RM Bridge

全ユーザー対象
114
Google 翻訳で説明を日本語 (日本)に翻訳する説明を英語 (アメリカ合衆国)に戻す

RM Bridge provides a HTTP REST web API to control BroadLink RM1/RM2 units from remote.


Management Console
A management console that implements the RM Bridge API and can be used to learn IR/RF codes can be found at the following URL:
http://rm-bridge.fun2code.de/


Usage
After starting the web service, the RM Bridge API or BroadLink's RM Open API can be called by using a POST / GET or RAW POST request containing a JSON command. For GET/POST requests the cmd parameter contains the JSON Open API command.
To use JSONP, use a GET request together with the parameter callback or jsonp.


API Documentation
RM Bridge provides its own API which can be used without restrictions. The API documentation can be found at the following URL:
http://rm-bridge.fun2code.de/

The Open API is subject to BrandLink’s NDA. In order to get a copy of the API documentation, please contact BroadLink directly.

RM mini 3
The RM mini 3 is not officially supported, but there is a workaround to get it working with RM Bridge.
For more information see: http://goo.gl/NLKxnW

Applications/Projects that use RM Bridge
RM COMMANDER BUILDER TOOLS Project: http://leffab.wix.com/domo-assist

Keyboard Shortcuts
CTRL+S to open settings

Features
- HTTP API
- Autostart on boot
- Selectable port
- Basic HTTP authentication
RMブリッジは、リモートからBroadLink RM1 / RM2ユニットを制御するために、HTTP RESTのWeb APIを提供します。


管理コンソール
RM橋のAPIを実装し、IR / RFコードを学ぶために使用することができます管理コンソールは、次のURLで入手できます。
http://rm-bridge.fun2code.de/


使い方
Webサービスを開始した後、RMブリッジAPIまたはBroadLinkのRMオープンAPIは、JSONのコマンドを含むPOST / GETまたはRAW POSTリクエストを使用して呼び出すことができます。 GET / POSTの場合はCMDパラメーターは、JSONオープンAPIコマンドを含む要求。
JSONPを使用するには、パラメータのコールバックまたはJSONPと一緒にGETリクエストを使用します。


APIドキュメント
RM橋は制限なく使用することができ、独自のAPIを提供します。 APIドキュメントは、次のURLで見ることができます:
http://rm-bridge.fun2code.de/

オープンAPIはBrandLinkのNDAの対象となります。 APIドキュメントのコピーを取得するためには、BroadLinkに直接お問い合わせください。

RMミニ3
RMミニ3は、正式にはサポートされていませんが、RM橋での作業それを得るための回避策があります。
詳細については、以下を参照してください。http://goo.gl/NLKxnWを

RMブリッジを使用するアプリケーション/プロジェクト
RM COMMANDERのBUILDER Toolsプロジェクト:http://leffab.wix.com/domo-as​​sist

キーボードショートカット
CTRL + Sの設定を開くには

の機能
- HTTP API
- 起動時に自動起動
- 選択可能なポート
- 基本的なHTTP認証
もっと見る
3.9
114 件(合計)
5
4
3
2
1
読み込み中...

新機能

- Keyboard support: CTRL+S to open settings
もっと見る

追加情報

更新日
2018年5月19日
サイズ
2.3M
インストール
10,000+
現在のバージョン
1.3.2
Android 要件
2.3 以上
コンテンツのレーティング
全ユーザー対象
提供元
Fun2Code
開発元
Jochen Ruehl Pestalozzistr. 8/1 76669 Bad Schoenborn Germany
©2018 Googleサイト利用規約プライバシーデベロッパーアーティストGoogle について|地域: アメリカ合衆国言語: 日本語
このアイテムを購入することにより、Google ペイメントとの取引が発生し、Google ペイメントの利用規約およびプライバシーに関するお知らせに同意したことになります。