オズの国の歩き方【ノベルADV】ナイトメア・プロジェクト

5.0
7520 件のレビュー
10万+
ダウンロード
コンテンツのレーティング
全ユーザー対象
スクリーンショット画像
スクリーンショット画像
スクリーンショット画像
スクリーンショット画像
スクリーンショット画像
スクリーンショット画像
スクリーンショット画像
スクリーンショット画像
スクリーンショット画像
スクリーンショット画像
スクリーンショット画像
スクリーンショット画像
スクリーンショット画像
スクリーンショット画像
スクリーンショット画像

このゲームについて

「歪みの国のアリス」のスタッフが送る最新作 !
「笑って」、「泣ける」 長編テキストファンタジー! 個性的な仲間と一緒に、黄色い煉瓦道を歩きだそう!
「オズの魔法使い」をナイトメアプロジェクトが作ると…。今度はホラーじゃありません 。今回は無料でも毎日少しずつ遊べるように配信しています。

+--------------------------------------------+

<ご注意>一部機種において、アプリの起動にSDカードが必要となります。

+--------------------------------------------+

金色のおさげ髪の少女は、突然、見知らぬ館で意識を取り戻します。
愛犬トトのこと以外、ほとんどの記憶を失っていることに気づいた彼女ですが、
彼女を迎えにきた東の村のひとびとは、彼女のことを救世主<ドロシー>だというのでした。
この世界は<魔女の呪い>に蝕まれつつあり、その世界を救うために彼女がやってきたというのです。
さっぱり状況が理解できないドロシーでしたが、失われた記憶と救世主疑惑を確かめるために
世界を統べるという大王オズに会いに、エメラルドの都へ行くことを決心します。
その道中でドロシーは、不気味で気のいいカカシ、優しく物騒な高性能ロボット、無駄に偉そうなライオンと出会い、
さまざまなハプニングに見舞われながらも、なんとか都へとたどり着きます。
そして、真実を明らかにすべく、大魔法使いオズに面会を求めますが、なんとそこには…!?

ドロシーの記憶は戻るのか? 仲間たちの願いは叶うのか? 世界を統べる大魔法使いオズの正体とは? そして、世界を蝕む魔女の呪いとは…!?

やがて、ドロシーと仲間たちは、絆を胸に、最後の煉瓦道を歩き始める…!!

+--------------------------------------------+
「歪みの国のアリス」と同じシナリオライターが1年がかりで作成したお話です。
ナイトメアプロジェクトが「オズ」をどのように料理したか、楽しんで頂けると幸いです。最初はオリジナルと同じですが、次第にナイトメアらしい変貌を遂げ、最後は・・・・アリスと同じ気持ちをお届けできるのでは無いかと思います。

<課金について>
今回は、無料配信という決断をさせて頂きました。
ただし、無料でも遊べますが、便利機能は課金しないと使えません。
また、1日に読める量は上限があります(場所によって読める量は変わります)
少しずつ課金して進めることもできますが、不死鳥の羽根 4800円で全ての機能は解放され、オフラインでも遊べるようになります。

それでは優しい幻想をあなたに。
最終更新日
2023/10/23

データ セーフティ

データの安全は、デベロッパーによるユーザーデータの収集、共有方法を理解することから始まります。データのプライバシーとセキュリティの方針は、アプリの使用方法、ユーザーの年齢やお住まいの地域によって異なることがあります。この情報はデベロッパーから提供されたもので、更新されることがあります。
このアプリはサードパーティと以下の種類のデータを共有することがあります
アプリのアクティビティ、アプリの情報、パフォーマンス
このアプリは以下の種類のデータを収集することがあります
個人情報、財務情報、デバイスまたはその他の ID
データは送信中に暗号化されます
データを削除するようリクエストできます

評価とレビュー

5.0
7020 件のレビュー
Googleユーザー
2018年10月5日
過去に歪みの国のアリスを製作したこともあってストーリー、キャラクター、構成を含め最高でした! ただし、ラストは賛否がわかれるかもしれないです… ひとつ残念なのが、羽が必要になる場面が話をぶつ切りにされるところなので、もし羽が足りなくなった場合は中途半端なところで中断してしまうのですごくやきもきします。 それなら4800円の読み放題を買えばいいじゃないかとなりますが、話の内容量がよくある小説一冊分しかないのでさすがに高いのではないかと思います。どうしても課金が嫌なのであれば辛抱強く待てる人ではないとオススメできないかもしれません。 しかし、追加ストーリーはどれもおもしろかったのでこれだけはぜひとも課金して読んでみてもらいたいです。特にとある場面のifルートはゾクッときて個人的に好きでした。 バックログ機能ぐらい常設でも(ry
1 人のユーザーが、このレビューが役立ったと評価しました
Googleユーザー