CallLauncherFree

全ユーザー対象
74

ホームボタン、検索ボタン長押し、通話ボタンで起動可能なランチャーです。

他のアプリを使用中でも各ボタンやキーで起動するため、すばやくアプリの切り替えが行えます。

Softbank 007SHなどのテンキー搭載機種では通話キー+数字キーなどのツータッチでアプリを起動することができます。
(テンキー非搭載機種でもタップで起動できます。)

<主な機能>
・ランチャーのシート上に配置したアプリは数字キーで起動可能
 シートにアプリを1つしか配置していない場合は通話キーのみでアプリを直接起動します。
 (配置したアプリのアイコンはランチャーの2列目以降に表示されます。
 配置はメニューから、削除はアイコンをロングタップもしくはキーを長押しして下さい。)

・メールキーやWebキー、通話キーに起動したいアプリを登録可能
 (ランチャー1列目の3つのアイコンは、左から順にメールキー、通話キー、Webキーに登録したアプリです。
 登録、削除はアイコンをロングタップもしくはキーを長押しして下さい。)

・シートはフリックもしくは*キー、♯キーで切り替えられます。
 (シートの追加はメニューの「シートの管理」からさらにメニューを開いて下さい。
 削除は「シートの管理」で表示される一覧上でロングタップもしくはキーを長押しして下さい。)

・各シートへのショートカットもランチャーに配置可能
 (シートへのショートカットはホームにも作成可能)

※有料版では以下の機能が使用できます。
・アプリだけでなくブックマークなどのショートカットも配置可能

・ショートカットのアイコンは好きな画像から選択可能、ラベル名もカスタマイズ可能
 ショートカットの内容(IntentのURI表記)も編集可能

・DELキーやカーソルキーで通知領域のオープン、タスクキル、タスク切り替え
、シート移動が可能

・DELキー、カーソルキー、*、♯キーの動作、フリックの動作をカスタマイズ可能

・タイトルの右側に空きメモリ量とバッテリー残量を表示可能
 (メニューの「設定」→「システム情報」のチェックボックスで表示/非表示を切替)

・数字キーで起動できるアイコンのガイド表示を切替可能
 (メニューの「設定」→「ガイド」のチェックボックスで表示/非表示を切替)

・*、0、♯キーでもショートカットを起動可能

・任意の場所へのショートカット追加、ショートカットの並び替えが可能

・配置済みのショートカットのアイコンや名前の変更が可能

・シートの並び替え、名前の変更が可能
もっと見る
折りたたむ
4.5
74 件(合計)
5
4
3
2
1
読み込み中...

新機能

ver.1.21
有料版の機能追加に伴い、以下の機能を追加しました。
・画面の透過率の設定(メニュー→「設定」→「画面設定」)
・テンキー用ガイド表示の有無設定(メニュー→「設定」→「画面設定」)
※有料版では、画面の色、フリックの感度などの設定を追加しました。

ver.1.2
検索ボタン長押し、ホームボタンで起動できるようになりました。
※007SHの検索ボタンは長押し起動に対応していないようです。
ホームボタンで起動した場合、再度ホームボタンを押すとホーム画面を表示します。
表示するホームはメニューの「ホームを選択」で変更できます。
検索ボタン、ホームボタンでの起動はメニューの「起動方法」で無効にできます。
もっと見る
折りたたむ

追加情報

更新日
2012年9月10日
サイズ
66k
インストール
10,000+
現在のバージョン
1.21
Android 要件
2.2 以上
コンテンツのレーティング
全ユーザー対象
提供元
hdak
開発元
4-1-1 Kamitoda Toda Saitama 335-0022 Japan
©2019 Googleサイト利用規約プライバシーデベロッパーアーティストGoogle について|地域: アメリカ合衆国言語: 日本語
このアイテムを購入することにより、Google Payments との取引が発生し、Google Payments の利用規約およびプライバシーに関するお知らせに同意したことになります。