自動監視カメラ簡易システム

Everyone
Translate the description into English (United States) using Google Translate?Translate the description back to Japanese (Japan)

動画の差分により画像を取得する監視カメラです。

まずは左上のボタンを押してください。
そして設定してください。
録画する時は再度表示非常時ボタンを押すと設定画面が消えます。
それからSTOPボタンを押して起動してください。
REC中の文字が出てくれば録画開始です。

デフォルトでのご利用をおすすめします。
間隔は21にしておいてください。
waitは0.05sです。つまり20*0.05で1秒待って自動認識は作動します。
この値を縮めるとCPUが常時働いてシステムに過度な負担をかけてダウンさせることがあります。
過度な動作による故障におきましては責任をもちかねます。
間隔を広げるとシステムの負荷の軽減がはかれます。
おすすめは何もしないデフォルト=21です。
自動監視が起動すると間隔が適用されて21になります。

差分は2ピクセルを飛ばしつつ確認されていきます。

私は音声抜きのデフォルト=21の実験で中古のスマホで2時間30分位は大丈夫でした。
次回は3時間に挑戦します。
監視カメラには中古のスマホをご利用することをお薦めします。
30分以上利用の際にはスリープはオフにしておきましょう。

監視中はスマホはつねに画像を抜き出し前の画像と見比べていますので
負担は大きくなります。間隔は大きい方が負担はかかりません。

長時間でのご利用は自己責任でおねがいします。

音声しきい値だけは低めに設定しないと動かない時があります。
RGBの値は1-254をお願いします。
デフォルトは30です。

RBGの差やしきい値を指定できます。

また音声の大きさにより自動的に録音を5秒するシステムも付属しています。
またGPSにより位置情報も取得できます。

自動的にandloid-> data
の中のcom.sanki.recのfiles の中の時間を書いたデレクトリの中に画像は保存されていきます。
音声データーはwaveデレクトリの中に保存されていきます。
ですので無理にPOSTをONにする必要はありません。


SNSの機能はついていません。

またサーバーに画像を自動的に送信する機能もついています。
URLを指定してFORMデーターを画像で送信できます。
画像だけはFORMデーターのnameはfileです。
GPSデーター付き画像はのnameはtextです。

この情報を元にPHPで簡単なプログラムを組むだけで画像を受け取ることができます。

デフォルトのURLは使えますが、できれば自分でご用意ください。
デフォルトはpost1です。
今はpost1 からpost5が利用可能です。

post3の場合

例 画像URL
http://amatukami.xsrv.jp/cgi-bin/post3/post1.php
gps付き画像URL
http://amatukami.xsrv.jp/cgi-bin/post3/post2.php

なおデフォルトURL+read.phpで画像を確認することができます。
デフォルトのpost1の時
http://amatukami.xsrv.jp/cgi-bin/post1/read.php
見るとき
post3の場合
ブラウザで
http://amatukami.xsrv.jp/cgi-bin/post3/read.php

画像は25件以上になると古いものから削除されていきます。
また1ヶ月を過ぎると削除されることがあります。

最後にこのアプリは犯罪防止のために制作しました。
盗難や強盗などを防止し、犯人を特定するためのものです。

それ以外でのご利用はご遠慮いただけるとありがたいです。
It is a surveillance camera that acquires images by difference of moving images.

Please press the top left button first.
And please set.
When recording, display again When you press the emergency button the setting screen disappears.
Then press STOP button to start.
Recording starts when characters in REC come out.

We recommend using it by default.
Please keep the interval to 21.
wait is 0.05 seconds. In other words, 20 * 0.05 wait one second and automatic recognition will work.
Shrinking this value may cause the CPU to work all the time and cause it to go down with an excessive burden on the system.
We can not accept responsibility in case of malfunction caused by excessive operation.
Expanding the interval can reduce the load on the system.
Recommendation does nothing Default = 21.
When automatic monitoring starts, the interval is applied and it becomes 21.

The difference is confirmed while skipping 2 pixels.

I used a second-handed smartphone with a sound of default = 21 and it was okay for 2 hours 30 minutes.
Next time I will try 3 hours.
We recommend that you use second hand smartphones for surveillance cameras.
Let sleep off when using for more than 30 minutes.

During surveillance, smartphone always compares it with the image before extracting it
The burden will increase. The greater the interval, the less burden will be applied.

Please use at your own risk in using for a long time.

Sometimes you only need to set the voice threshold low to be low.
RGB values ​​should be 1-254.
The default is 30.

You can specify the difference and threshold of RBG.

Also, a system that automatically records 5 seconds according to the size of the audio is also included.
You can also obtain location information by GPS.

Automatically andloid-> data
The image is saved in the directory that wrote the time in the files of com.sanki.rec in inside.
Audio data is stored in the wave directory.
So it is not necessary to forcibly turn on POST.


The function of SNS is not attached.

It also has a function to automatically send images to the server.
You can specify the URL and send FORM data as an image.
For image only name FORM data is file.
For images with GPS data, name is text.

Based on this information, you can receive images simply by constructing a simple program in PHP.

You can use the default URL, but please prepare yourself if you can.
The default is post1.
From now post 1 to post 5 are available.

In the case of post 3

Example Image URL
http://amatukami.xsrv.jp/cgi-bin/post3/post1.php
Image URL with gps
http://amatukami.xsrv.jp/cgi-bin/post3/post2.php

You can check the image with default URL + read.php.
When default is post 1
http://amatukami.xsrv.jp/cgi-bin/post1/read.php
When seeing
In the case of post 3
In the browser
http://amatukami.xsrv.jp/cgi-bin/post3/read.php

The image will be deleted from the old one when it is 25 or more.
Moreover, it may be deleted after one month.

Finally, I made this application for crime prevention.
It is intended to prevent theft and robbery etc and to identify the criminal.

It is appreciated if you can withhold using otherwise.
Read more
Collapse
Loading...

What's New

自動ビデオ監視簡易システム1.01
自動ビデオ監視簡易システム1.02
緯度しか入れておらず経度データーも追加で位置情報の完全掌握の訂正です。
自動ビデオ監視簡易システム1.03
間隔のバグ訂正しました。
タブレットで表示される小さなボタンの不具合を改善しました。
自動ビデオ監視簡易システム1.04
タブレットで表示される小さな文字などの不具合を改善しました。
Read more
Collapse

Additional Information

Updated
July 9, 2018
Size
23M
Installs
50+
Current Version
1.04
Requires Android
4.1 and up
Content Rating
Everyone
Interactive Elements
Users Interact, Shares Location
Permissions
Offered By
sannki
©2019 GoogleSite Terms of ServicePrivacyDevelopersArtistsAbout Google|Location: United StatesLanguage: English (United States)
By purchasing this item, you are transacting with Google Payments and agreeing to the Google Payments Terms of Service and Privacy Notice.