山座同定ナビ

ハイキングで見える山々の山座同定の補助を目的としたアプリケーションです。
インストールから7日間は無料で試用できますが、これ以降継続して使用するにはアプリ内購入で利用権(¥500/年)を購入する必要があります。

このアプリは、スマホ・タブレットの持つGPS・方向センサーの情報を元にその場所・その方向に見えるであろう山々のイメージを山名とともに表示します。
実際にその場所から見えている山々と、画面に表示された山座イメージ・山名を見比べることで、見えている山の名前を同定することが出来ます。

山座イメージの作成に必要な地形データ・山名等の情報は全て(日本全国の分を)事前にインストールしておけるので、インターネットの利用できない(携帯の繋がらない)山中でも使用でき、ハイキング前に目的の山域のデータのダウンロードするといった準備も必要ありません。

山名等の情報は、一万座以上収録されています。山名の表示は百名山・二百名山といった区分で表示を許可・禁止でき、たくさん見えている・表示されている山々の中から目的の山を見つけるのを容易にします。表示された山名をタップすると、その山の標高やその山までの距離などの追加情報を得ることができます。
その時見えている視程に合わせて実際の眺望により近い山座イメージを表示したり、その場所の標高より高い場所からの山座イメージを鳥瞰図のように表示して山々の位置関係を把握したりすることも可能です。

場所や方向などの描画条件をファイルに保存でき、あとからその時・その場所の山座イメージを復元することが出来ます。これを使って写真に撮った山座の同定を行うことも出来ます。この描画条件の保存ファイルは、Windows版の山座同定ナビと互換性がありますので、パソコンの大きな画面で表示することも可能です。

山座データナビを使用するには、別途「山座同定ナビ用地形データ」をGooglePlayからインストールする必要があります。
「山座同定ナビ用地形データ」には、全国を一つに収めた「山座データナビ用地形データ(全国版)」と、全国を北・東・西の三つの区域に分けた「山座同定ナビ用地形データ(北日本版)」/「山座同定ナビ用地形データ(東日本版)」/「山座同定ナビ用地形データ(西日本版)」の二つのタイプがあります。
詳細は、山座同定ナビの[ヘルプ]→[地形データ]を参照してください。
もっと見る
4.5
22 件(合計)
5
4
3
2
1
読み込み中...

新機能

* Android8のホーム画面等で山座同定ナビのアイコンが小さく表示されるバグを修正
* その他細かな修正
もっと見る

追加情報

更新日
2018年6月26日
サイズ
8.1M
インストール
5,000+
現在のバージョン
1.0.20180627
Android 要件
4.0.3 以上
コンテンツのレーティング
全ユーザー対象
インタラクティブな要素
デジタル商品の購入
提供元
ソフトデザイン・松川竜彦
開発元
群馬県邑楽郡大泉町坂田4-10-17 ミズタニハウス202
©2018 Googleサイト利用規約プライバシーデベロッパーアーティストGoogle について|地域: アメリカ合衆国言語: 日本語
このアイテムを購入することにより、Google ペイメントとの取引が発生し、Google ペイメントの利用規約およびプライバシーに関するお知らせに同意したことになります。