内容紹介

時代の異端児であり無頼派を代表する作家・坂口安吾が、良妻はもらうな! 悪妻をもらえ!
と自身のこだわりを交えた夫婦論を面白可笑しく綴る。

ほかにも安吾は、遊ぶことの好きな女は魅力があるに決まっている、だから自分は悪妻をもらいたい、と言いながらも、悪妻と言っても知性のない悪妻はだめだと言い放つ!

では、果たして日本の男性は良妻と悪妻をどちらをもらえば幸せになれるのか…!?
安吾が答える!!!

※ 本作品は発表時の時代背景により、今日の社会では一般的でなく不適切と思われる表現が含まれている箇所がございます。しかし作品のオリジナル性を最大限に尊重し、当時のまま忠実に再現することを優先いたしました。

坂口安吾(さかぐち・あんご)

小説家。新潟市西大畑町に生まれる。幼稚園の頃より不登校になり、餓鬼大将として悪戯のかぎりを尽くす。1926年、求道への憧れが強まり、東洋大学印度哲学科に入学するも、過酷な修行の末、悟りを放棄する。1930年、友人らと同人雑誌「言葉」を創刊。1946年、戦後の本質を鋭く把握洞察した『堕落論』『白痴』の発表により、一躍人気作家として表舞台に躍り出る。戦後世相を反映した小説やエッセイ、探偵小説、歴史研究など、多彩な執筆活動を展開する一方、国税局と争ったり、競輪の不正事件を告発したりと、実生活でも世間の注目を浴び続けた。1955年、脳溢血により急死。享年48歳。

内容紹介

主人公の虎二郎は、新聞の「身の上相談」の熱狂的な愛読者であり、投書マニアである。 悩みをでっち上げては投書を繰り返す。貧乏になっても投書がやめられない。

「パチンコに凝るとか競輪に凝るというのもこれも始末にこまるであろうが
津々浦々に同類があまたあってその人間的意義を疑られるには至らないが、
当年、三十八の人生案内狂、ついにチョビヒゲを生やすという存在はいかにも奇怪だ」

虎二郎とその妻がむかえる結末とはいかに。
さすが坂口安吾、と思わせる悲喜劇『人生案内』。
未読の方も、すでに読んだことのある人も、
オーディオブックで『人生案内』をぜひお楽しみください!

※ 本作品は発表時の時代背景により、今日の社会では一般的でなく、
不適切と思われる表現が含まれている箇所がございます。しかし作品の
オリジナル性を最大限に尊重し、当時のまま忠実に再現することを優先いたしました。

坂口安吾(さかぐち・あんご)

小説家。新潟市西大畑町に生まれる。幼稚園の頃より不登校になり、餓鬼大将として悪戯のかぎりを尽くす。1926年、求道への憧れが強まり、東洋大学印度哲学科に入学するも、過酷な修行の末、悟りを放棄する。1930年、友人らと同人雑誌「言葉」を創刊。1946年、戦後の本質を鋭く把握洞察した『堕落論』『白痴』の発表により、一躍人気作家として表舞台に躍り出る。戦後世相を反映した小説やエッセイ、探偵小説、歴史研究など、多彩な執筆活動を展開する一方、国税局と争ったり、競輪の不正事件を告発したりと、実生活でも世間の注目を浴び続けた。1955年、脳溢血により急死。享年48歳。

戦後日本に衝撃を与えた安吾の代表作!

人間は堕落する。
それを防ぐことはできないし、防ぐことによって人を救うことはできない。
人間は生き、人間は堕ちる。そのこと以外の中に人間を救う便利な近道はない。
戦争に負けたから堕ちるのではないのだ。人間だから堕ちるのであり、
生きているから堕ちるだけだ。人は正しく堕ちる道を堕ちきることによって、
自分自身を発見し、救わなければならない。

戦後発表され、絶大な支持を集めた安吾の「堕落論」
“堕ちることにより救われる”という安吾の思想は、
今の時代にこそ聴いておくべき書なのかもしれない!

