Hibernation Manager

全ユーザー対象
37,543
アプリ内購入あり
Google 翻訳で説明を日本語 (日本)に翻訳する説明を英語 (アメリカ合衆国)に戻す

Android devices are designed to work all the time, even when you do not use them! Hibernation Manager helps you to save battery when you do not use your device. When the screen goes off, it hibernates your processor (CPU), settings and even applications to save your battery power.

CPU hibernation (for root users)
CPU hibernation automatically sets CPU (processor) to the lowest possible frequency and voltage which ensures huge battery savings.
CPU “The brain of your device” constantly computes many demanding tasks. For example: updating widgets, checking for software updates etc. This computing power drains a lot of battery and is used when you do not need it. That is why CPU frequency needs to be lowered when the screen is OFF.

Settings hibernation
Choose which settings will be automatically disabled (hibernated) when your screen is OFF and enabled when your screen is ON.
If you hate frequently changing your settings or you just want to save more battery, this option is suitable for you. It is better to have enabled hibernation for all settings, because this mode will automatically hibernate only currently active settings.
You can apply settings hibernation to: wifi, mobile data (APN), bluetooth (BT)

Applications hibernation
Choose which battery-draining apps will be disabled (hibernated) when the screen is OFF.
Some of your installed apps are constantly performing some battery-draining tasks in background. For example: social app updates your status and checks for the new messages. If you hibernate this app, it stops all tasks running in background (services) which causes extreme battery savings. The hibernation is more effective than task killer or any other memory cleaner.

Battery Widget
Battery widget allows you to control Hibernation Manager right from your home screen.

Warning: If you have problems with some of hibernated apps, disable particular hibernation and restart particular app.
Androidデバイスは、あなたがそれらを使用しない場合でも、すべての時間を動作するように設計されています!ハイバネーションマネージャは、あなたのデバイスを使用しないときは、バッテリーを節約するのに役立ちます。画面がオフになると、それはあなたのプロセッサ(CPU)、設定して、バッテリ電力を節約するためであってもアプリケーションを休止状態。

のCPU休止状態(rootユーザーの場合)
CPUの休止状態が自動的に巨大なバッテリーの節約を保証し、可能な限り低い周波数と電圧にはCPU(プロセッサ)を設定します。
CPU「使用中のデバイスの脳は「常に多くの要求の厳しいタスクを計算します。たとえば、次のウィジェットを更新するなど、ソフトウェアの更新をチェックするこのコンピューティングパワーは、バッテリーを多く排出し、あなたがそれを必要としない場合に使用されます。 CPU周波数は画面オフ時に低下する必要がある理由です。

設定冬眠する
選択して自動的に無効にされる設定画面がOFFのとき(休止)し、画面がONの時に有効。
あなたが頻繁にあなたの設定を変更嫌いか、あなただけのより多くのバッテリーを節約したい場合は、このオプションを使用するのに適しています。このモードは自動的にのみ、現在アクティブな設定が休止状態になりますので、それは、すべての設定のために有効に休止状態を持っている方が良いです。
あなたが設定ハイバネーションを適用することができます。無線LAN、モバイルデータ(APN)、ブルートゥース(BT)

アプリケーションの休止状態
画面がオフのときにバッテリ排水のアプリを選択する(休止状態)無効になります。
あなたのインストール済みのアプリケーションの中には、常にバックグラウンドでいくつかのバッテリー抜き作業を行っています。たとえば、次のように社会的なアプリは、新しいメッセージのためのあなたの状態をチェックを更新します。あなたは、このアプリを休止状態ならば、それは極端なバッテリー節約の原因となるバックグラウンドで実行されているすべてのタスク(サービス)を停止します。休止状態は、タスクキラーまたは任意の他のメモリクリーナーよりも効果的です。

バッテリーウィジェット
バッテリーウィジェットは、あなたが右のあなたのホーム画面から休止状態マネージャーを制御することができます。

警告:休止のアプリのいくつかに問題がある場合は、特定の休止状態を無効にして、特定のアプリを再起動します。
もっと見る
折りたたむ
4.6
37,543 件(合計)
5
4
3
2
1
読み込み中...

新機能

2.3 - Optimization for Android 7.0 Nougat
もっと見る
折りたたむ

追加情報

更新日
2017年7月20日
サイズ
1.6M
インストール
500,000+
現在のバージョン
2.3
Android 要件
2.3.3 以上
コンテンツのレーティング
全ユーザー対象
インタラクティブな要素
デジタル商品の購入
アプリ内アイテム
$2.19/アイテム
提供元
Dominik Nožka
開発元
Lidická 551 Třinec, 739 61 Czech Republic
©2019 Googleサイト利用規約プライバシーデベロッパーアーティストGoogle について|地域: アメリカ合衆国言語: 日本語
このアイテムを購入することにより、Google Payments との取引が発生し、Google Payments の利用規約およびプライバシーに関するお知らせに同意したことになります。