ArtIME 日本語入力

全ユーザー対象
2,452

---------
ArtIMEはセキュアに利用することができます。以下ご確認ください。

・全ての入力情報をログに蓄積したり、サーバに送ったりはしていません。
・学習した変換候補のみ、他のアプリから見えない形でローカルに保存されます。
・Social IMEをONにした場合のみ、変換候補を取得するため入力情報をSocial IMEに送信しています。これによるログ蓄積や収集は行っていません。
・Wikipedia検索及び辞書検索に切り替わっている場合は、簡易的な単語抽出を行ってWikipediaへ送信し、結果を表示します。これによるログ蓄積や収集は行っていません。

ご心配がある場合はご連絡戴ければ幸いです。
---------

ArtIME 日本語入力は美しいユーザインタフェースとインタラクティブ性を兼ね備えた、新しい日本語入力用ソフトウェアです。

バグ・質問等ありましたら、メールもしくは
http://codedesign.jp/artime/ にてコメントをお願いいたします。
また、次期バージョンは大幅な変更が予定されております。
要望等頂ければ幸いです。

高速な変換機能を持つOpenWnnをベースに、iPhoneに近い操作感、かつて無いデザイン性やWikipedia との連動など、ソフトウェアキーボードの新しい利用法をご提案いたします。

1. インストール

インストール方法はAndroid Marketもしくはそれに準じるマーケットサイトからダウンロードしてインストールしてください。
インストール後は自動的に、設定用のアイコンがアプリケーション一覧に入ります。

2.有効化

本ソフトウェアはIME(Input Method Editor)であり、インストールしただけではご利用いただくことが出来ません。以下の手順を行うことで、ArtIME 日本語入力を有効化することができます。

・インストール後、ArtIME 日本語入力を起動してださい。

・「設定方法の説明へ」ボタンを押してください。

・「設定画面を開く」ボタンを押してください。

・「言語とキーボードの設定」の、「Art IME 日本語入力」の右にあるチェックボタンを押してください。

・ArtIMEをの画面に戻り、「入力方法を選択」ボタンを押して下さい。

・ArtIME 日本語入力を選択してください。

以上で、有効化は完了です。

3.使い方

有効化が終わった時点で、キーボードはアクティブになっています。

・日本語を入力する。
キーボードの地球マークを数回押すか、地球マークを長押しして、「日本語テンキー」もしくは「日本語ローマ字」を選択してください。

・英語を入力する。
キーボードの地球マークを数回押すか、地球マークを長押しして、「English(US)」を選択してください。

・Wikipedia自動検索
ArtIME 日本語入力は、最初のキーボードデザインをWikipediaに設定しています。 文字を入力すると、Wikipediaにある項目であれば自動的に検索して表示します。

Wikipediaで気になった検索があったときは、この状態で「ABC」などの文字選択キーを長押しすると、ブラウザを起動してWikipediaの該当ページにジャンプします。

・Social IME
v1.1.1より、SocialIMEに対応しました。地球キーを長押しして設定を起動し、「ネットワークIME」の項目からSocialIMEを選択してください。文字入力変換後、候補がない場合は変換Viewを拡大した際にSocialIMEで自動的に検索して候補を引き出します。

・マッシュルーム
Simejiに代表されるIMEと同等に、マッシュルーム機能が利用できます。文字を入力したのち、変換前に地球キーを長押ししてマッシュルームを選択してください。

・カーソルパッド
テンキー状態の場合はスペースの上の■が表示されているキーを、QWERTYの場合はシフトキーを長押しすることでカーソルパッドがき起動します。カーソルパッドの機能は以下のとおりです。
 ・カーソルパッドをなぞるとカーソルを移動できます
 ・ダブルクリックで選択を開始し、シングルクリックで解除できます。
 ・下のcut / copy / pasteでそれぞれ文字列のカット・コピー・ペーストが可能です。
 ・カーソルパッドを終了する場合は右上の×ボタンを押してください。

・設定画面およびキーボードデザインの変更について
地球キーを長押しし、設定を選択すると、各種設定が可能です。
キーボードのデザインは9種類ありますが、「ウィキペディア」以外のキーボードではWikipedia検索機能は動作いたしません。

■既知の不具合:
・12キーボード(数字)で*を左にフリックされたときにもキーボードが変更される
・HT-03Aにて、テーマをウィキペディアにすると、画面の一部がノイズとなる
・プレビューが一部崩れる

■今後の開発予定(優先順不同)
・横画面でのEditText表示改善
・マッシュルーム対応ソフトウェアを選択的に表示をする機能
・横画面での全画面化

バグ・質問等ありましたら、メール、Twitter: @takahashi_ken
http://codedesign.jp/artime/ にてコメントをお願いいたします。
もっと見る
折りたたむ
4.0
2,452 件(合計)
5
4
3
2
1
読み込み中...

新機能

修正履歴:
v1.3 2012/4/26
・HoneyComb以上で設定画面を出せなかった不具合を修正
・メニュー長押しの設定からキーボードを選択する画面を追加
・地球マークを変更
・プレビューの表示を変更
・半透明でのタッチ位置表示を変更
・ハートのデザインを一部変更
・QWERTYキーボードの時に同じ文字が連続して入力される不具合を修正
・タイトルバーの表示を修正
・他様々な不具合を修正
v1.2.1 2011/11/10
・和英/英和辞書のテーマを追加
・Wikipediaの検索に失敗する不具合を修正
・利用していない処理の削除
・中国語リソース追加
v1.1.5 2011/10/4
・フリック感度が一度閉じるとデフォルトの表示に戻ってしまうバグを修正
 (変更した値自体は有効に動作していた)
v1.1.4 2011/10/4
・Google IME APIに対応
・表示の細かい修正など
v1.1.3 2011/9/29
・キーボード配列の設定をせずにキーボードを使い出した場合、QWERTY(EN)から変更できなくなるバグを修正
v1.0.0 2011/2/14 初期登録
もっと見る
折りたたむ

追加情報

更新日
2013年12月26日
サイズ
6.5M
インストール
500,000+
現在のバージョン
1.3
Android 要件
1.6 以上
コンテンツのレーティング
全ユーザー対象
提供元
Kenichi Takahashi
©2020 Googleサイト利用規約プライバシーデベロッパーアーティストGoogle について|地域: アメリカ合衆国言語: 日本語
このアイテムを購入することにより、Google Payments との取引が発生し、Google Payments の利用規約およびプライバシーに関するお知らせに同意したことになります。