“堕落しろ”とは、まさに呪縛からの“解放”にほかならない! ■坂口安吾(さかぐち・あんご)
小説家。新潟市西大畑町に生まれる。
幼稚園の頃より不登校になり、餓鬼大将として悪戯のかぎりを尽くす。
1926年、求道への憧れが強まり、東洋大学印度哲学科に入学するも、
過酷な修行の末、悟りを放棄する。1930年、友人らと同人雑誌「言葉」を創刊。
1946年、戦後の本質を鋭く把握洞察した『堕落論』『白痴』の発表により、
一躍人気作家として表舞台に躍り出る。戦後世相を反映した小説やエッセイ、
探偵小説、歴史研究など、多彩な執筆活動を展開する一方、国税局と争ったり、
競輪の不正事件を告発したりと、実生活でも世間の注目を浴び続けた。
1955年、脳溢血により急死。享年48歳。

恋愛というものは常に一時の幻影で、必ず亡び、さめるものだ、
ということを知っている大人の心は不幸なものだ。

恋愛は幻であり、永遠の恋などは嘘の骨頂だとわかっていても、
「それをするな」といい得ない性質のものである。
それをしなければ人生自体がなくなるようなものなのだから。
つまりは、人間は死ぬ、どうせ死ぬものなら早く死んでしまえ、
ということが成り立たないのと同じだ。しかし何度、恋をしたところで、
そのつまらなさが分かるほかに人は偉くなるということもなさそうだ。
むしろその愚劣さによって常に裏切られるばかりであろう。
そのくせ、恋なしに人生は成りたたぬ。 ああ、孤独。

孤独は、人のふるさとだ。恋愛は、人生の花であります。
いかに退屈であろうとも、この外に花はない。

いつの時代も男と女の関係は変わらないものなのかもしれません。
多くの名言を生み出した坂口安吾の「恋愛論」。
オーディオブックでお楽しみください。 ■坂口安吾(さかぐち・あんご)
小説家。新潟市西大畑町に生まれる。
幼稚園の頃より不登校になり、餓鬼大将として悪戯のかぎりを尽くす。
1926年、求道への憧れが強まり、東洋大学印度哲学科に入学するも、
過酷な修行の末、悟りを放棄する。1930年、友人らと同人雑誌「言葉」を創刊。
1946年、戦後の本質を鋭く把握洞察した『堕落論』『白痴』の発表により、
一躍人気作家として表舞台に躍り出る。戦後世相を反映した小説やエッセイ、
探偵小説、歴史研究など、多彩な執筆活動を展開する一方、国税局と争ったり、
競輪の不正事件を告発したりと、実生活でも世間の注目を浴び続けた。
1955年、脳溢血により急死。享年48歳。

1946年に発表された「堕落論」に続く、衝撃の書「続堕落論」!

半世紀以上も前に放たれた安吾からのメッセージ。
天皇制、武士道、戦争、政治…。
既存の道徳に向かい、安吾の視線は常に本質を見抜こうとする。

生々流転、無限なる人間の永遠の未来に対して、我々の一生などは露の命であるにすぎず、その我々が絶対不変の制度だの永遠の幸福を云々し未来に対して約束するなどチョコザイ千万なナンセンスにすぎない。
我々の為しうることは、ただ、少しずつ良くなれということで、人間の堕落の限界も、実は案外、その程度でしか有り得ない。
人は無限に堕ちきれるほど堅牢な精神にめぐまれていない。
何物かカラクリにたよって落下をくいとめずにいられなくなるであろう。
そのカラクリをつくり、そのカラクリをくずし、そして人間はすすむ。
堕落は制度の母胎であり、そのせつない人間の実相を我々は先ず最もきびしく見つめることが必要なだけだ。

戦後日本の思想に多大な影響を与えた「続堕落論」をオーディオ化!

“堕落しろ”とは、まさに呪縛からの“解放”にほかならない!

