路線図プラス

Contains Ads
Translate the description into English (United States) using Google Translate?Translate the description back to Japanese (Japan)

自分の町の交通機関や、知らない土地での交通機関の路線図を地図に重ねて表示
地図と重ねるので、どこを通るのか一目瞭然
さらに、時刻表の通りに車両位置を表示するので、どれくらいの頻度の路線かわかりやすい
各電車の経路も見やすく地図上に表示
旅の予定作りや、見て楽しむだけでもOK
沿線沿いの騒音を想定するとかにもOK
行き当たりばったりの電車やバスの旅にも使えます
通勤、通学での利用や、初めて行く場所での利用
さらに、主要な鉄道遅延情報も通知します。
各駅に画像投稿掲示板を設置しています。
ログインしていただくことでメッセージを残すことが出来るので、駅で起こったことや、お知らせしたいこと等を自由に画像付きで投稿することが出来ます。
メッセージは、一週間で削除します。メッセージは、1駅に1ユーザーが1つだけ書き込むことが出来ます。

路線データは、インターネットから取得出来ます。
用意されていないデータは、パソコンで作成して公開することも可能です。
妄想派の方は、架空鉄道の路線図データを作成すれば、走らせることも可能です。

Twitter
https://twitter.com/WhereTrain

・概要
このアプリは、電車の現在位置が一目でわかる地図アプリです。
時刻表に基づいて、想定位置を計算し表示します。
残念ながら遅延等の位置は、計算出来ないので表現出来ませんが、RSSを拾い対象路線の駅が赤点滅を行うようにしています。
通知内容も確認出来るようになっているので、ご活用下さい。
データは、「WhereTrainBuild」というオープンソースで作成します。
作成したデータは、WhereTrainHUBに登録すると、アプリからロード出来るようになります。
また、公開したくないデータは、Googleドライブにアップロードすることで、取り込むことも可能です。

WhereTrainHUB
https://wheretrainhub.live-on.net/

WhereTrainBuild
https://ja.osdn.net/projects/wheretrainbuild/


・使い方
まずは、路線データをロードして下さい。
左にスライドバーがあるので、このバーのつまみを右にずらすとメニューが現れます。
緑の「路線データ」を押すとロード画面に遷移します。
インターネットより取得ボタンで、WhereTrainHUBよりデータをロードします。
路線データのロードには、多少時間がかかります。ロード完了すると自動表示します。

地図上の駅や電車をタッチすると情報を表示します。
駅の場合、発車する電車リストを表示します。
電車やバスの場合、全行程の発着時刻を表示します。
星マークを選択してから経路ボタンを押すと、地図上に白い点滅で経路を重ねます。
経路は、左のスライド内の経路に追加されます。追加された経路をタッチすることで内容を他アプリに共有します。
各リストの中もタッチ出来るので、色々と試してみて下さい。

日時..電車位置を計算する対象時刻です。タップすると日時を変更出来ます。
日時の下のスライドバーは、経過速度を表します。
1倍速から16倍速まで設定出来ます。左にセットすることで、逆再生も可能です。
日時リセットをタップすると現在日時、1倍速経過時間にリセットします。

地図..数種類選択出来ます。
駅表示..地図上の駅名の表示有無を設定出来ます。
電車表示..地図上の電車名の表示有無を設定出来ます。
路線データ
[電車マーク]..走行電車の表示有無を設定出来ます。
[電車名称チェック]..路線データの表示有無を設定出来ます。
Overlay the route map of transportation in your town or transportation in unknown land on the map
Since it overlaps with the map, it is obvious where to pass
In addition, since the vehicle position is displayed according to the timetable, it is easy to understand how often the route is.
The route of each train is easy to see and displayed on the map
You can schedule your trip or just enjoy it
It is also OK to assume noise along the way
It can also be used for casual train and bus trips
Use for commuting, attending school, or where you first go
In addition, you will be notified of major rail delay information.
Image posting boards are installed at each station.
You can leave a message by logging in, so you can freely post things that happened at the station, things you want to inform, etc. with images.
Messages will be deleted within a week. Only one user can write a message at one station.

Route data can be obtained from the Internet.
You can also create and publish the data that is not prepared on your computer.
If you are a delusional person, you can run it by creating route map data for the fictitious railway.

Twitter
https://twitter.com/WhereTrain

·Overview
This app is a map app that shows the current train position at a glance.
The expected position is calculated and displayed based on the timetable.
Unfortunately, the position of delay etc. can not be expressed because it cannot be calculated, but I pick up RSS and make the station on the target line blink red.
You can also check the notification content, so please use it.
The data is created by open source called "Where Train Build".
The created data can be loaded from the application by registering it in WhereTrainHUB.
You can also upload the data you do not want to publish by uploading it to Google Drive.

WhereTrainHUB
https://wheretrainhub.live-on.net/

WhereTrainBuild
https://ja.osdn.net/projects/wheretrainbuild/


・ How to use
First, load the route data.
There is a slide bar on the left, so if you move the knob on this bar to the right, a menu will appear.
Press the green "Route data" to move to the loading screen.
Click the Get button from the Internet to load the data from WhereTrain HUB.
It takes some time to load the route data. It is automatically displayed when loading is completed.

Information will be displayed by touching the station or train on the map.
For stations, the list of trains departing from is displayed.
For trains and buses, the departure and arrival times for all journeys are displayed.
If you select the star mark and press the route button, the route will be superimposed on the map with white blinking.
The route will be added to the routes in the left slide. Share the content with other apps by touching the added route.
You can also touch in each list, so please try various things.

Date and time ... Target time for calculating train position. You can change the date and time by tapping.
The slide bar below the date and time shows the elapsed speed.
The speed can be set from 1x to 16x. Reverse playback is also possible by setting it to the left.
Tap Reset date and time to reset the current date and time and 1x speed elapsed time.

Map .. Several types can be selected.
Station display .. You can set whether to display the station name on the map.
Train display .. You can set whether to display the train name on the map.
Route data
 [Train mark] .. You can set whether to display running trains.
 [Check train name] .. You can set whether to display the route data.
Read more
Collapse
3.5
11 total
5
4
3
2
1
Loading…

What's New

0.4.54
不具合修正
0.4.49
評価ダイアログの標準化
0.4.47
不具合修正
発着駅の進入停止速度を関数で補間しました
Read more
Collapse

Additional Information

Updated
February 21, 2021
Size
6.9M
Installs
1,000+
Current Version
0.4.54
Requires Android
8.0 and up
Content Rating
Everyone
Interactive Elements
Users Interact
Permissions
Offered By
dangerouswoo
©2021 GoogleSite Terms of ServicePrivacyDevelopersAbout Google|Location: United StatesLanguage: English (United States)
By purchasing this item, you are transacting with Google Payments and agreeing to the Google Payments Terms of Service and Privacy Notice.