#1 New York Times Bestseller

Over 2 million copies sold

In this generation-defining self-help guide, a superstar blogger cuts through the crap to show us how to stop trying to be "positive" all the time so that we can truly become better, happier people.

For decades, we’ve been told that positive thinking is the key to a happy, rich life. "F**k positivity," Mark Manson says. "Let’s be honest, shit is f**ked and we have to live with it." In his wildly popular Internet blog, Manson doesn’t sugarcoat or equivocate. He tells it like it is—a dose of raw, refreshing, honest truth that is sorely lacking today. The Subtle Art of Not Giving a F**k is his antidote to the coddling, let’s-all-feel-good mindset that has infected modern society and spoiled a generation, rewarding them with gold medals just for showing up.

Manson makes the argument, backed both by academic research and well-timed poop jokes, that improving our lives hinges not on our ability to turn lemons into lemonade, but on learning to stomach lemons better. Human beings are flawed and limited—"not everybody can be extraordinary, there are winners and losers in society, and some of it is not fair or your fault." Manson advises us to get to know our limitations and accept them. Once we embrace our fears, faults, and uncertainties, once we stop running and avoiding and start confronting painful truths, we can begin to find the courage, perseverance, honesty, responsibility, curiosity, and forgiveness we seek.

There are only so many things we can give a f**k about so we need to figure out which ones really matter, Manson makes clear. While money is nice, caring about what you do with your life is better, because true wealth is about experience. A much-needed grab-you-by-the-shoulders-and-look-you-in-the-eye moment of real-talk, filled with entertaining stories and profane, ruthless humor, The Subtle Art of Not Giving a F**k is a refreshing slap for a generation to help them lead contented, grounded lives.

Finalist for the Pulitzer Prize
This stunning historical account of the forty-year battle between Comanche Indians and white settlers for control of the American West was a major New York Times bestseller.

In the tradition of Bury My Heart at Wounded Knee, a stunningly vivid historical account of the forty-year battle between Comanche Indians and white settlers for control of the American West, centering on Quanah, the greatest Comanche chief of them all.

S. C. Gwynne’s Empire of the Summer Moon spans two astonishing stories. The first traces the rise and fall of the Comanches, the most powerful Indian tribe in American history. The second entails one of the most remarkable narratives ever to come out of the Old West: the epic saga of the pioneer woman Cynthia Ann Parker and her mixed-blood son Quanah, who became the last and greatest chief of the Comanches.

Although readers may be more familiar with the tribal names Apache and Sioux, it was in fact the legendary fighting ability of the Comanches that determined just how and when the American West opened up. Comanche boys became adept bareback riders by age six; full Comanche braves were considered the best horsemen who ever rode. They were so masterful at war and so skillful with their arrows and lances that they stopped the northern drive of colonial Spain from Mexico and halted the French expansion westward from Louisiana. White settlers arriving in Texas from the eastern United States were surprised to find the frontier being rolled backward by Comanches incensed by the invasion of their tribal lands. So effective were the Comanches that they forced the creation of the Texas Rangers and account for the advent of the new weapon specifically designed to fight them: the six-gun.

The war with the Comanches lasted four decades, in effect holding up the development of the new American nation. Gwynne’s exhilarating account delivers a sweeping narrative that encompasses Spanish colonialism, the Civil War, the destruction of the buffalo herds, and the arrival of the railroads—a historical feast for anyone interested in how the United States came into being.

Against this backdrop Gwynne presents the compelling drama of Cynthia Ann Parker, a lovely nine-year-old girl with cornflower-blue eyes who was kidnapped by Comanches from the far Texas frontier in 1836. She grew to love her captors and became infamous as the “White Squaw” who refused to return until her tragic capture by Texas Rangers in 1860. More famous still was her son Quanah, a warrior who was never defeated and whose guerrilla wars in the Texas Panhandle made him a legend.

S. C. Gwynne’s account of these events is meticulously researched, intellectually provocative, and, above all, thrillingly told. Empire of the Summer Moon announces him as a major new writer of American history.