■坂口安吾(さかぐち・あんご)
小説家。新潟市西大畑町に生まれる。
幼稚園の頃より不登校になり、餓鬼大将として悪戯のかぎりを尽くす。
1926年、求道への憧れが強まり、東洋大学印度哲学科に入学するも、
過酷な修行の末、悟りを放棄する。1930年、友人らと同人雑誌「言葉」を創刊。
1946年、戦後の本質を鋭く把握洞察した『堕落論』『白痴』の発表により、
一躍人気作家として表舞台に躍り出る。戦後世相を反映した小説やエッセイ、
探偵小説、歴史研究など、多彩な執筆活動を展開する一方、国税局と争ったり、
競輪の不正事件を告発したりと、実生活でも世間の注目を浴び続けた。
1955年、脳溢血により急死。享年48歳。

内容紹介

青春という誰もが一度は経験する一生の中で激しくも短い曖昧な時間を
無頼派で知られる作家・坂口安吾が、宮本武蔵の逸話を例に出しながら
独自の感性で語る。

『青春再びかえらず、とはひどく綺麗な話だけれども、
青春永遠に去らず、とは切ない話である……』

誰もが納得しうるような文章は、同時に誰の言葉にも似ることがなく、
安吾の放つ言葉にはいつの時代も斬新さと人間の奥深さを秘めている。

※ 本作品は発表時の時代背景により、今日の社会では一般的でなく、
不適切と思われる表現が含まれている箇所がございます。しかし作品の
オリジナル性を最大限に尊重し、当時のまま忠実に再現することを優先いたしました。

坂口安吾(さかぐち・あんご)

小説家。新潟市西大畑町に生まれる。幼稚園の頃より不登校になり、餓鬼大将として悪戯のかぎりを尽くす。1926年、求道への憧れが強まり、東洋大学印度哲学科に入学するも、過酷な修行の末、悟りを放棄する。1930年、友人らと同人雑誌「言葉」を創刊。1946年、戦後の本質を鋭く把握洞察した『堕落論』『白痴』の発表により、一躍人気作家として表舞台に躍り出る。戦後世相を反映した小説やエッセイ、探偵小説、歴史研究など、多彩な執筆活動を展開する一方、国税局と争ったり、競輪の不正事件を告発したりと、実生活でも世間の注目を浴び続けた。1955年、脳溢血により急死。享年48歳。

内容紹介

主人公の虎二郎は、新聞の「身の上相談」の熱狂的な愛読者であり、投書マニアである。 悩みをでっち上げては投書を繰り返す。貧乏になっても投書がやめられない。

「パチンコに凝るとか競輪に凝るというのもこれも始末にこまるであろうが
津々浦々に同類があまたあってその人間的意義を疑られるには至らないが、
当年、三十八の人生案内狂、ついにチョビヒゲを生やすという存在はいかにも奇怪だ」

虎二郎とその妻がむかえる結末とはいかに。
さすが坂口安吾、と思わせる悲喜劇『人生案内』。
未読の方も、すでに読んだことのある人も、
オーディオブックで『人生案内』をぜひお楽しみください!

※ 本作品は発表時の時代背景により、今日の社会では一般的でなく、
不適切と思われる表現が含まれている箇所がございます。しかし作品の
オリジナル性を最大限に尊重し、当時のまま忠実に再現することを優先いたしました。

坂口安吾(さかぐち・あんご)

小説家。新潟市西大畑町に生まれる。幼稚園の頃より不登校になり、餓鬼大将として悪戯のかぎりを尽くす。1926年、求道への憧れが強まり、東洋大学印度哲学科に入学するも、過酷な修行の末、悟りを放棄する。1930年、友人らと同人雑誌「言葉」を創刊。1946年、戦後の本質を鋭く把握洞察した『堕落論』『白痴』の発表により、一躍人気作家として表舞台に躍り出る。戦後世相を反映した小説やエッセイ、探偵小説、歴史研究など、多彩な執筆活動を展開する一方、国税局と争ったり、競輪の不正事件を告発したりと、実生活でも世間の注目を浴び続けた。1955年、脳溢血により急死。享年48歳。

戦時下という過酷な環境の中、あぶり出される人間の本性。
人間とはどのような生き物なのか。そしてどのように生きていくべきなのか。
無頼派の旗手・坂口安吾の代表作『白痴』のオーディオブックです!

