Pydroid 3 - IDE for Python 3

全ユーザー対象
4,958
広告を含む
·
アプリ内購入あり
Google 翻訳で説明を日本語 (日本)に翻訳する説明を英語 (アメリカ合衆国)に戻す

Pydroid 3 is the most easy to use and powerful educational Python 3 IDE for Android.

Features:
- Offline Python 3.7 interpreter: no Internet is required to run Python programs.
- Pip package manager and a custom repository for prebuilt wheel packages for enhanced scientific libraries, such as numpy, scipy, matplotlib, scikit-learn and jupyter.
- OpenCV is now available (on devices with Camera2 API support). *
- Tensorflow is also available. *
- Examples available out-of-the-box for quicker learning.
- Complete Tkinter support for GUI.
- Full-featured Terminal Emulator, with a readline support (available in pip).
- Built-in C, C++ and even Fortran compiler designed specially for Pydroid 3. It lets Pydroid 3 build any library from pip, even if it is using native code. You can also build & install dependencies from a command line.
- Cython support.
- PDB debugger with breakpoints and watches.
- Kivy graphical library with a shiny new SDL2 backend.
- PyQt5 support available in Quick Install repository along with matplotlib PyQt5 support with no extra code required.
- Matplotlib Kivy support available in Quick Install repository.
- pygame_sdl2 support (SDL2-based pygame implementation).

Editor features:
- Code prediction, auto indentation and real time code analysis just like in any real IDE. *
- Extended keyboard bar with all symbols you need to program in Python.
- Syntax highlighting & themes.
- Tabs.
- Enhanced code navigation with interactive assignment/definition gotos.
- One click share on Pastebin.

* Features marked by asterisk are available in Premium version only.

Quick manual.
Pydroid 3 requires at least 200MB free internal memory. 220MB+ is recommended. More if you are using heavy libraries such as scipy.
To run debug place breakpoint(s) clicking on the line number.
Kivy is detected with “import kivy”, “from kivy“ or "#Pydroid run kivy”.
PyQt5 is detected with “import PyQt5”, “from PyQt5“ or "#Pydroid run qt”.
The same for sdl2, tkinter and pygame.
There is a special mode "#Pydroid run terminal" to ensure your program runs in terminal mode (this is useful with matplotlib that automatically runs in GUI mode)

Why are some libraries premium-only?
These libraries were extremely hard to port, so we had to ask another developer to do that. Under agreement, his forks of these libraries are provided to the premium users only. If you would like to develop free forks of these libraries - contact us.

Take a part in development of Pydroid 3 by reporting bugs or providing feature requests to us. We appreciate that.

As Pydroid 3 main goal is to help user learn Python 3 programming language, our first priority is porting scientific libraries (so system-related libraries are ported only when they are used as dependencies of some other educational package).

Legal information.
Some binaries in Pydroid 3 APK are licensed under (L)GPL, email us for the source code.
GPL pure Python libraries bundled with Pydroid 3 are considered to be coming in the source code form already.
Pydroid 3 doesn’t bundle any GPL-licensed native modules to avoid automatic import of them. The famous example of such library is GNU readline, that can be installed using pip.
Samples available in the application are free for educational usage with one exception: they, or their derivative works, cannot be used in any competing products (in any way). If you are unsure, whether your app is affected by this restriction, always ask for a permission via email.
Android is a trademark of Google Inc.
Pydroid 3は、Android向けの最も使いやすく強力な教育用Python 3 IDEです。

特徴:
-オフラインPython 3.7インタープリター:Pythonプログラムの実行にインターネットは必要ありません。
-numpy、scipy、matplotlib、scikit-learn、jupyterなどの強化された科学ライブラリ用のビルド済みホイールパッケージ用のPipパッケージマネージャーとカスタムリポジトリ。
-OpenCVが利用可能になりました(Camera2 APIをサポートするデバイスで)。 *
-Tensorflowも利用できます。 *
-すぐに使用できる、すぐに使用可能なサンプル。
-TkinterによるGUIの完全なサポート。
-readlineをサポートするフル機能のターミナルエミュレーター(pipで利用可能)。
-ビルトインC、C ++、およびPydroid 3用に特別に設計されたFortranコンパイラー。ネイティブコードを使用している場合でも、Pydroid 3はpipから任意のライブラリーをビルドできます。コマンドラインから依存関係を構築およびインストールすることもできます。
-Cythonのサポート。
-ブレークポイントとウォッチを備えたPDBデバッガー。
-光沢のある新しいSDL2バックエンドを備えたKivyグラフィカルライブラリ。
-PyQt5サポートは、追加のコードを必要とせずに、matplotlib PyQt5サポートと共にクイックインストールリポジトリで利用可能です。
-Matplotlib Kivyサポートは、クイックインストールリポジトリで利用可能です。
-pygame_sdl2のサポート(SDL2ベースのpygameの実装)。

