ごいた - 奥能登の伝統遊戯

全ユーザー対象
27
広告を含む

石川県鳳珠郡能登町の宇出津地区に伝わる伝統遊戯である「ごいた」を体験できるアプリとなります。

このゲームは、将棋に似た駒を用いて手の全ての駒をより早く場に出すことを競うゲームです。
遊ぶには4人必要となり2人ずつのペアでプレイするというルールが他のゲームと一線を画する要素です。

しかしながら、プレイしようにも4人集める必要があり、遊ぼうとしてもなかなかできないところがネックとなります。
そこで、対戦相手が集まらなくてもこのゲームの世界を体験できるよう、一部ルールを簡略した上でAndroidアプリとして再現してみました。

数多くのゲームが生まれ、そして時代の波に消えていく中、現代まで伝承されたゲームはその歴史の重みに恥じない面白さを秘めています
このアプリにてそうした世界に触れ、そしてさらに、ご家族、ご友人の間で遊ばれるようになる、その一助となれば幸いです。

ぜひ一度プレイしてみてはいかがでしょうか。

【簡単なルール】
(1) まず、同じ位の駒を2組(本アプリでは「王」と「し」)裏返しにし、一枚ずつ選んで組を決めます。
 この際「王」を選んだ側の組が親となります。

(2) 親はまず、裏返しに一枚駒を場に出し、さらにもう一枚表向きに攻め駒を出します。

(3) 次の手番のプレイヤーは、親の攻め駒と同じ駒を持っている場合その駒で受ける「ことも」できます。
 受ける場合は、場に受け駒を出し、さらにもう一枚表向きに攻め駒を出します。以降、このプレイヤーが親となります。
 受けない場合、「なし」と宣言し次のプレイヤーに手番が移ります。
※攻めを受けることのできる駒を持っている場合でも、駆け引きにより「なし」とすることができます。
※定跡として、基本的には味方の攻めは受けず「なし」とします。

(4) 他のプレイヤーが全員、親の攻め駒に対し「なし」を宣言した場合、親は再度裏返しに駒を出し攻め駒を出すことができます。

(5) 上記手順を繰り返し、最初に全ての駒を場に出すことができれば「上がり」となります。
 そのプレイヤーの組は、「上がり」の際に最後に出した駒に応じた点数を獲得することができます。

(6) 対局を繰り返し、先に一定点数(本アプリでは150点/250点)を獲得した組がゲームの勝利者となります。

※「王」(「玉」)は他の駒と違い、以下の特徴があります。
 - 「香」「し」以外の駒を、その駒の代わりに用いて受けることができます。
 - 他のプレイヤーに受けられる可能性がある場合、「王」を攻め駒として使うことはできません。
  自分で2枚とも持っている場合か、既に場に「王」が出ている場合のみ攻め駒として使うことができます。

※対局開始時に「し」が5枚ある場合、組のペアと「相談」し再度取り直すことができます。(本アプリでは、手役ルールは割愛しています)

※自分が親のまま、最後の手番を同じ駒で上がった場合、得点が2倍になります。

【アプリの主な機能】
・ゲームモード - 対戦の勝利点数を、「150点」と「250点」のいずれかより選択することができます。
・難易度選択 - CPUの思考ルーチンを、「入門」と「実戦」より選択することができます。
・オプション機能 - フルスクリーン表示の切替、BGM/SEの再生有無を変更することができます。

☆本アプリは、能登ごいた保存会様に公認をいただいております。
もっと見る
4.2
27 件(合計)
5
4
3
2
1
読み込み中...

新機能

Ver. 1.6 思考ルーチンの見直しを行いました。
・実戦モードにおいて、攻め駒選択時のランダム性を排除しました。
・同一駒を複数枚持っている場合の振る舞いを見直しました。
・飛・角を攻め駒として選択する優先度を引き下げました。
もっと見る

追加情報

更新日
2018年9月20日
サイズ
16M
インストール
1,000+
現在のバージョン
1.6.1
Android 要件
4.0 以上
コンテンツのレーティング
全ユーザー対象
提供元
s-Ake apps project
©2018 Googleサイト利用規約プライバシーデベロッパーアーティストGoogle について|地域: アメリカ合衆国言語: 日本語
このアイテムを購入することにより、Google ペイメントとの取引が発生し、Google ペイメントの利用規約およびプライバシーに関するお知らせに同意したことになります。