舞台は戦時下の東京──
ある日、伊沢は帰宅してみると、押入れの中に、
隣家に暮らす白痴の女が隠れていることに気づく。
そして困惑しつつもその白痴の女を自分の家に囲うことに…。

迫り来る米軍機。空襲──
どのような状況下にあっても、人は生きていくかぎり、
孤独と肉欲の螺旋から逃れることはできない。
人は他者と真の意味で理解し合うことはできるのか…?

爆撃により炎に包まれる街。その中を白痴の女とともに逃げまわる。
女を置いて立去ることもできたが、それすらも面倒く感じる。
人が物を捨てるには、たとえば紙屑を捨てるにしても、捨てるだけの
]張合いと潔癖ぐらいはあるだろう。白痴の女に対し、微塵の愛情もなかったし、
未練もなかったが、捨てるだけの張合いもなかった…。
たとえば女を捨ててみても、どこかの場所に何か希望があるのだろうか。
何をたよりに生きるのだろうか…。
人は、なんと愚かで、そしてなんともの悲しい生き物なのか。
しかし、それでも人は生きていかねばならない。 ※ 本作品は発表時の時代背景により、今日の社会では一般的でなく、
不適切と思われる表現が含まれている箇所がございます。しかし作品の
オリジナル性を最大限に尊重し、当時のまま忠実に再現することを優先いたしました。

■坂口安吾(さかぐち・あんご)
小説家。新潟市西大畑町に生まれる。
幼稚園の頃より不登校になり、餓鬼大将として悪戯のかぎりを尽くす。
1926年、求道への憧れが強まり、東洋大学印度哲学科に入学するも、
過酷な修行の末、悟りを放棄する。1930年、友人らと同人雑誌「言葉」を創刊。
1946年、戦後の本質を鋭く把握洞察した『堕落論』『白痴』の発表により、
一躍人気作家として表舞台に躍り出る。戦後世相を反映した小説やエッセイ、
探偵小説、歴史研究など、多彩な執筆活動を展開する一方、国税局と争ったり、
競輪の不正事件を告発したりと、実生活でも世間の注目を浴び続けた。
1955年、脳溢血により急死。享年48歳。

内容紹介

ここで言われている予告殺人とは、戦争において使われた原爆や空襲のことである。

「国民の楽天性はとてもアメリカの爆弾だけでは手に負えまい」

アメリカと日本の風土の違いを比べ、日本が戦時中に
どんな心持ちで生活を送っていたかなど、日本人特有の
性分をユーモアと皮肉をたっぷり込めて坂口安吾が描く!

※ 本作品は発表時の時代背景により、今日の社会では一般的でなく、
不適切と思われる表現が含まれている箇所がございます。しかし作品の
オリジナル性を最大限に尊重し、当時のまま忠実に再現することを優先いたしました。

坂口安吾(さかぐち・あんご)

小説家。新潟市西大畑町に生まれる。幼稚園の頃より不登校になり、餓鬼大将として悪戯のかぎりを尽くす。1926年、求道への憧れが強まり、東洋大学印度哲学科に入学するも、過酷な修行の末、悟りを放棄する。1930年、友人らと同人雑誌「言葉」を創刊。1946年、戦後の本質を鋭く把握洞察した『堕落論』『白痴』の発表により、一躍人気作家として表舞台に躍り出る。戦後世相を反映した小説やエッセイ、探偵小説、歴史研究など、多彩な執筆活動を展開する一方、国税局と争ったり、競輪の不正事件を告発したりと、実生活でも世間の注目を浴び続けた。1955年、脳溢血により急死。享年48歳。

内容紹介

「男女の交際とても人生万事元は一つで、
まず己れを知る生活から始まらなければならない」

と、説いた無頼派作家・坂口安吾は、恋愛や人生というものは
結局、最後は一人になってしまう孤独なものだと断言する。
人はいかにして自らの人生を生きていくかを考えながら
日々、生活をしなければならない。

それは若者たちによって美化され、大人たちによって現実の虚空へと変わってしまう…。
坂口安吾独自の感性が活きる、日本人としての恋愛観、人生観を綴った作品。

※ 本作品は発表時の時代背景により、今日の社会では一般的でなく、
不適切と思われる表現が含まれている箇所がございます。しかし作品の
オリジナル性を最大限に尊重し、当時のまま忠実に再現することを優先いたしました。