The War of the Worlds is a science fiction novel by English author Herbert George Wells, first serialized in 1897 by Pearson's Magazine in the UK and by Cosmopolitan magazine in the US. The novel's first appearance in hardcover was in 1898 from publisher William Heinemann of London. Written between 1895 and 1897,it is one of the earliest stories to detail a conflict between mankind and an extraterrestrial race.The novel is the first-person narrative of both an unnamed protagonist in Surrey and of his younger brother in London as southern England is invaded by Martians. The novel is one of the most commented-on works in the science fiction canon.

Wells trained as a science teacher during the latter half of the 1880s. One of his teachers was T. H. Huxley, famous as a major advocate of Darwinism.

The scientific fascinations of the novel are established in the opening chapter where the narrator views Mars through a telescope, and Wells offers the image of the superior Martians having observed human affairs, as though watching tiny organisms through a microscope. Ironically it is microscopic Earth lifeforms that finally prove deadly to the Martian invasion force. In 1894 a French astronomer observed a 'strange light' on Mars, and published his findings in the scientific journal Nature on the second of August that year. Wells used this observation to open the novel, imagining these lights to be the launching of the Martian cylinders toward Earth. American astronomer Percival Lowell published the book Mars in 1895 suggesting features of the planet's surface observed through telescopes might be canals. He speculated that these might be irrigation channels constructed by a sentient life form to support existence on an arid, dying world, similar to that which Wells suggests the Martians have left behind. The novel also presents ideas related to Charles Darwin's theory of natural selection, both in specific ideas discussed by the narrator, and themes explored by the story.

Among the most significant works H. G. Wells: The Outline of History, The Country of the Blind, The Red Room, The Time Machine, The Invisible Man, The War of the Worlds, The Island of Doctor Moreau, The First Men in the Moon, The Shape of Things to Come, When the Sleeper Wakes. 

#1 New York Times Bestseller

Over 2 million copies sold

In this generation-defining self-help guide, a superstar blogger cuts through the crap to show us how to stop trying to be "positive" all the time so that we can truly become better, happier people.

For decades, we’ve been told that positive thinking is the key to a happy, rich life. "F**k positivity," Mark Manson says. "Let’s be honest, shit is f**ked and we have to live with it." In his wildly popular Internet blog, Manson doesn’t sugarcoat or equivocate. He tells it like it is—a dose of raw, refreshing, honest truth that is sorely lacking today. The Subtle Art of Not Giving a F**k is his antidote to the coddling, let’s-all-feel-good mindset that has infected modern society and spoiled a generation, rewarding them with gold medals just for showing up.

Manson makes the argument, backed both by academic research and well-timed poop jokes, that improving our lives hinges not on our ability to turn lemons into lemonade, but on learning to stomach lemons better. Human beings are flawed and limited—"not everybody can be extraordinary, there are winners and losers in society, and some of it is not fair or your fault." Manson advises us to get to know our limitations and accept them. Once we embrace our fears, faults, and uncertainties, once we stop running and avoiding and start confronting painful truths, we can begin to find the courage, perseverance, honesty, responsibility, curiosity, and forgiveness we seek.

There are only so many things we can give a f**k about so we need to figure out which ones really matter, Manson makes clear. While money is nice, caring about what you do with your life is better, because true wealth is about experience. A much-needed grab-you-by-the-shoulders-and-look-you-in-the-eye moment of real-talk, filled with entertaining stories and profane, ruthless humor, The Subtle Art of Not Giving a F**k is a refreshing slap for a generation to help them lead contented, grounded lives.

"These guys are intense. And they bring that same fire to their narration in the audiobook. Listen to these insanely competent SEAL officers tell you exactly how to make a team successful through their firsthand experiences in business and combat." - The Hustle

An updated edition of the blockbuster bestselling leadership audiobook that took America and the world by storm, two U.S. Navy SEAL officers who led the most highly decorated special operations unit of the Iraq War demonstrate how to apply powerful leadership principles from the battlefield to business and life.

