LTE Discovery (5G NR)

広告が表示されますアプリ内購入あり
4.2
2.33万 件のレビュー
100万+
ダウンロード数
コンテンツのレーティング
全ユーザー対象
スクリーンショット画像
スクリーンショット画像
スクリーンショット画像
スクリーンショット画像
スクリーンショット画像
スクリーンショット画像
スクリーンショット画像
スクリーンショット画像

このアプリについて

LTE Discoveryは、多くの高度な機能とカスタマイズが利用可能な強力な信号検出および分析ツールです。

主な機能:
-Verizon、AT&T、Sprint、T-Mobile、およびその他のいくつかの国のLTEバンドを識別します(クラウドソース機能とユーザーエイドで追加されたより多くのキャリアのサポート)
-5Gを識別します(サポートされている新しいデバイスの場合)
-QualcommプロセッサとROOTEDを使用する場合、任意の国/プロバイダーのEARFCNとバンドを識別します
-通知バーのライブバンド識別子と信号データ
-セル無線を更新(データ接続をリセット)して、利用可能な最良の信号に接続します*(注:GoogleはLollipop以降に制限を追加したため、ルートが必要になるか、利用できない場合があります)
-さまざまな条件でのモバイルラジオの自動更新
-LTEバンドとGCI(接続および切断)のアラート通知
-LTEログを保存する
-自動ビジュアルロガー(Sprint + Proのみ)
-EARFCNバンド計算機(範囲と正確なULおよびDL周波数)(Pro)
-エクスペリエンスをカスタマイズするための幅広い設定(Pro)
-Advanced LTE、5G、4G、3G、GSM、CDMAデータ(GCI、PCI、TAC、RSRP、RSRQ、バンド、EARFCN、周波数)


免責事項:
-これは、一部のデバイス/キャリアのみに固有の機能を備えた高度なアプリです。サポートと質問とフィードバックを提供してくれたコミュニティに感謝します。
-「利用可能な最良の信号」は、このアプリがLTEまたは5Gを存在しない場所に表示できることを意味するものではありません。 「LTEシグナルブースター」アプリのようなものはありません。実際に発生するのは、古い可能性のある古い接続に接続したままにするのではなく、デバイスに最適なシグナルを再度検索するように強制することです。
-すべてのデバイス/キャリアがLTEバンドおよびその他の高度な信号データでサポートされているわけではありません。これらはそれらのデバイスの制限です。
-現時点では、アプリ内マップは現在地を表示するためにのみ使用されます。ただし、Sprint + Proユーザーにはより多くの機能がある場合があります。より多くのキャリアのサポートは現在活発に開発されています。
-ユーザーレポートによると、Verizonはタワーの場所を提供することがありますが、通常は不正確です。


あなたが業界で働いているなら、あなたが私たちを助けることができるかもしれない知識を持っているならば、私たちに電子メールを送ってください。 (私たちのメールはアプリ内で見つけることができます)


モバイル接続をリセットすることで、継続的な低信号、データ切断、通話品質の低下、信号の不安定性など、ネットワークに関連する多くの一般的な問題を修正できます。また、電話を再起動/再起動してこれらの問題を修正することも、LTEDiscoveryに数秒で無線をリセットさせることもできます。ただし、特にカバレッジがほとんどないキャリアゾーンにいる場合は、信号品質の向上は保証されません。


評価:このアプリが気に入った場合は、5つ星の評価を付けて、+ 1を手伝ってサポートするか、アプリを改善する方法をお知らせください。私たちは常にアプリの改善に取り組んでいます。

サポート:問題に気付いた場合は、アプリ内の[デバッグメールを送信]オプションを使用して、問題とその再現方法について可能な限り多くの情報を提供してください。
最終更新日
2022/03/19

データ セーフティ

データの安全は、デベロッパーによるユーザーデータの収集、共有方法を理解することから始まります。データのプライバシーとセキュリティの方針は、アプリの使用方法、ユーザーの年齢やお住まいの地域によって異なることがあります。この情報はデベロッパーから提供されたもので、更新されることがあります。
第三者と共有されるデータはありません
このアプリは以下の種類のデータを収集することがあります
位置情報、アプリの情報、パフォーマンス
データは送信中に暗号化されます
データを削除するようリクエストできます
4.2
2.33万 件のレビュー
slfmoon waterfire
2020年10月1日
バンドが表示されるはずが、正しく表示されない。 Advanced Logを見るとBandsの欄が (Android 11+) となっている。想像だが、Android11以降 (API ver 21以降)でしか使えない関数を使用してしまっているのでは?ただしアプリ起動後一瞬だけバンド表示されることもあり、よく分からない。実用には堪えない。
36 人のユーザーが、このレビューが役立ったと評価しました
役に立ちましたか?
T T
2020年9月13日
最近のアップデート後、ステータスバーに表示されていた通信バンドが表示されなくなりました。 設定を見ると「access location」のチェックがいつの間にか外れていたり、色々な変更がされていたようです。インストールしていた三台のandroidスマホの全てに同じ症状がでます。早急な改善を希望します。
6 人のユーザーが、このレビューが役立ったと評価しました
役に立ちましたか?
Hiko H.O.
2020年9月7日
設定を適当にアレコレいじったら、真ん中上部にRAKUTEN(回線)と表示される様になりました。まあ、知りたい時だけ起動して楽天回線か否かの確認に使おうと思います。 ただ、以前の様に戻せた方が使い勝手良いと思います。再インストールしても自分はそれだけではダメでした。 Googleの200円補填セールやってた時に購入済みです。
16 人のユーザーが、このレビューが役立ったと評価しました
役に立ちましたか?

最新情報

• Add 1-question survey to help improve the app
• Add ability to disable crash reports
• Bug fixes