ITP ダイアリー

Translate the description into English (United States) using Google Translate?Translate the description back to Japanese (Japan)

※本アプリケーションに含まれている情報は、医学的な助言をするものでも推奨するものでもありません。また、医師・薬剤師の服薬指導(指示)に代わるものでもありません。病状や病態については主治医にご相談することが重要です。
薬剤の服用については医師・薬剤師の服薬指導(指示)に従ってください


1:服薬チェック機能
2:体調記録(体調・自覚症状・出血状況など)
3:通院記録(血小板数の登録など)、次回通院日の管理
4:グラフ機能(血小板数の変化、体調・出欠状況)
5:ITP知識閲覧
6:コミュニティへのリンク機能
7:パスワード機能(Android版のみ)
8:ごほうび機能



◆各機能のご紹介

1:服薬チェック機能
予め基本情報で登録した薬と服薬時間をアプリからお知らせします。
服薬した場合は、「お薬はのみましたか?」の質問に対して「はい」にしてください。
服薬記録は「はい」と「いいえ」の2つのボタンを切り替えることで記録ができます。
また、服薬記録を「はい」にすると、カレンダーにチェック印が付きますので、あとから飲み忘れた日がひと目でわかるようになっています。
*服薬チェック機能は体調記録内にございます。

2:体調記録
毎日の体調を記録してください。
体調は3段階(良い/普通/悪い)、自覚症状は4つ(むくむ/だるい/痛い/眠れない)です。
気になる症状がある場合は、メモを取ることもできます。

出血についても記録してください。5箇所(皮膚/鼻血/くち/生理/その他)、4段階(なし/少量/やや多量/多量)で出血量を記録できます。その日の状況を記録してください。
写真も撮影できますので、気になる場合は保存しておくことをお勧めします。

3:通院記録
通院した場合は、通院記録に血小板数を記録してください。
薬剤量が変化した場合や薬が変更になった場合は、基本情報から薬について変更をしてください。

次回の通院日が決まったら、次回通院日の編集もしてください。
通院日を事前にお知らせします。(事前お知らせの詳細設定したい場合は、基本情報より編集ください)

4:グラフ機能
血小板数及び体調・出血状況についてはグラフでわかりやすく表示することができます。過去のデータをグラフ上に表示させたい場合、カレンダーで過去の日付に遡り、体調記録/通院記録を入力してください。

5:ITP知識閲覧
ITPについての基本的な情報を閲覧することができます。

6:コミュニティへのリンク機能
ITPの患者コミュニティを始めとした情報提供サイトへのリンク集をご用意しております。

7:パスワード機能(Android版のみ)
ヘルプより、パスワード設定機能がお使い頂けます。本アプリ固有のパスワードとなります。なお、パスワードはご利用頂く方の端末にのみ記憶されますので、パスワードのお問い合わせにお答えすることはできません。

8:ごほうび機能
服薬チェックをすることで、毎月ごほうびとしてカレンダーの背景をプレゼントします。季節に応じてかわいいキャラクターのカレンダーがもらえますので服薬チェックを忘れずにご利用ください。



本アプリをご利用頂き、服薬記録や体調管理、数値管理にお役立てください。



医学監修:埼玉医科大学病院 総合診療内科 教授/血栓止血センター長 宮川義隆
提供:ノバルティス ファーマ株式会社
開発:株式会社カラダノート
* The information contained in this application is neither a medical advice nor a recommendation. Also, it is not an alternative to doctor / pharmacist's medication instruction (instruction). It is important to consult with your doctor about the condition and pathology.
Please follow medication instruction (instructions) by doctor / pharmacist about take medicine


1: Medication check function
2: Physical condition record (physical condition · subjective symptoms · bleeding situation etc.)
3: Outpatient records (registration of number of platelets, etc.), management of the next visit date
4: Graph function (change in platelet number, physical condition / attendance status)
5: ITP knowledge browsing
6: Link function to the community
7: Password function (Android version only)
8: Featured function



◆ Introduction of each function

1: Medication check function
We will inform you about medication and medication time registered in advance with basic information from the application.
If you take medicine, please answer "yes" to the question "Do you only take medicine?"
The medication record can be recorded by switching between two buttons "Yes" and "No".
Also, if you take the medication record "Yes", a checkmark is placed on the calendar so that you can understand the day you forgot to drink at a glance.
* The medication check function is in the physical condition record.

2: Physical Recording
Please record your physical condition every day.
The physical condition is 3 levels (good / normal / bad), the subjective symptoms are 4 (swelling / dull / painful / sleeping).
You can also take notes if you have symptoms that matter.

Also record about bleeding. You can record the bleeding volume in 5 places (skin / nosebleed / mouth / menstruation / other), 4 stages (none / small amount / slightly large / large amount). Please record the situation on that day.
Since you can also take pictures, we recommend that you save them if you are concerned.

3: Visit to hospital
If you go to the hospital please record the number of platelets in your visit to the hospital.
If the amount of medicine changes or medicine changes, please change about medicine from basic information.

When the next visit date is decided, please also edit the next visit date.
We will inform you in advance of your visit date. (Please edit from the basic information if you want to set detailed information of advance notice)

4: Graph function
The number of platelets, physical condition and bleeding status can be displayed in an easy-to-understand graph. If you want to display the past data on the graph, please go back to the past date in the calendar and enter your physical condition / hospital record.

5: ITP knowledge browsing
You can browse basic information about ITP.

6: Link function to the community
We are preparing a collection of links to information provision sites including patient community of ITP.

7: Password function (Android version only)
From the help, you can use the password setting function. It becomes the password unique to this application. In addition, since passwords are stored only in the terminal you use, you can not answer inquiries about passwords.

8: Featured function
By doing medication check, we will present a background of the calendar as a monthly reward. Please do not forget to take medication check as you get a calendar of cute characters according to the season.



Please use this application, please use for medication record, physical condition management, numerical management.



Medical supervision: Saitama Medical University Hospital comprehensive medical professor Professor / Chief clot hemostatic center Yoshitaka Miyagawa
Provided by Novartis Pharma Corporation
Development: Karada note Inc.
Read more
Collapse
Loading...

What's New

・ITPの服薬設定機能の追加として、ある特定の薬剤を登録時にのみ表示される飲食制限アラーム機能が固定から任意に変更できるようにしました。
・ITP知識の治療法に「抗CD20モノクローナル抗体」を追加しました。
・軽微な不具合を修正しました。
Read more
Collapse

Additional Information

Updated
October 30, 2018
Size
3.8M
Installs
100+
Current Version
1.2.6
Requires Android
2.2 and up
Content Rating
Everyone
Permissions
Offered By
Novartis Pharma K.K.
©2018 GoogleSite Terms of ServicePrivacyDevelopersArtistsAbout Google|Location: United StatesLanguage: English (United States)
By purchasing this item, you are transacting with Google Payments and agreeing to the Google Payments Terms of Service and Privacy Notice.