Beacon見張り番

Translate the description into English (United States) using Google Translate?Translate the description back to Japanese (Japan)

■ 開発趣旨
ビーコンを検出しアラートなどを鳴らす製品が多くありますが、その殆どは特定のビーコン送信機でなければ検知できません。
「Beacon見張り番」は「iBeacon」仕様で送信される全ての機器を登録することができ(最大5台)、このアプリによってさまざまな用途で利用が可能です。
また、メール機能によりどこででもメッセージを受信でき、更に他のプラットフォームを連携する事も可能です。


■ 機能

このアプリは、ビーコンを「受信したら」「受信しなくなったら」「変化したら」の3つの検知機能があります。
検知した場合、「アラームを鳴らす」「バイブレーションを行う」「メール送信をする」の3つのアクション機能があります。

1.受信したら。
ビーコンが近づくと検知しアクションを起こすことができます。
センサーなどによりビーコンを送信する機器がある場合、センサーを検知しアクションを起こす事ができます。

2.受信しなくなったら。
ビーコンが離れたら検知しなくなった事でアクションを起こす事ができます。
センサーなどによりビーコンを送信する機器がある場合、ビーコンが途切れた事を検知しアクションを起こす事ができます。

3.変化したら
ビーコンが近づく・離れる、それぞれを検知しアクションを起こす事ができます。
センサーなどによりビーコンを送信する機器がある場合、センサーが検知したときと検知しなくなったときの両方についてアクションを起こすことができます。(検知は双方を交互に行います)


※ビーコンは機器により様々な送信間隔や送信時間が設定されています。
また、電波状況や利用する端末(スマホやタブレット)などにより受信(検知)ができなかったり電波が途切れたりする場合もあり、それぞれのビーコンを受信する為には検知する間隔(時間)や回数を調整する必要があります。
Beacon見張り番は、検出間隔(時間)と検出回数(受信したら/しなくなったら)を別々に任意に設定する事が可能です。


※メール送信を行った場合、メールの「件名」として
日付・時間・受信機(アプリがインストールされている端末)名・Beacon登録名・登録メッセージを送信するので、本文を見なくても件名だけで判断することができます。


■高度な機能

※メール送信は「検出時(随時)」の送信のほか、指定した時刻に送信する「定時」送信機能があります。
これにより、状態監視や見守りなどを行う事が可能です。

※送信されるメールは「件名」に加え、付帯情報として本文に下記ビーコン情報を送信します。
・MACアドレス(ビーコン送信機)
・UUID
・Major
・Minor
・RSSI
・TX
・検知ステータス(受信したら/しなくなったら)
・受信機(アプリがインストールされている端末)のGPSデータ(緯度/経度)<設定により>

※メール送信に「ファイル添付」を設定すると、登録された全てのビーコン(5件全て)について上記に加え下記の情報を「csvフォーマット」で送信します。
・ビーコンを検知した日付・時間
・受信機(アプリがインストールされている端末)名
・Beacon登録名
・登録メッセージ

これにより、「IFTTT」「Microsoft Flow」「MyThings」などを利用することで異なるプラットフォームを連携する事が可能です。
また、csvファイルですので、JavaやVBAなどを含む他のアプリケーションソフトウェアでも加工が容易です。

※応用として、UUID/Major/Minor情報を送信するので、センサーなどの計測データを埋め込むことで遠隔地の管理が可能です。
※メールを読み上げるアプリ(他社アプリで有料です)などを使えばメッセージを見なくても音声で知る事も出来ます。

■仕様

登録可能ビーコン数:5台
最大Beacon登録名文字数:全角20文字/半角40文字
最大端末名登録文字数:全角20文字/半角40文字
最大メール送信アドレス数:5件
メッセージ:受信したら/受信しなくなったら それぞれ別のメッセージを登録。
最大メッセージ文字数:全角49文字/半角98文字
Beacon検出間隔:1秒~3600秒(1時間)
連続受信検出回数:1回~99回
連続非受信検出回数:1回~99回
アラーム作動時間:しない~30秒
バイブ作動時間:しない~30秒
メール送信:検出時/定時/しない
定時送信時刻設定:5分・10分・15分・30分・60分(時刻)
ファイル添付:する/しない
GPSデータ添付:する/しない

■マニュアルについては弊社ホームページをご覧ください。

http://pkt.co.jp/beacon/app/


■免責

・iBeacon仕様の送信機であっても、全ての製品について動作を保証するものではありません。
・OS/Android端末/ネットワーク環境などにより検知やメール送信が不安定な場合があります。
・人命や事故の発生などに関わる利用はしないでください。
・本アプリを使用する事で生じたいかなる問題について弊社は責務を負いません。


■本アプリは「非商用利用において無償」です。「商用利用」される場合はお尋ねください。
■ Development Purpose
Many products detect beacons and sound alerts, but most of them can not be detected unless it is a specific beacon transmitter.
"Beacon watch number" can register all devices transmitted with the "iBeacon" specification (up to 5 units), and this application can be used for various purposes.
In addition, you can receive messages anywhere with the mail function, and it is also possible to link other platforms.


