当選箱

全ユーザー対象
5
広告を含む

当選箱はスマホ抽選器です。様々な場面での抽選に役立ちます。
作成した抽選器の保存や再編集も可能です。
予め、時間のある時に作っておいていつでも簡単に始められます。
無料アプリです。

■使い方
 ・シンプルな画面: ”作成”、”使用”、”編集”、”削除”で簡単操作を実現しています。
 ・操作の概要:以下の画面があります。
   ①作成・・・スマホ抽選器の作成です。クジの総数(要素数)、当たりの内容(項目)、当たりの確率(振り分け)を指定します。
   ②使用・・・スマホ抽選の開始です。指示に従って順番にクジを引きます。
   ③編集・・・一度作成したスマホ抽選器の再編集を行うときに使用します。
   ④削除・・・作成したスマホ抽選器を削除するときに使用します。


■作成の例
 ・ビンゴ抽選器  Ver1.2.1で自動組み込み。作成操作なしで使用が可能です。
          要素数:75、項目数:75(1~75)、確率:全ての項目で1。
 ・罰ゲーム抽選器 10人中3人に罰ゲームを割当てる場合の例。
          要素数:10 罰ゲーム(項目):3/はずれ(項目):7 確率:全項目それぞれ1とします。
 ・当番抽選器  メンバーの数(要素数)だけお仕事(項目)を作り、誰が何を担当するかを決めます。
 ・順番抽選器  やるべきこと(項目)を全部抽出し、実行する順番を決めます。


■その他
 ・パーティーや食事会でのちょっとした罰ゲーム決めなどにご使用ください。
 ・複数の端末を並べて 1端末目:誰が 2端末目:どこで 3端末目:何をする といった抽選をすることも可能!
 ・使い方はユーザー次第! ユーザーが自由に確率を選び作成するスマホアプリ「当選箱」です。

 ・多くの用途に対応 : 最大65536個のくじを作成し、抽選するくじを最大100種類まで分けることが出来ます。
 ・簡単操作 : 抽選したい総数がわかっていれば楽々作成。作成画面で操作するのは2画面のみ!作った抽選機は後から編集も可能です。
 ・シンプルな画面 : 作成、使用、編集、削除 全てで簡単操作を実現するために表示画面をシンプルにしました。


*Ver. 1.1.0より抽選方法「くじを引いたら戻す」を選択できなくなり、くじを引いても戻さない抽選方法のみになりました。くじを引いたら戻す抽選方法は、別のアプリとして現在、確率体感アプリ(仮称)として公開中です。


*Ver.1.2.1 の変更点
 ・ビンゴ抽選器はデフォルトで組み込みました。
  作成しなくても要素数:75、項目数:75(1~75の値)、確率:全て1。
*Ver.1.2.2 の変更点
 ・Ver. 1.2.1をインストール後、ある条件を満たすと初回起動時にエラーが発生することが確認されましたので修正しました。
もっと見る
3.8
5 件(合計)
5
4
3
2
1
読み込み中...

追加情報

更新日
2016年1月5日
サイズ
2.9M
インストール
1,000+
現在のバージョン
1.2.3
Android 要件
4.2 以上
コンテンツのレーティング
全ユーザー対象
インタラクティブな要素
デジタル商品の購入
提供元
Comdec
©2018 Googleサイト利用規約プライバシーデベロッパーアーティストGoogle について
このアイテムを購入することにより、Google ペイメントとの取引が発生し、Google ペイメントの利用規約およびプライバシーに関するお知らせに同意したことになります。