坂口安吾(さかぐち・あんご)

小説家。新潟市西大畑町に生まれる。幼稚園の頃より不登校になり、餓鬼大将として悪戯のかぎりを尽くす。1926年、求道への憧れが強まり、東洋大学印度哲学科に入学するも、過酷な修行の末、悟りを放棄する。1930年、友人らと同人雑誌「言葉」を創刊。1946年、戦後の本質を鋭く把握洞察した『堕落論』『白痴』の発表により、一躍人気作家として表舞台に躍り出る。戦後世相を反映した小説やエッセイ、探偵小説、歴史研究など、多彩な執筆活動を展開する一方、国税局と争ったり、競輪の不正事件を告発したりと、実生活でも世間の注目を浴び続けた。1955年、脳溢血により急死。享年48歳。

内容紹介

時代の異端児であり無頼派を代表する作家・坂口安吾が、良妻はもらうな! 悪妻をもらえ!
と自身のこだわりを交えた夫婦論を面白可笑しく綴る。

ほかにも安吾は、遊ぶことの好きな女は魅力があるに決まっている、だから自分は悪妻をもらいたい、と言いながらも、悪妻と言っても知性のない悪妻はだめだと言い放つ!

では、果たして日本の男性は良妻と悪妻をどちらをもらえば幸せになれるのか…!?
安吾が答える!!!

※ 本作品は発表時の時代背景により、今日の社会では一般的でなく不適切と思われる表現が含まれている箇所がございます。しかし作品のオリジナル性を最大限に尊重し、当時のまま忠実に再現することを優先いたしました。

坂口安吾(さかぐち・あんご)

小説家。新潟市西大畑町に生まれる。幼稚園の頃より不登校になり、餓鬼大将として悪戯のかぎりを尽くす。1926年、求道への憧れが強まり、東洋大学印度哲学科に入学するも、過酷な修行の末、悟りを放棄する。1930年、友人らと同人雑誌「言葉」を創刊。1946年、戦後の本質を鋭く把握洞察した『堕落論』『白痴』の発表により、一躍人気作家として表舞台に躍り出る。戦後世相を反映した小説やエッセイ、探偵小説、歴史研究など、多彩な執筆活動を展開する一方、国税局と争ったり、競輪の不正事件を告発したりと、実生活でも世間の注目を浴び続けた。1955年、脳溢血により急死。享年48歳。

内容紹介

戦後を代表する文学作家・坂口安吾が、不感症の女と貞操観念ない男の
生活と思考を通して、肉欲に溺れていくことへの限界と自分自身の
生き様への限界を美しくも虚しく綴っている。

人を求めることへの恐怖心、否定しながらも肯定し続けていかなければならない
人間の人生というものへの苦悩を“海”という自然界の姿をモチーフに感じさせてくれる。

※ 本作品は発表時の時代背景により、今日の社会では一般的でなく、
不適切と思われる表現が含まれている箇所がございます。しかし作品の
オリジナル性を最大限に尊重し、当時のまま忠実に再現することを優先いたしました。

坂口安吾(さかぐち・あんご)

小説家。新潟市西大畑町に生まれる。幼稚園の頃より不登校になり、餓鬼大将として悪戯のかぎりを尽くす。1926年、求道への憧れが強まり、東洋大学印度哲学科に入学するも、過酷な修行の末、悟りを放棄する。1930年、友人らと同人雑誌「言葉」を創刊。1946年、戦後の本質を鋭く把握洞察した『堕落論』『白痴』の発表により、一躍人気作家として表舞台に躍り出る。戦後世相を反映した小説やエッセイ、探偵小説、歴史研究など、多彩な執筆活動を展開する一方、国税局と争ったり、競輪の不正事件を告発したりと、実生活でも世間の注目を浴び続けた。1955年、脳溢血により急死。享年48歳。

©2019 GoogleSite Terms of ServicePrivacyDevelopersArtistsAbout Google|Location: United StatesLanguage: English (United States)
By purchasing this item, you are transacting with Google Payments and agreeing to the Google Payments Terms of Service and Privacy Notice.