません)
- のみRTL-SDR用:マーティン・マリノフから無料RTL2832Uドライバ(https://play.google.com/store/apps/details?id=marto.rtl_tcp_andro)


重要:
HackRF / RTL-SDRはAndroid携帯電話/タブレットによって供給されています。一部の携帯電話またはタブレットは、(電源の問題は、多くの場合、低品質のUSBケーブルまたはOTGアダプタによって引き起こされる)HackRF / RTL-SDRに電力を供給するために、それらのUSBポートに十分な電力を提供しない場合があります。また、必要なデジタル信号処理を行うことは非常にCPUに負荷をかけていることに気づくと、私はアプリはまだまともな装置を必要とするアルゴリズムを最適化するために私の最善を尽くしたものの流暢に実行するために(私は2 CPUコア以上を推奨)。それはあなたのデバイスのために動作しない場合は機能をテストし、アプリを返金するすべてのGoogle Playのアプリのために提供さ2時間の払い戻し期間を使用してください!

ここでは、既にテストされ、作業装置(不完全である可能性があります)の一覧です。
- ネクサス7 2012
- ネクサス7 2013
- ネクサス5
- モトG
- モトG 4G
- エイサーA500
- サムスンS3 LTE
- サムスンS4
- サムスンS4 LTE
- サムスンS5
- サムスン注3
- サムスンギャラクシータップS 8.4&10.5
- HTC M7
- HTC M8
- LG G2
- LG G3
- モトローラXoomのM601
- ドラゴンタッチA1X

アプリがあなたのために働いているし、あなたのデバイスがこのリストにない場合は、短い評価にお使いの携帯電話の種類を含めてください
他のユーザーと良いニュースを共有します。)

ここでは(不完全な場合があります)このアプリでは動作しないことが報告されたデバイスのリストは、次のとおりです。
- ソニーのXperiaプロ+ HackRF(USB出力電力が低すぎるため-.-)
- ネクサス4(OTGサポートを有効にするには、YケーブルおよびカスタムROMでのみ動作します)
- ネクサス9(されない電源の問題、私はまだこの上で調査しています)


ライセンス:
このアプリケーションは、GNU General Public Licenseのv2の下でリリースされています。これはフリーソフトウェアであり、ソースコードがあります
GitHubの上でご利用いただけます:https://github.com/demantz/RFAnalyzer

あなたは無料アプリのために支払う必要がなぜあなたは不思議に思うかもしれません:あなたがする必要はありません! APKパッケージはまた、利用可能です
gitリポジトリとあなたがダウンロードして、そこからインストールすることができます。しかし、覚えておいてください:あなたは自動更新を取得し、あなたが私の仕事をサポートするアプリを購入すること!


法的な問題
私は、このアプリケーションの利用によって生じたあらゆる法律問題を担当していないですのでご注意ください。責任があるとあなたの地域の法律を遵守します!
もっと見る
4.3
479 件(合計)
5
4
3
2
1
読み込み中...

新機能

version 1.13
- Bookmark frequencies
- Including hackrf_android 1.12 (support for rad1o)
- Select unit for frequency and bandwidth (MHz,kHz,Hz) in jump dialog
- Support for Marshmallow permission model
- Many bugfixes
もっと見る

追加情報

ファミリー ライブラリ
7/2/2016 以降に購入したコンテンツであれば共有できます。詳細
更新日
2016年10月12日
サイズ
1.5M
インストール
10,000+
現在のバージョン
1.13
Android 要件
4.0 以上
コンテンツのレーティング
全ユーザー対象
提供元
Dennis Mantz
©2018 Googleサイト利用規約プライバシーデベロッパーアーティストGoogle について|地域: アメリカ合衆国言語: 日本語
このアイテムを購入することにより、Google ペイメントとの取引が発生し、Google ペイメントの利用規約およびプライバシーに関するお知らせに同意したことになります。