GNSS Commander - GPS status

全ユーザー対象
123
Google 翻訳で説明を日本語 (日本)に翻訳する説明を英語 (アメリカ合衆国)に戻す

Connect your external GPS device by USB or bluetooth. Route the GPS position as mock location provider to any navigation app on your phone or tablet.
Show GPS status data like position, height, accuracy, satellites, velocity, etc.
You can forward RTK correction data to your high accuracy external device. RTCM data is loaded from the internet by the internal NTRIP client.

The app ist completely free with the exception of the NTRIP-RTCM feature. If you want to forward RTK data from your data provider (e.g. land surveying office) to the external GPS antenna, please license the app. You can fully test the NTRIP feature in advance within the 30 days trial period. You can view received RTCM message-types and coordinate-projection-parameters of the RTK data on the RTCM monitor page.

GNSS Commander currently supports devices from vendors:
• Bluetooth - all devices providing SPP profile (LNS profile is planned)
• USB - FTDI chipset
• USB - MTK MediaTek chipset
• USB - Silicon Labs chipset
• USB - Prolific chipset (e.g. PL2303)
• USB - u-blox chipset (e.g. VK172)

USB connection successfully testet for receivers:
ppm 10xx (FTDI), Navilock, Prolific PL2303, ublox neo-6p, ublox 7, ublox 8, VK 172, MTK QSTARZ 818XT

High baudrates up to 115200 are supported for all listed USB vendors.
The GNSS Commander can transform WGS84 coordinates into a local coordinate system like "Gauß-Krueger or UTM" for germany. Additionally you can set a fixed offset to the transformation for further improvement of the calculated local coordinate. If you allow mock locations in the developer options of your android device you can use the position of the external receiver in any application. The preferred way to process the external GPS position in other apps without using "mock locations" is implementing a simple ContentObserver. You can even get the transformed local coordinate and additional informations about the GPS status by using the app as content-provider.

By activating the "mocking" feature (get the position of your external GPS antenna into android) you can use this app for any other navigation-app or for geo-tagging.

Free features
+ GPS Status
+ Satellite list & Sky-Plot with subsystems like GPS, Glonass or Galileo
+ Coordinate-Transformation into local coordinate system
+ Mock location provider (e.g. use your external device for navigation)
+ Log all received NMEA data

You need a license for
+ RTK correction data over internet (NTRIP client)
+ RTCM monitor
+ Android "content provider" feature to access all status data
外部GPSデバイスを USBまたはBluetooth で接続します。 モックロケーションプロバイダとしてGPS位置を、携帯電話またはタブレットのナビゲーションアプリにルーティングします。
位置、高さ、精度、衛星、速度などの GPSステータスデータを表示します。
RTK補正データを高精度の外部デバイスに転送することができます。 RTCMデータは、内部NTRIPクライアントによってインターネットからロードされます。

アプリはNTRIP-RTCM機能を除いて完全に無料です。データ提供者(土地測量局など)のRTKデータを外部GPSアンテナに転送する場合は、アプリのライセンスを取得してください。 30日間の試用期間内に、事前にNTRIP機能を完全にテストすることができます。受信したRTCMメッセージタイプとRTKデータの座標投影パラメータをRTCMモニタページで表示できます。

GNSS Commanderは現在、ベンダーのデバイスをサポートしています:
  &ブル; Bluetooth - SPPプロファイルを提供するすべてのデバイス(LNSプロファイルが計画されています)
  &ブル; USB - FTDIチップセット
  &ブル; USB - MTK MediaTekチップセット
  &ブル; USB - Silicon Labsチップセット
  &ブル; USB - 多彩なチップセット(例:PL2303)
  &ブル; USB - u-bloxチップセット(VK172など)

受信機のUSB接続に成功しました:
(FTDI)、Navilock、Prolific PL2303、ublox neo-6p、ublox 7、ublox 8、VK 172、MTK QSTARZ 818XT

リストされているすべてのUSBベンダーで最高115200のボーレートがサポートされています。
GNSS Commanderは、WGS84座標をドイツの「Gauß-KruegerまたはUTM」のようなローカル座標系に変換できます。さらに、計算されたローカル座標をさらに改善するために、固定オフセットを変換に設定することもできます。あなたのアンドロイドデバイスの開発者オプションでモックの場所を許可する場合、任意のアプリケーションで外部レシーバの位置を使用することができます。 「モックロケーション」を使用せずに他のアプリケーションで外部GPS位置を処理するための好ましい方法は、単純なContentObserverを実装することです。アプリケーションをコンテンツプロバイダとして使用することで、変換されたローカル座標とGPSステータスに関する追加情報を取得することもできます。

あなたの外部GPSアンテナの位置をアンドロイドにする "モック"機能を有効にすることで、他のナビゲーションアプリやジオタグにもこのアプリを使用できます。

無料機能
 + GPSステータス
 + GPS、Glonass、Galileoなどのサブシステムによる衛星リストとスカイプロット
 +座標変換 - ローカル座標系への変換
 +モックロケーションプロバイダ(たとえば、外部デバイスをナビゲーションに使用する)
 +受信したすべてのNMEAデータを記録する

のライセンスが必要です
 +インターネット経由のRTK補正データ(NTRIPクライアント)
 + RTCMモニタ
 +すべてのステータスデータにアクセスするAndroidの「コンテンツプロバイダ」機能
もっと見る
折りたたむ
4.3
123 件(合計)
5
4
3
2
1
読み込み中...

新機能

+ Bugfix: GNSSData provider exported again
+ New: Notification sound on GPS status change
+ New: Send single command to device
+ Bugfix: MediaTek USB vendor initialization
もっと見る
折りたたむ

追加情報

更新日
2018年9月5日
サイズ
3.1M
インストール
10,000+
現在のバージョン
2.6.0.2
Android 要件
4.0.3 以上
コンテンツのレーティング
全ユーザー対象
提供元
PilaBlu
開発元
PilaBlu software engineering Markus Hoffmann Ehrenhalde 4 D-70192 Stuttgart
©2019 Googleサイト利用規約プライバシーデベロッパーアーティストGoogle について|地域: アメリカ合衆国言語: 日本語
このアイテムを購入することにより、Google Payments との取引が発生し、Google Payments の利用規約およびプライバシーに関するお知らせに同意したことになります。