エディター機能:
-実際のIDEと同じように、コード予測、自動インデント、リアルタイムコード分析。 *
-Pythonでプログラムするために必要なすべての記号を含む拡張キーボードバー。
-構文の強調表示とテーマ。
-タブ。
-インタラクティブな割り当て/定義gotoを使用したコードナビゲーションの強化。
-Pastebinのワンクリック共有。

*アスタリスクでマークされた機能は、プレミアムバージョンでのみ使用できます。

クイックマニュアル。
Pydroid 3には、少なくとも200MBの空き内部メモリが必要です。 220MB以上を推奨します。 scipyなどの重いライブラリを使用している場合はさらに多くなります。
デバッグを実行するには、行番号をクリックしてブレークポイントを配置します。
Kivyは、「import kivy」、「from kivy」、または「#Pydroid run kivy」で検出されます。
PyQt5は、「import PyQt5」、「from PyQt5」、または「#Pydroid run qt」で検出されます。
sdl2、tkinter、pygameでも同じです。
プログラムがターミナルモードで実行されるようにするための特別なモード「#Pydroid run terminal」があります(これは、GUIモードで自動的に実行されるmatplotlibで役立ちます)

一部のライブラリがプレミアムのみなのはなぜですか?
これらのライブラリは移植が非常に困難であったため、別の開発者に移植を依頼する必要がありました。同意のもと、これらのライブラリの彼のフォークはプレミアムユーザーのみに提供されます。これらのライブラリの無料フォークを開発したい場合は、お問い合わせください。

Pydroid 3の開発に参加するには、バグを報告するか、機能のリクエストを当社に提供してください。感謝しています。

Pydroid 3の主な目標はユーザーがPython 3プログラミング言語を習得できるようにすることであるため、私たちの最優先事項は科学ライブラリの移植です(したがって、システム関連ライブラリは他の教育パッケージの依存関係として使用される場合にのみ移植されます)。

法律情報。
Pydroid 3 APKの一部のバイナリは(L)GPLの下でライセンスされています。ソースコードをメールでお送りください。
Pydroid 3にバンドルされているGPL pure Pythonライブラリは、すでにソースコード形式で提供されていると考えられています。
Pydroid 3は、GPLライセンスのネイティブモジュールをバンドルしていないため、自動的にインポートされません。このようなライブラリの有名な例はGNU readlineで、pipを使用してインストールできます。
このアプリケーションで利用可能なサンプルは、教育用に無料で使用できますが、例外が1つあります。これらのサンプルまたはその派生作品は、競合製品では使用できません。アプリがこの制限の影響を受けるかどうかわからない場合は、必ずメールで許可を求めてください。
AndroidはGoogle Inc.の商標です。
もっと見る
折りたたむ
4.5
4,958 件(合計)
5
4
3
2
1
読み込み中...

新機能

Added OpenCV (premium only, Android 7+ only).
Performance of numpy and scipy is now improved using optimized BLAS / LAPACK.
Updated libraries.
Fixed some crashes.
Fixed keyboard input problems.
Fixed terminal clearing bug for some rare devices.
Fixed UTF-8 issues with symbol erase.
もっと見る
折りたたむ

追加情報

更新日
2019年10月27日
サイズ
デバイスにより異なります
インストール
500,000+
現在のバージョン
デバイスにより異なります
Android 要件
デバイスにより異なります
コンテンツのレーティング
全ユーザー対象
インタラクティブな要素
デジタル商品の購入
アプリ内アイテム
$0.99~$9.99/アイテム
提供元
IIEC
©2019 Googleサイト利用規約プライバシーデベロッパーアーティストGoogle について|地域: アメリカ合衆国言語: 日本語
このアイテムを購入することにより、Google Payments との取引が発生し、Google Payments の利用規約およびプライバシーに関するお知らせに同意したことになります。