ムサブラ

「ムサブラ」は、武蔵村山市をマイスターの案内でぶら歩きしながら「ムサブラ」ストーリーを完成させる武蔵村山市公認のガイド&思い出アプリです。
無料です。ユーザー登録不要です。ダウンロードするだけですぐに使えます。

武蔵村山の歴史と食のストーリーについて、4人の魅力マイスターが次々と紹介しながら、ちょっとした「お題」を出します。「お題」をクリアすると、あなただけの「ムサブラ」ストーリーが完成していきます。
「ムサブラ」ストーリーとは、皆さんの武蔵村山を巡った想い出のコラージュです。
「マップアイコン」がお題の場所を案内します。

<コンテンツ>

1 狭山丘陵に消えた海と川のなぞ
福嶋徹マイスターが案内します。ここ狭山丘陵は一番高いところで194mの高さがあります。遠くの富士山や副都心を眺めることも可能です。実はそんな狭山丘陵には海と川が隠れています。さあ探してみましょう。

2 「村山かてうどん」のなぞ 
志々田陽介マイスターが案内します。市の成人式で振舞われたり、市内小中学校の授業に取り入れられていたり、宴会の〆に食べたり、武蔵村山市民のソウルフードともいえる「村山かてうどん」。そこにはどんな「こだわり」があるのでしょうか?「村山かてうどん」と「武蔵野うどん」の関係はあるのでしょうか?

3 廃線跡が語るトンネル群のなぞ
石川伊三郎マイスターが案内します。武蔵村山に残る4つのトンネルとまっすぐに続く自転車道。これらはかつての鉄道の路線跡です。東京都内で唯一駅がない武蔵村山市には、かつてどんな鉄道が走っていたのでしょうか?

4 幻の「東京狭山みかん」のなぞ
小林卓矢マイスターが案内します。ここ狭山丘陵には、市場に出回らない幻の武蔵村山産みかん「東京狭山みかん」があります。みかんは愛媛、和歌山、静岡といった温暖な地域で栽培が盛んです。しかし狭山丘陵の南斜面という地形に注目し、当時のみかん栽培の北限にチャレンジした人達がいました。

【対応OS】
Android 4.4 - 7.0
もっと見る
読み込み中...

新機能

・軽微な不具合を修正しました。
もっと見る

追加情報

更新日
2017年12月4日
サイズ
22M
インストール
100+
現在のバージョン
01.00.01
Android 要件
4.4 以上
コンテンツのレーティング
全ユーザー対象
提供元
CASIO COMPUTER CO., LTD.
開発元
東京都渋谷区本町1-6-2 カシオ計算機株式会社
©2018 Googleサイト利用規約プライバシーデベロッパーアーティストGoogle について|地域: アメリカ合衆国言語: 日本語
このアイテムを購入することにより、Google ペイメントとの取引が発生し、Google ペイメントの利用規約およびプライバシーに関するお知らせに同意したことになります。