捧ぐる詩

 若者がある娘に捧げる詩的小説。長いラブ・レター。
 1970年、若者は娘に出会った。彼は彼女との交際の日々、折に触れて自分の気持をノートに書き綴った。
 長い交際の間、彼は一度、自分から別れを告げた。その時、彼はそのノートを元に本を書いて彼女に捧げる決意をする。
 やがて、彼が本を書き上げる前に、二人は別れた。
 数年後、彼はようやく本の原稿を書き上げた。しかし、彼はその原稿に満足できなかった。
 実際に本に出来たのは、さらに20年以上後だった。
 
 このアプリはandrobookで作成しました。
もっと見る
折りたたむ
読み込み中...

追加情報

ファミリー ライブラリ
共有可能(詳細
更新日
2011年12月24日
サイズ
32k
インストール
1+
現在のバージョン
1.0
Android 要件
1.5 以上
コンテンツのレーティング
全ユーザー対象
インタラクティブな要素
ユーザー インタラクション
提供元
Sosakusya 創作社
開発元
9690101 福島県西白河郡泉崎村大字泉崎字神田1番地
©2019 Googleサイト利用規約プライバシーデベロッパーアーティストGoogle について|地域: アメリカ合衆国言語: 日本語
このアイテムを購入することにより、Google Payments との取引が発生し、Google Payments の利用規約およびプライバシーに関するお知らせに同意したことになります。