The Hentaigana App

全ユーザー対象
31
Google 翻訳で説明を日本語 (日本)に翻訳する説明を英語 (アメリカ合衆国)に戻す

Today, each syllable in Japanese is represented by a single hiragana. But this wasn't always the case: for more than a millennium, individual syllables were written using a variety of hiragana, each based on the cursive form of a different kanji. In modern times, these traditional kana came to be known as hentaigana, or "variant kana.” The kanji from which hentaigana were derived are called jibo, "parent characters."

Teaching yourself to read hentaigana has always had a reputation for being tedious and difficult, because it involved a lot of poring over charts and dictionaries. But the truth is that with the right app to help you out, it isn’t difficult at all—far from being tedious, it's addictive. All you have to do is learn to recognize which kanji each kana is based on, and how that kanji is read. This app will help you do that.

Basically, it’s a sort of Matrix-style riff on a stack of flashcards. The app presents you with a kana. If you nudge it a bit with your finger, it will flip over and turn into the kanji from which the kana was derived. You will also see the modern kana that tells you how to read the kanji. You can throw a kana out of the stack or toss it back in so it will keep appearing. Then, once you have learned it, you throw it out, too.

The app has a function that lets you track your progress and select particular sets of syllables to practice, and an interactive dictionary that shows all the hentaigana and jibo the app contains. You can choose how many kana to display, and how often to have the readings appear. We have even included a tab where you can read about the precious manuscripts, all housed in the special collections of Waseda University Library, from which the kana were taken. And soon we will be switching on a bonus feature that lets you practice reading a string of syllables forming words and phrases, rather than just individual kana.

Developed as a collaboration between UCLA and Waseda University as a project of the Tadashi Yanai Initiative for Globalizing Japanese Humanities, this pioneering app—the first of its kind!—is expected to be the first in a series of similar apps, so keep an eye out for future releases!

In the meantime, have fun with this one!
今日では、日本の各音節は、単一のひらがなで表現されます。千年以上の間、個々の音節がそれぞれ異なる漢字の筆記体の形に基づいて、ひらがなの様々なを使用して書かれていた。しかし、これは必ずしもそうではありませんでした。現代では、これらの伝統的な仮名は変体仮名として知られるようになった、または「変異型かな。「変体仮名が由来した漢字は「親文字。」、jiboと呼ばれています

それはグラフや辞書の上に熟読の多くを関連するため、変体仮名を読むために自分自身を教えることは、常に、面倒で難しいという評判がありました。真実はあなたを助けるために右のアプリで、それがすべてで、はるかに面倒であることから、困難ではないということです。しかし、それは中毒性です。あなたがしなければならないのは、漢字仮名がそれぞれに基づいていますを認識することを学ぶであり、その漢字がどのように読み込まれます。このアプリは、あなたがそれを行うのに役立ちます。

基本的には、フラッシュカードのスタック上のマトリックス風のリフのようなものです。アプリは仮名をご提示します。あなたはそれを指で少しナッジ場合は、裏返しと仮名が由来した漢字に変わります。また、漢字の読み方を説明します現代仮名が表示されます。あなたは、スタックの外に仮名を投げたり、それが表示されて維持されますので、に戻ってそれを投げることができます。あなたがそれを学んだ後に続いて、あなたも、それを投げます。

アプリは、あなたの進捗状況を追跡し、練習する音節の特定のセットを選択することができます機能、アプリ​​に含まれるすべての変体仮名とjiboを示しインタラクティブ辞書を持っています。あなたはどのように表示するか、多くのかなを選択することができ、どのように頻繁に測定値が表示されるようにするに。私たちも、あなたは仮名を採取し、そこから貴重な写本、早稲田大学図書館の特別コレクションに収容され、すべてを読むことができ、タブが含まれています。そして、すぐに我々はあなたが単語やフレーズ、だけではなく、個々の仮名を形成する音節の文字列を読んで練習することができますボーナス機能をオンにします。

日本の人文のグローバル化のための柳井正イニシアティブのプロジェクトとしてUCLAと早稲田大学との連携として開発された、この先駆的なアプリ - その種の最初は!同じようなアプリのシリーズの最初であるので、目を維持することが期待-is将来のリリースのためにアウト!

一方で、この1を楽しんでいます!
もっと見る
4.6
31 件(合計)
5
4
3
2
1
読み込み中...

追加情報

更新日
2015年11月3日
サイズ
40M
インストール
1,000+
現在のバージョン
1.0.0
Android 要件
4.1 以上
コンテンツのレーティング
全ユーザー対象
提供元
UCLA
©2018 Googleサイト利用規約プライバシーデベロッパーアーティストGoogle について
このアイテムを購入することにより、Google ペイメントとの取引が発生し、Google ペイメントの利用規約およびプライバシーに関するお知らせに同意したことになります。