メモハン

全ユーザー対象
15

メモハン(メモリーハンティング)は記憶の場所を探すアプリ。カメラのファインダー上に別の写真を半透明で重ねて撮影すると、現在の風景とその場所を記録し共有できます。

もともとこのアプリは、古写真の撮影場所を探すためのアプリとして作りました。古い写真を見たとき、この写真はどこの景色を撮影したものだろう、と疑問に思うことがよくあります。有名な場所ならすぐにわかるかもしれませんが、時代とともに風景が大きく変化した場所だと、すぐにはわからないかもしれません。一番いいのは、現地に行って過去の風景と現代の風景を見比べて、もっとも両者が一致する場所を探すことです。しかし、写真を印刷して(あるいはパソコンの画面に表示して)、自分の目で見える視界と見比べることは、決して簡単ではありませんでした。

そこで、今回開発したメモリーハンティングでは、過去の風景をカメラのファインダー上に半透明で重ねることにより、両者をファインダー上で直接的に比較できるようにしました。アイデア自体は単純ですが、スマートフォンのようにカメラのファインダーを自由にプログラミングできる環境によって、初めて実現できるアイデアと言えます。また、撮影時に写真のメタデータ(説明情報)として、緯度経度やカメラの方向などのセンサ情報を記録しておくことで、過去の写真がどこで撮影されたものなのかも、同時に解明することができます。つまり、古写真の撮影場所と現在の風景とを同時に記録するためのツール、それがメモリーハンティング(メモハン)の目的です。

現在では、対象を古写真に限定せず、災害の復興を記録する写真ツールとしても使っています。被災直後の風景と同じ風景をカメラで撮影することは簡単ではありませんが、メモハンを使えば風景の位置合わせが簡単になるため、定点観測を続けていくこともより簡単になります。まだまだ想定できる使い道はたくさんあります。こうした部分をどう展開するかをこれから考えていきたいところです。

謝辞:カメラ部分の開発にはOpen Camera を利用しました。
もっと見る
4.8
15 件(合計)
5
4
3
2
1
読み込み中...

新機能

不具合の修正
もっと見る

追加情報

更新日
2016年9月3日
サイズ
3.1M
インストール
500+
現在のバージョン
1.15
Android 要件
4.0.3 以上
コンテンツのレーティング
全ユーザー対象
インタラクティブな要素
ユーザー インタラクション
提供元
Kitamoto Lab.
©2018 Googleサイト利用規約プライバシーデベロッパーアーティストGoogle について|地域: アメリカ合衆国言語: 日本語
このアイテムを購入することにより、Google ペイメントとの取引が発生し、Google ペイメントの利用規約およびプライバシーに関するお知らせに同意したことになります。