Combat, the most intense and dynamic environment imaginable, teaches the toughest leadership lessons, with absolutely everything at stake. Jocko Willink and Leif Babin learned this reality first-hand on the most violent and dangerous battlefield in Iraq. As leaders of SEAL Team Three’s Task Unit Bruiser, their mission was one many thought impossible: help U.S. forces secure Ramadi, a violent, insurgent-held city deemed “all but lost.” In gripping, firsthand accounts of heroism, tragic loss, and hard-won victories, they learned that leadership—at every level—is the most important factor in whether a team succeeds or fails.

Willink and Babin returned home from deployment and instituted SEAL leadership training to pass on their harsh lessons learned in combat to help forge the next generation of SEAL leaders. After leaving the SEAL Teams, they launched a company, Echelon Front, to teach those same leadership principles to leaders in businesses, companies, and organizations across the civilian sector. Since that time, they have trained countless leaders and worked with hundreds of companies in virtually every industry across the U.S. and internationally, teaching them how to develop their own high-performance teams and most effectively lead those teams to dominate their battlefields.

Since it’s release in October 2015, Extreme Ownership has revolutionized leadership development and set a new standard for literature on the subject. Required listening for many of the most successful organizations, it has become an integral part of the official leadership training programs for scores of business teams, military units, and first responders. Detailing the mindset and principles that enable SEAL units to accomplish the most difficult combat missions, Extreme Ownership demonstrates how to apply them to any team or organization, in any leadership environment. A compelling narrative with powerful instruction and direct application, Extreme Ownership challenges leaders everywhere to fulfill their ultimate purpose: lead and win.

The instant New York Times bestseller

Tiny Changes, Remarkable Results

No matter your goals, Atomic Habits offers a proven framework for improving--every day. James Clear, one of the world's leading experts on habit formation, reveals practical strategies that will teach you exactly how to form good habits, break bad ones, and master the tiny behaviors that lead to remarkable results.

If you're having trouble changing your habits, the problem isn't you. The problem is your system. Bad habits repeat themselves again and again not because you don't want to change, but because you have the wrong system for change. You do not rise to the level of your goals. You fall to the level of your systems. Here, you'll get a proven system that can take you to new heights.

Clear is known for his ability to distill complex topics into simple behaviors that can be easily applied to daily life and work. Here, he draws on the most proven ideas from biology, psychology, and neuroscience to create an easy-to-understand guide for making good habits inevitable and bad habits impossible. Along the way, readers will be inspired and entertained with true stories from Olympic gold medalists, award-winning artists, business leaders, life-saving physicians, and star comedians who have used the science of small habits to master their craft and vault to the top of their field.

Learn how to:
• make time for new habits (even when life gets crazy);
• overcome a lack of motivation and willpower;
• design your environment to make success easier;
• get back on track when you fall off course;
...and much more.

Atomic Habits will reshape the way you think about progress and success, and give you the tools and strategies you need to transform your habits--whether you are a team looking to win a championship, an organization hoping to redefine an industry, or simply an individual who wishes to quit smoking, lose weight, reduce stress, or achieve any other goal.
From the #1 New York Times bestselling author of A Discovery of Witches—now a hit TV series on AMC and BBC America, and streaming on Sundance Now and Shudder—comes a novel about what it takes to become a vampire. 

On the battlefields of the American Revolution, Matthew de Clermont meets Marcus MacNeil, a young surgeon from Massachusetts, during a moment of political awakening when it seems that the world is on the brink of a brighter future. When Matthew offers him a chance at immortality and a new life free from the restraints of his puritanical upbringing, Marcus seizes the opportunity to become a vampire. But his transformation is not an easy one and the ancient traditions and responsibilities of the de Clermont family clash with Marcus's deeply held beliefs in liberty, equality, and brotherhood.

Fast-forward to contemporary Paris, where Phoebe Taylor--the young employee at Sotheby's whom Marcus has fallen for--is about to embark on her own journey to immortality. Though the modernized version of the process at first seems uncomplicated, the couple discovers that the challenges facing a human who wishes to be a vampire are no less formidable than they were in the eighteenth century. The shadows that Marcus believed he'd escaped centuries ago may return to haunt them both--forever.

