Hapyson釣り計測

「釣った魚をカメラで撮るだけで素早く計測」

Hapyson(ハピソン)計測マーカーを使って、簡単に魚の寸法が測れる。
計測した魚の画像には、日付や寸法が入っているので釣果の記録に最適。
完成した画像は、FacebookやTwitterなどの他のアプリと連携できる。

それが Androidアプリ「Hapyson釣り計測」(ハピソン釣り計測)です。

(*)Hapyson計測マーカーは、Hapysonスマートフォン用 防水ケースを購入するとついています。


【測定方法】(アプリ内では、ひかるんの音声による解説あり)

手順1: マーカーの位置
マーカーを魚のそばに置く
50cmくらいまでの魚なら四角のマークの入った小さなマーカーを、
また、50cmから1mくらいまでの大きな魚なら三角のマークの入った大きなマーカーを使う。
マーカーは魚と平行になるように置く。
Point: マーカーは、なるべく画面の中心に近いところに置いたほうが正確に測れる!!
細長い魚ならお腹の下の方に、また丸っこい魚だったら頭の先や尾びれの先に置くとよい。

手順2:魚の位置
魚の真上からカメラを構える。
このとき、魚の中心がセンターラインに重なるようにする。
さらに、魚の頭が計測基準線の近くにくるようにする。
Point: 魚の真上から撮れないときは、そのままカメラを魚のお腹がわにずらしていき、画面がのぞける高さまでもってくると上手く撮れる。
このとき、マーカーを魚の中心線上におく。

手順3:マーカーの認識と撮影
構図が決まったらカメラボタンを長押しして撮影。
マーカーが認識できていれば、マーカーの上に"ひかるん"(キャラクター)がでてくる。
Point: マーカーがうまく認識されない時には、一度、ライトでマーカーを照らしながら再度、試してみる。
ライトは、スライドメニューの中にあります。

手順4:撮影した画像の移動
撮影したら2本の指を使って魚の頭の端を計測基準線に合わす。

手順5:計測ラインを合わせる
1本の指で計測ラインを魚の尾ひれに合わせる

手順6:計測ライン拡大
魚の尾ひれの中心に計測ラインを合わせる。

手順7:計測
この時、画面上に表示されている値が魚のサイズです。
Point: 釣り場で魚の写真を撮ったらまず、一覧へ保存すること。
家に帰ってからゆっくりと計測し、ギャラリーに保存していくと便利です。

《画像の共有》
☆Facebook、Twitterなどの他のアプリと簡単に連携
☆メールでも送信できる
☆ギャラリーへ保存


[ 動作確認機種 ]
GALAXY S III
Arrows
Xperia GX
MEDIAS

上記動作確認機種以外の場合、正常に表示されない場合がございます。ご了承下さい。
もっと見る
3.4
114 件(合計)
5
4
3
2
1
読み込み中...

新機能

起動時の処理の改善を行いました。
もっと見る

追加情報

更新日
2018年1月29日
サイズ
2.2M
インストール
10,000+
現在のバージョン
2.8.17
Android 要件
2.3 以上
コンテンツのレーティング
全ユーザー対象
提供元
YAMADA ELECTRIC IND. CO., LTD.
©2018 Googleサイト利用規約プライバシーデベロッパーアーティストGoogle について
このアイテムを購入することにより、Google ペイメントとの取引が発生し、Google ペイメントの利用規約およびプライバシーに関するお知らせに同意したことになります。