Larix Broadcaster

4.1
1070 件のレビュー
10万+
ダウンロード数
コンテンツのレーティング
全ユーザー対象
スクリーンショット画像
スクリーンショット画像
スクリーンショット画像
スクリーンショット画像
スクリーンショット画像
スクリーンショット画像
スクリーンショット画像
スクリーンショット画像
スクリーンショット画像
スクリーンショット画像
スクリーンショット画像

このアプリについて

Larix Broadcaster は、リモート コントリビューション用のシンプルで強力なフリーウェア ツールです。
SRT/RTMP/RTSP/RIST を介して WiFi、3G、LTE、5G 経由でモバイル デバイスからライブ コンテンツをリアルタイムでストリーミングできます。

~ SRT ストリーミング: Caller (Push)、Listen、Rendezvous モード、libsrt バージョン 1.5.0
~ RTMP/RTSP ストリーミング
~ SSL 経由の RTMPS/RTSPS ストリーミング
~ RIST プロトコル: RIST Main および Simple プロファイルを使用したプッシュ モード、librist バージョン 0.2.7
~ 複数の同時出力接続。
~ トークバック: SRT/RTMP/Icecast/SLDP 経由でオーディオ リターン フィードを取得します。詳細: https://softvelum.com/larix/talkback/
~ ストリーミングの一時停止: [開始] を長押しすると、切断せずにストリームを一時停止します。ビデオは黒い画面、オーディオは無音
~ スタンバイ ストリーム モード: ストリームが停止しているときにロングタップすると、別のオーバーレイ セットを使用して一時停止モードでストリームを開始できます。
~ 音声のみモード: ビデオ キャプチャなし、バックグラウンドで動作します。設定 -> オーディオメニューを使用
~ AAC オーディオによる AVC/H.264 および HEVC/H.265 エンコーディング
~ 非標準機能としての HEVC over RTMP
~ 横向きと縦向き、ライブローテーション、「常に水平」モードと「常に垂直」モード
~ 前後カメラのホットスイッチ
~ サポートしている Android 10+ デバイスでのマルチカメラ サポート
~ Android 11+ の同時カメラ サポート: 前後のカメラから同時にサイド バイ サイドおよびピクチャ イン ピクチャ ストリーミング。 Google Pixel 5 など、カメラの同時使用をサポートするデバイスが必要です
~ オーディオ ゲイン コントロールとオーディオ ソースの選択
~ Larix Grove: ディープリンクと QR コードによる簡単なリンク配布。詳細: https://softvelum.com/larix/grove/
~ MP4 への保存、ビデオのセクションへの分割、スクリーンショットの作成。
~ ホワイト バランス、露出、アンチフリッカー、ビデオ エンコーダー プロファイル、FPS 選択
~ 対応デバイスでのビデオ安定化
~ 入力オーディオゲインコントロール
~ バックグラウンド オプション: ディスプレイをオフにしたり、焦点を合わせていないときにストリーミングを続けます。設定 / 詳細オプション / バックグラウンド ストリーミングで有効にします。
~ 60FPS のサポート: 60FPS カメラを搭載したほとんどのデバイスは、この機能をサードパーティのアプリに提供していません。そのため、デバイスがそのサポートを備えている場合、Larix がそれを提供することを保証するものではありません。

NTP サーバーを指定するとともに、時刻を同期するための SEI メタデータを挿入します。詳細メニューで有効にします。

アダプティブ ビットレート (ABR) は、対数下降、ラダー上昇、SRT および可変 FPS のハイブリッド アプローチで利用できます。デフォルトでは無効になっています。[ビデオ] メニューをチェックして使用します。 Q11 の詳細はこちら: https://softvelum.com/larix/android/#qabr

オーバーレイとウィジェットのサポート:
〜画像レイヤー
~ ウェブウィジェット
~ HTML レイヤーとカスタム CSS
~ テキストと日付/時間レイヤー。
~ すべてのモードにレイヤーを割り当て: ストリーミング、一時停止、スタンバイ
~ オンザフライでレイヤーを有効にする

ベータ プログラムに参加して、新しい機能を最初に入手してください!