■ Function

In this application, there are three detection functions of "when receiving", "when it does not receive", and "when it changes".
When it detects, there are three action functions "sound alarm", "vibrate", "send e-mail".

1. After receiving.
You can detect actions when the beacon approaches.
If there are devices that transmit beacons with sensors etc., you can detect the sensor and take action.

2. When it stops receiving it.
If you leave the beacon you can take action by not detecting it.
If there is a device that transmits a beacon by a sensor etc., it can detect an interruption of the beacon and take action.

3. If it has changed
Beacon approaching and leaving, you can detect each and take action.
If there are devices that transmit beacons with sensors etc., actions can be taken both when the sensor detects it and when it does not detect it. (Detection alternates between both)


* Various transmission intervals and transmission times are set for the beacon depending on the device.
Also, there are cases where reception (detection) can not be received (detection) or the radio waves are interrupted due to radio wave condition, terminals (smartphones and tablets) to use, etc. In order to receive each beacon, the interval (time) It is necessary to adjust.
The Beacon watch number can set the detection interval (time) and detection frequency (if received / when not to be used) separately and arbitrarily.


※ When sending e-mail, as "subject" of e-mail
Date · Time · Receiver (terminal on which the application is installed) · Beacon registration name · Since we send a registration message, you can judge by just the subject name without looking at the text.


■ Advanced functions

* In addition to sending "E-mail at detection (at any time)", e-mail transmission has a "fixed time" sending function to send at the specified time.
By doing this, it is possible to monitor the state and watch over.

* In addition to "subject", the transmitted e-mail sends the following beacon information to the body as additional information.
MAC address (beacon transmitter)
· UUID
· Major
· Minor
· RSSI
· TX
· Detection status (if received / disabled)
· GPS data (latitude / longitude) of the receiver (terminal where the application is installed)

* If you set "Attach file" for sending e-mails, the following information will be sent in "csv format" in addition to the above for all registered beacons (all five).
· Date and time when beacon was detected
· Receiver (terminal on which application is installed) name
· Beacon registered name
Registration message

By doing this, it is possible to link different platforms by using "IFTTT", "Microsoft Flow", "MyThings" etc.
Also, because it is a csv file, it can be easily processed with other application software including Java, VBA, etc.

* Since it sends UUID / Major / Minor information as an application, remote site management is possible by embedding measurement data such as sensors.
* If you use an application that reads mails (fee-charged with other companies' applications) etc, you can also know by voice without looking at the message.

■ Specification

Number of beacons that can be registered: 5
Maximum Beacon registered name Number of characters: 20 full-width characters / 40 half-width characters
Maximum terminal name Number of registered characters: 20 full-width characters / 40 half-width characters
Maximum number of e-mail address sent: 5
Message: Register different messages when receiving / when not receiving it.
Maximum number of message characters: 49 full-width / 98 half-width characters
Beacon detection interval: 1 second to 3600 seconds (1 hour)
Continuous reception Detection frequency: 1 to 99 times
Continuous non-reception detection count: 1 to 99 times
Alarm activation time: None ~ 30 seconds
Vibe operation time: nothing ~ 30 seconds
Mail transmission: When detection / fixed time / never
Scheduled transmission time setting: 5 minutes, 10 minutes, 15 minutes, 30 minutes, 60 minutes (time)
File attachment: Yes / No
GPS data attachment: Yes / No

■ For the manual, please visit our website.

http://pkt.co.jp/beacon/app/


Disclaimer

· Even if it is a transmitter of the iBeacon specification, operation is not guaranteed for all products.
· Detection and mail transmission may be unstable depending on OS / Android terminal / network environment etc.
· Please do not use it related to the occurrence of human lives or accidents.
· We are not responsible for any problems arising from using this application.


■ This application is "free for non-commercial use". Please contact us if you are "commercial use".
Read more
Loading...

Additional Information

Updated
October 27, 2018
Size
10M
Installs
1+
Current Version
1.0
Requires Android
5.0 and up
Content Rating
Everyone
Permissions
Offered By
Packaging Technology Co.,Ltd.
Developer
kusu 2570-7 kounosu SAITAMA 365-0014 Japan
©2018 GoogleSite Terms of ServicePrivacyDevelopersArtistsAbout Google|Location: United StatesLanguage: English (United States)
By purchasing this item, you are transacting with Google Payments and agreeing to the Google Payments Terms of Service and Privacy Notice.