バーコード マスターファイル 検索

全ユーザー対象

運用の想定:
★開発のねらい
・モバイル機器を導入していない店舗・倉庫で、ロケーションがわからず棚入れに時間が掛かってしまう無駄を解消する為のツールとして作成しました。(ロケーションマスターは、お手数ですが、ご自分でPCで作成してください)

・ハンディーターミナルは高価で、大きな会社でないと購入はためらうでしょう。それを、スマホで実現しました。
・カメラで読み取ったバーコードにて、棚マスターファイル(SDメモリー保存)を検索して、それに並ぶデータを2項目まで画面に表示します。(コンマ区切りの項目を、1行うずつ2行で表示)
・今のところ、読み取った実績を保存する機能はありません。(今後、追加予定)

■一次元バー、QRコード等のスキャン可能です。(読めればどんな種類のバーコードでもOKです)

(1)棚番マスターを準備する。(*.csv)
・まず、バーコードで読み取る商品の「JANコード」「商品名」「ロケーション(棚番)」を、"*.csv"として作成しておく必要があります。
「*.csv」は、Microsoft EXCELなどで準備し、*.CSV形式で出力してください。
(2)棚マスターをスマホにコピーする。または、メールで送信してダウンロードする。(保存場所を忘れないでください)

端末にSDカードが存在する場合は、"マスターファイル設定のルートは、SDカードとなります。
端末にSDカードが存在しない場合は、"マスターファイル設定"のルートは、内部メモリーとなります。

■■■ロケーション(棚)マスター「*.csv」 の仕様■■■
※基本的にEXCELで作成した棚マスターのシートをCSV形式で出力すれば、簡単にできます。

コンマ区切りで、
 [JANコード],[商品名],[ロケーション(棚番)]\r\n (改行コード)
< 例 >
123456123,商品1,AAAAAAAAAA
123456789,商品2,BBBBBBBBBB
333333333,商品3,CCCCCCCCC
444444444,品名4,DD-DD-DD-01
555555555,品名5,AA-01-02-03

 という順に並べてください。想定としては、最大2万行くらいまでの運用を考えています。JANコード順に並べる必要はありません。(全件検索します)
 最初の","(コンマ)までを、スキャンしたバーコードで検索します。
一次元バーのJANを想定していますが、スキャンできるバーコードであれば何でもOKです。
コンマ区切りの2項目目を品名、3項目目を棚番として画面に表示します。
(CSVの2項目目と3項目目の文字数制限はありませんが、画面に表示してみて適当に調整してください)

■ユーザーパーミッション
1.アプリは、カメラにアクセスします。(バーコード読み取り)
2.アプリは、外部フォルダにアクセスします。(マスターファイル)

■アプリ・プライバシーポリシー
http://www.mobile-sta.com/android/policy_easyscan_jpn.html

動作確認機種:
Andorid OS 4.0.3 SONY TABLET P.
Andorid OS 4.2.2 KYOCERA SKT-01.
Android OS 4.3 Galaxy SIII α.
Android OS 7.1. Nexus 5X

その他)
・ご意見等ありましたらお聞かせください。
もっと見る
読み込み中...

新機能

メニューバーにアプリ・パーミッション設定画面へのショートカット追加。
その他、初期パーミッション設定の修正。
もっと見る

追加情報

更新日
2017年1月22日
サイズ
3.1M
インストール
100+
現在のバージョン
2.1
Android 要件
4.0.3 以上
コンテンツのレーティング
全ユーザー対象
提供元
Mobile Station
開発元
63-9,Aza- Konba, Shinden-cho, Okazaki-Shi, AICHI, 444-3174 JAPAN
©2018 Googleサイト利用規約プライバシーデベロッパーアーティストGoogle について|地域: アメリカ合衆国言語: 日本語
このアイテムを購入することにより、Google ペイメントとの取引が発生し、Google ペイメントの利用規約およびプライバシーに関するお知らせに同意したことになります。