残業証拠レコーダー(残レコ) - 残業時間の証拠が残る

☆フジテレビ、朝日新聞など、多数のメディアで紹介された話題のアプリ☆
☆飲食店や小売店の従業員の方が『残レコ』を用いて100万~200万円の残業代をわずか数ヶ月で獲得した事案がいくつも出ています☆


『残レコ』は、サービス残業をしている方のためのアプリです。
「タイムカードがない」など、残業の証拠がない方も簡単に証拠を残せます。
今後、会社を退職する可能性が少しでもあるなら、『残レコ』で残業の証拠を残しましょう。(残業代は過去2年分を請求できるので、かなり高額です)

★『残レコ』の3大機能
① 自動で証拠確保!毎日の打刻は不要

・スマホのGPSで在社時間を記録・証拠化。残業時間を自動で管理できます。弁護士が示談・裁判で使える証拠になるよう設計
・『残レコ』を始めてからの証拠となるのはもちろん、『残レコ』の記録が半年程度あれば、その記録で過去2年の残業代を請求できる可能性が高いです。
・職場の外で働く場合、「労働時間メモ」や記録された位置情報で、証拠を残せます。

② 残業時間から残業代を自動で推計!
・弁護士が労基法等から設計したシステム
・変形労働時間制やフレックスタイム制などのほぼ全ての勤務体系に対応

③ 残業代請求を頼める弁護士に『残レコ』から簡単に連絡できる

★バッテリー使用量が大幅低下!
昨年の提供開始時から、バッテリー使用量が最大70%程度減少(当社調査)

★選べる2つのモード(どちらも無料)
A 初期設定が簡単なベーシックモード

わずか3問の質問に答えるだけで証拠の自動記録が始まります。
B 事前に残業代がもらえるかチェックできる厳密推計モード
会社から「○○だから残業代は出ない」と言われている?それはウソかもしれません。
簡単な質問に答えるだけで、「残業代が出るのか」&「残業代の大まかな額」がわかります。

★「残業代Q&A」で、残業代に関する疑問を解決
・弁護士があまり専門用語を使わず解説したQ&A
・「残業代はどんな場合に請求できるの?」「みなし残業代って何?」など、残業代関係の法律や、実際の残業代請求の流れなどを解説

★『残レコ』の記録は失業保険や労災認定でも活用できる
・失業保険:自主退職でも、一定以上の残業をしていた場合、会社都合退職の扱いを受けられます。
・労災認定:長時間残業で不幸にも精神的な疾患にかかってしまった場合

★証拠の保管・発行も原則無料(『残レコ』掲載の弁護士に依頼した場合。その他の場合、証拠発行時に証拠保管手数料を頂戴します)
もっと見る
折りたたむ
3.4
150 件(合計)
5
4
3
2
1
読み込み中...

新機能

ホームボタンにホワイト転職紹介ボタンを追加しました。
初期画面にユーザー名・パスワードを忘れた場合のリンクを追加しました。
その他、いくつかのバグを修正しました。
もっと見る
折りたたむ

追加情報

更新日
2018年9月29日
サイズ
5.3M
インストール
10,000+
現在のバージョン
3.1.3
Android 要件
4.4 以上
コンテンツのレーティング
全ユーザー対象
インタラクティブな要素
情報の共有
提供元
日本リーガルネットワーク
©2018 Googleサイト利用規約プライバシーデベロッパーアーティストGoogle について|地域: アメリカ合衆国言語: 日本語
このアイテムを購入することにより、Google Payments との取引が発生し、Google Payments の利用規約およびプライバシーに関するお知らせに同意したことになります。