~ Nimble Streamer、Wowza Streaming Engine、Red5、Flussonic などのメディア サーバーにストリーミングします。
~ vMix、OBS Studio、およびその他のデスクトップ ソフトウェアへのストリーム。
~ サポートされているプロトコルを介して、Facebook Live、YouTube Live、Twitch、Restream.io、Limelight CDN、Akamai、Dacast、およびその他のサービスにストリーミングします。

USB OTG を介した UVC の制限付きサポート、詳細: https://softvelum.com/larix/usb/

その他のドキュメント、チュートリアル、ビデオを確認してください:
〜 https://softvelum.com/larix/android/
〜 https://softvelum.com/larix/docs/
〜 https://softvelum.com/larix/faq/
~ https://www.youtube.com/playlist?list=PLRDQWjeuSAkMro2V0BPXuw1tz8bu7MpUH

Larix Broadcaster に基づいて独自のアプリを作成したいですか? Larix SDK を購入する: https://softvelum.com/larix/android_sdk/
最終更新日
2022/11/25

データ セーフティ

データの安全は、デベロッパーによるユーザーデータの収集、共有方法を理解することから始まります。データのプライバシーとセキュリティの方針は、アプリの使用方法、ユーザーの年齢やお住まいの地域によって異なることがあります。この情報はデベロッパーから提供されたもので、更新されることがあります。
このアプリはサードパーティと以下の種類のデータを共有することがあります
アプリの情報、パフォーマンス
データは収集されません
データは送信中に暗号化されます
データを削除できません
4.1
1070 件のレビュー
吉田克也
2022年10月8日
Bitrate modeでConstant bitrateに設定するだがなぜか反映されずSystem defaultになってしまう。自分で設定した任意のビットレートで配信したいのだがSystem defaultになってしまうとアプリが推奨するビットレートになってしまう。
1 人のユーザーが、このレビューが役立ったと評価しました
役に立ちましたか?
Softvelum LLC
2022年10月9日
Can you please send all details in English to our heldpesk? https://softvelum.com/mobile/help/ Thank you!
Hanayama Shinichi
2020年6月18日
スマートフォンにUVCキャプチャーをつないで、インターネット越しにSRTでvMixへ映像を送るのに使いました。送信は非常に安定しています。 ただ、残念なのは2560x1440の画面解像度を持つ端末で使用しているためか、1920x1080でキャプチャーした映像の一部が切り取られて送信されます。これが改善すればわたしにとってパーフェクトになります。 一方で内蔵カメラでの動作は問題ないです。
役に立ちましたか?
Softvelum LLC
2020年6月20日
Thank you for sharing OTG USB concern. Have you tried setting frame height and width to required values? Please send us your results to help@wmspanel.com so we could check. Thank you.
Yusuke K
2021年10月15日
xperia1iiiだとかなり画面が暗く黒く潰れたりします あと色が結構おかしい ズーム処理が単純にピクセル引き延ばしでお粗末 他のアプリだとここはクリアされてるので Larix Broadcasterの特有の問題かと思う 比較画像を送ったけどどうもサポートではやる気が無いみたい 改善されないなら無用のアプリかな
役に立ちましたか?
Softvelum LLC
2021年8月18日
Can you please send us screenshots of your settings to https://wmspanel.com/help so we could check? Thank you.

最新情報

~ Multi-camera capture improvements
~ Handle zoom in/out keys
~ Bypass video resolution validation ("Advanced options" -> "Allow all camera resolutions")

Demo NDI®|HX2 support:
~ Streaming via NDI®|HX2 + preview stream
~ Stream is limited to 5 minutes for trial purposes
~ Discovery Server, config JSON to add params like VendorID
~ Handle zoom from NDI Studio Monitor