きせいちゅうどく:寄生虫がぞわぞわと蠢く放置ゲーム

Contains Ads
·
Offers in-app purchases

無さそうで無かった寄生虫ゲームここに誕生。
KAWAIIはもう古い
世界よ、これがKIMOIだ。

〜Prologue〜

「あまりの内容に規制中!暗闇に蠢く寄生虫!」
パラサイトエムシーズのマイクリレーが冴え渡る。オーディエンスは手を挙げ下ろしし体をくの字になるくらい折りたたみながら湧いている。
「怖気付いたヘイターは帰省中!こちとら鳴り止まないぜステイチューン!」
無敵の3本マイク、センターのMCエキノコックスが固いライミングを要所要所しっかり決めてくる。彼がセンターたる所以だ。
「俺のカラダ!憑いたサナダ!噂ではダイエットになるからだ!」音源に無い部分でもこの調子だ。フリースタイル殿堂入りは伊達じゃ無い。
下手(しもて)担当MCフォーラーネグレリアa.k.a.人食いアメーバは序盤からずっとマイペースに見えるが彼のバースは格別だ。玄人程それがわかるだろう。試しに彼抜きのPMCを想像してみるといい…ほら、納得しただろう?
上手(かみて)担当MC”コロシニキタゼ”ツツガムシが煽る。
「I Say KISEI, You Say CHU」「KISEI」「CHU!!」「KISEI」「CHU!!」
DJフィラリアはCHUのところだけビートをカットする。ハコに響き渡るオーディエンスの声が直接耳に届いて心地いいのだ。

「なんてILLなフロウなんだ…」
つよしはパラサイトエムシーズの各人個性的でありながら混ざり合う絶妙な声質、そしてそれを100%以上活かすマイクさばきに感嘆しながらも体はビートと同じBPMで揺れていた。頭でっかちになりがちな自分の音楽観を根底から覆す強力なビート。「むずかしく考えるなよ、ただノればいいんだよ」そう言われているような気がしてただ身を任せた。その刹那、耳をつんざく警報音が鳴り響いた。

「あれ、ここは、僕の部屋…今のライブは…夢?」
(本当にそれと覚醒の度合いに関連があるかは不明だが)血圧の低いつよしはやたら不快な警報音を目覚ましにしていた。音の鳴るスマートデバイスのボタンを手探りで押しながら今の夢について思い出そうとしていた。往々にして夢というのは覚醒と共に遠い彼方に消え去ってしまうからだ。
なんか寄生虫がライブしてたような…んんん。「寄生虫」と「ライブ」などというおよそ結びつかない単語に自分自身困惑してしまった。しかし彼には一つ心当たりがあった。理科の時間に寄生虫を習ったばかりなのだ。

クラスメイトが「気持ち悪い」を連呼する中で彼だけは違った。ぞわぞわと蠢くそれらの写真を見て、微かな興奮を覚えたのだ。数メートルにもなるサナダ虫がいるという話になった時、女子たちは一斉にきゃーなんて騒いでいたが彼は益々興味をそそられた。誰の顔にもニキビダニがいること、脳に寄生する虫がいることなんかを説明されたあたりでチャイムが鳴った。授業は終わってしまったが、つよしにとっては始まりだった。新たな扉を開かれた瞬間だった。
帰宅すると日本人がノーベル賞を受賞したという話題が購入したばかりの4Kテレビから流れていた。なににつけても(それが悪いニュースであっても、だ)「すごいわね」を合いの手に入れる母が御多分に漏れずその言葉を口にしていた。「いがくせいりがくしょう(つよしの耳には正確に変換されなかった)だって。すごいわね」母の言葉とそのニュースをBGMのように聞き流していたが、キャスターの発した単語に彼は耳を疑った。「教授は……寄生虫の……」驚くべきことになんとその日本人は寄生虫の研究が認められて受賞したというのだ。つよしはふるえた。
「ねーママ今日学校で習ったんだ、寄生虫!僕知ってるよ、寄生虫!」
果たしてその宣言が必要だったのかは未だ不明だがつよしは叫ばずにはいられなかった。言い終わる前に階段を駆け上っていた彼は自分の部屋のベッドにカバンを放り投げるとすぐさま本棚の動物辞典を引っ張り出して勢いよく開いた。しかしどこにも寄生虫は載っていない。カラフルなページに活き活きと描写されてるのは、ゾウさんとかキリンさんとか、カバさんだ。
少しだけがっかりしたつよしはベッドに倒れこんだ。体重分沈み込んだマットレスの深さほどには落ち込んだ。
午後の微睡みの中で、先刻授業で教わった寄生虫を思い出してみる。好きなあの子の腸の中でサナダ虫が成長していたら、なんてことを考えると震えるような興奮に襲われた。人によって性の目覚めは様々だ。いったい誰が彼に石を投げられるだろうか。

つよしは興奮の中眠りについた。全てをルーティンワーク化することが性分である母が用意する夕飯の時間、ちょうど1時間後にきっちりと目覚ましをかけて。

「あまりの内容に規制中!暗闇に蠢く寄生虫!」
パラサイトエムシーズのマイクリレーが冴え渡る。



◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

基本プレイ無料(アプリ内課金あり)

©GIZ,Inc.
Read more
4.1
1,195 total
5
4
3
2
1
Loading...

What's New

よ、アニサキスだ。ストーリーではよく2匹で出てくるだろ?
向かって左の方な。ん?弟の方じゃねえ、兄貴だよ俺は。
兄サキス、なんつってな。馬鹿言ってやがる。

このバージョンでは軽微なバグをさくっと直したらしいぜ。
ステージ移動したら広告がボタンにかぶるとかいういらつくバグだ。どこが軽微なんだよな。致命的だよな。

関係ねーけど魚は良く加熱して食べろよ。じゃあな。
Read more

Additional Information

Updated
May 10, 2016
Size
33M
Installs
10,000+
Current Version
1.2
Requires Android
2.3 and up
Content Rating
Teen
Mild Fantasy Violence
Interactive Elements
Digital Purchases
In-app Products
$1.01 - $2.13 per item
Permissions
Offered By
GIZ Inc.
Developer
150-002 東京都渋谷区渋谷3-10-18
©2018 GoogleSite Terms of ServicePrivacyDevelopersArtistsAbout Google|Location: United StatesLanguage: English (United States)
By purchasing this item, you are transacting with Google Payments and agreeing to the Google Payments Terms of Service and Privacy Notice.