段差ナビ BumpRecorder

全ユーザー対象
25

●メジャーバージョンアップ(4.5)
・機能追加:アプリ終了時の自動アップロード、アップロード済みとアップロード不要の(短距離の)データの自動削除
・機能改善:Graph タブで GPS 測位精度をグラフィカルに表示し、測位状況をひと目で分かるように改善
・安定性向上:Navi タブで長時間計測した時に異常終了する問題を修正

●概要
周辺の道路の段差の有無とその大きさを地図上に表示する段差ナビアプリ「BumpRecorder」です。自動車のダッシュボードに置いて走るだけで、道路のどこに段差があるかがわかり、積荷の落下や破損、乗客の不快感の抑制に役に立ちます。
このアプリでは段差の測定、共有、予告が出来ます。東北地方で増えている積荷の落下事故に対応すべく、設定タブから東北地方の段差情報をダウンロードして使うことが出来ます。

観測したデータアップロードすると下記サイトで Google Maps 上に観測データが表示されます。 http://smartprobe.org/bumprecorder/

ご要望などありましたら:Twitter @BumpRecorder_j


●使い方
1. 車のダッシュボードの上などに、スマートフォンを水平または垂直に置いてください。斜めにしないでください。【注意】急ブレーキなどで携帯電話が吹っ飛ばないように必ず固定してください。

2. [REC] ボタンを押し、観測を開始します。そして車を普通に運転してください。

3. 段差の大きさを数字で画面表示します。【注意】安全のため運転中は表示を見ないでください。

4. 観測が終わったら、[REC] ボタンを押してください。

5. データをアップロードするには、画面右上の↑の[共有アップロード] ボタンを押して、アップロードするファイルを選択してください。アップロ

ードにはしばらく時間がかかります。

6. アップロードが終わると走行経路、段差位置が Google Maps 上に表示されます。△の大きさで段差の大きさを示しています。


●記録ファイルについて
記録ファイルファイルは次の通りです。アップロード時はすべてアップロードされます。
・コンフィグファイル:yyyymmdd_hhmmss_Config.txt
 観測開始、終了時間、観測周期、デバイス名称などの観測条件
(端末番号などは含まれません)

・加速度ファイル:yyyymmdd_hhmmss_Accel.txt
 加速度情報、路面プロファイル情報などの観測値

・GPSファイル:yyyymmdd_hhmmss_GPS.txt
 GPS情報

・段差データファイル:yyyymmdd_hhmmss_Bump.txt
 段差高、段差長など

・基地局情報ファイル:yyyymmdd_hhmmss_CellInfo.txt
 基地局番号など
(電話番号などは含まれません)
もっと見る
4.4
25 件(合計)
5
4
3
2
1
読み込み中...

新機能

初めてインストールして起動したときにエラーになることがある不具合を修正
もっと見る

追加情報

更新日
2017年5月15日
サイズ
4.9M
インストール
5,000+
現在のバージョン
v4.59
Android 要件
2.3 以上
コンテンツのレーティング
全ユーザー対象
インタラクティブな要素
ユーザー インタラクション
提供元
BumpRecorder.com
©2018 Googleサイト利用規約プライバシーデベロッパーアーティストGoogle について|地域: アメリカ合衆国言語: 日本語
このアイテムを購入することにより、Google ペイメントとの取引が発生し、Google ペイメントの利用規約およびプライバシーに関するお知らせに同意したことになります。