都市の幽霊観測装置

100+
Downloads
Content rating
Everyone
Screenshot image
Screenshot image

About this app

都市の幽霊観測装置は、都市での生活を拡張します。

本アプリをバッググラウンドで起動すると、GPSが現在位置を取得し、それより前にGPSロガーで記録されている「過去にアイドルが居た場所」と比較します。距離が近ければ「この辺りにアイドルが居た」旨が通知されます。

通知体験を繰り返すと、街は歩くだけで(過去の)アイドルと偶然に出会える空間であると感覚され、土地・場所そのものに「ここは彼女がいた場所だ」という記憶やイメージが堆積していきます。”推しメン”に現場に会いに行くのではなく(反現場主義)、全生活局面が現場化する(汎現場主義)。

現在のライブアイドルの活動は、ライブ会場(現場)での対面コミュニケーションと、SNS上における双方向の言語コミュニケーションが中心ですが、本アプリは偶然・一方向性・反現場主義という点でそれらとは一線を画しています。かといって距離を取ってかつてのアイドルに先祖返りするのでもなく、場そのものをアップデートして無距離化するものです。

通知がないからといって、その場所にアイドルが居なかったわけではなく、ログ化されていないだけ。データの欠落すら、可能性の想像力を経由して、聖性の生成に寄与していきます。"ここ”は、「あの子が居たかもしれない」場所、そうなるかもしれない場所なのです。

現場のアイドルから、生活空間を徘徊する量子的な幽霊としてのアイドルへ。
Updated on
Nov 11, 2018

Data safety

Developers can show information here about how their app collects and uses your data. Learn more about data safety
No information available