A passionate love story and a fascinating exploration of the power of tradition and the possibilities not just for change but for revolution, Time's Convert channels the supernatural world-building and slow-burning romance that made the All Souls Trilogy instant bestsellers to illuminate a new and vital moment in history, and a love affair that will bridge centuries.
From the #1 New York Times bestselling author of Seeing Red comes Hello, Darkness, a brilliant, fast-paced tale about a woman haunted by her past and caught in a nightmare that threatens to destroy her future.

For Paris Gibson, her popular late-night radio show is both an escape and her one real contact with the outside world. To her loyal listeners, she is a wise and trusted friend who not only takes their requests but listens to their problems and occasionally dispenses advice.

Paris’s world of isolation is shattered when one listener—a man who identifies himself only as “Valentino”—tells her that the girl he loves jilted him because of Paris's on-air advice. Now he intends to exact his revenge: first he plans to kill the girl—then he will come after Paris.

Joined by the Austin police department, Paris plunges into a race against time in an effort to find Valentino before he can carry out his threat. To her dismay, she finds that she must now work with crime psychologist Dean Malloy, a man with whom she shares a history. His presence arouses old passions, forcing Paris to confront painful memories that she had come to Austin to forget.

As the clock ticks down and Valentino’s threats come closer to becoming reality, Paris finds herself forced to deal with a killer who may not be a stranger at all.

Tense and compelling right up to the chilling climax, Hello, Darkness is suspense at its very best, by the author USA TODAY dubbed “a masterful storyteller, carefully crafting tales that keep readers on the edge of their seats.”

内容紹介

舞台は1887年の春、“四つの誓い”の直前、
ワトソン結婚前に起こった事件!
療養に訪れた先で事件が起こる!
ホームズオーディオブックシリーズ第14弾!

「運命の神は君に反対だとさ、ワトソン」 (by ホームズ)

...。o○
ヨーロッパ中を震撼させた大事件を解決したホームズ。
その名はヨーロッパ中に響き渡っていた。しかし、その代償は大きく、
ホームズは過労の為、神経症になってしまった。見かねたワトソンは、
彼に転地療養を勧め、ライギットにいるかつての戦友のもとを訪ねる。
しかし、事件はホームズを放ってはおかなかった。

ワトソンが反対する中、事件が舞い込んでくる。大地主の家に
次々と強盗が入った。2件目の強盗でついに使用人が殺害される。
そして事件によってホームズの目は再び輝きを取り戻すのであった。
残された謎のメモの断片…。ホームズの推理が見事に冴え渡る!

『ライギット・パズル』(原題:THE REIGATE PUZZLE)は、
「ライゲートの謎」や「ライゲイトの大地主」などの邦題で知られる。
ちなみに“ライゲート”は間違った発音で、現地での発音は“ライギット”である。

(1893年6月初出)ストランド・マガジン「シャーロック・ホームズの記憶」より
First published in the Strand Magazine、 June. 1893

収録内容

Track1 : ライギットでの療養/(11:22)
Track2 : 紙切れの謎/(10:14)
Track3 : カニンガム邸/(8:57)
Track4 : 君の仕業か、ワトソン/(7:39)
Track5 : ホームズの推理/(8:05)
Track6 : パズルの完成/(10:05)

原作:アーサー・コナン・ドイル

1859年生まれ。1930年没。エジンバラ生まれ。医師として開業後、
ホームズものの最初の作品「緋のエチュード」を発表し、その後、
「ストランド・マガジン」にホームズものが連載される。冷静で鋭い
ホームズとさえないが温厚なワトソンが難事件に挑むこのシリーズは
70編近くある。ホームズのシリーズが与えた影響は探偵小説にとどまらない。
シリーズに関しては詳細な研究がされており、シャーロッキアンと呼ばれる
ファンが世界中にいる。ホームズものに関する辞典は何冊も出され、
ホームズものを題材にした本もまた数多い。ドイルによって書かれた
「聖典」の他に、多くの作家がパスティッシュやパロディを発表した。
(青空文庫より)

翻訳者:大久保ゆう(おおくぼ・ゆう)

1982年生まれ。高校1年時より翻訳を始め、以来、各種翻訳を
クリエイティブコモンズライセンスにて広く提供しつづけ、個人・
企業などで様々に 活用されている。現在は研究者として翻訳研究に
携わるとともに、フリーランスの翻訳家・執筆家としても活動中。

内容紹介

大学時代の若きホームズが活躍する
ホームズオーディオブックシリーズ第9弾!

ある日、ホームズがワトソンに手渡した『グローリア・スコット号』の怪事件の資料。
それは巻紙に書かれた奇妙な手紙だった。

“もはや鶏肉は順調にすべてロンドンへ出荷が終わった。
狩場の主任のハドソンは蠅取紙の注文の一切を必ず受けると知らせた。
あなたの雌雉が危ないので主任に命じて高飛びを助けて落ちないようにしろ”

この謎に満ちた手紙を読んだ親友の父は、卒倒して亡くなったという。
「この事件を研究する理由があるのかね?」と聞くワトソンに、ホームズはこう答えた。
「これは僕の手がけた最初の事件なのだ」と。

こうしてホームズは、探偵となる事を決意した最初の事件を語り始めた…。

収録内容

01. そういえば資料がある
02. トレーヴァの父を推理する
03. 水夫ハドソンの謎
04. 巻紙の手紙の解読
05. グローリア・スコット号
06. ジャック・プレンダギャスト
07. 助けた男

原作:アーサー・コナン・ドイル

1859年生まれ。1930年没。エジンバラ生まれ。医師として開業後、
ホームズものの最初の作品「緋のエチュード」を発表し、その後、
「ストランド・マガジン」にホームズものが連載される。冷静で鋭い
ホームズとさえないが温厚なワトソンが難事件に挑むこのシリーズは
70編近くある。ホームズのシリーズが与えた影響は探偵小説にとどまらない。
シリーズに関しては詳細な研究がされており、シャーロッキアンと呼ばれる
ファンが世界中にいる。ホームズものに関する辞典は何冊も出され、
ホームズものを題材にした本もまた数多い。ドイルによって書かれた
「聖典」の他に、多くの作家がパスティッシュやパロディを発表した。
(青空文庫より)

翻訳者:大久保ゆう(おおくぼ・ゆう)

1982年生まれ。高校1年時より翻訳を始め、以来、各種翻訳を
クリエイティブコモンズライセンスにて広く提供しつづけ、個人・
企業などで様々に 活用されている。現在は研究者として翻訳研究に
携わるとともに、フリーランスの翻訳家・執筆家としても活動中。

内容紹介

コナン・ドイル自薦第3位の名作!ここに蘇る!

踊る人形の暗号をホームズはいかに解読したのか!?
あなたはこの暗号を解読できるか…!?
著作権フリーの三上於菟吉訳を、若き翻訳家:大久保ゆうが現代語に改訳!
朗読は、七色の声を持つ声優ナレーター・佐々木健がホームズ&ワトソンを演じます。
また、ゲストに声優ナレーター・平田絵里子さんを迎えています。
前作「赤毛連盟」に継ぐ、ホームズシリーズ第2弾!

収録内容

1、不思議な記号の書かれた紙
2、妻の秘密
3、新たなる踊る人形
4、リドリング・ソープ荘園へ
5、火薬の匂いと銃弾
6、暗号解読
7、アメリカ人

原作:アーサー・コナン・ドイル

1859年生まれ。1930年没。エジンバラ生まれ。医師として開業後、
ホームズものの最初の作品「緋のエチュード」を発表し、その後、
「ストランド・マガジン」にホームズものが連載される。冷静で鋭い
ホームズとさえないが温厚なワトソンが難事件に挑むこのシリーズは
70編近くある。ホームズのシリーズが与えた影響は探偵小説にとどまらない。
シリーズに関しては詳細な研究がされており、シャーロッキアンと呼ばれる
ファンが世界中にいる。ホームズものに関する辞典は何冊も出され、
ホームズものを題材にした本もまた数多い。ドイルによって書かれた
「聖典」の他に、多くの作家がパスティッシュやパロディを発表した。
(青空文庫より)

翻訳者:大久保ゆう(おおくぼ・ゆう)

1982年生まれ。高校1年時より翻訳を始め、以来、各種翻訳を
クリエイティブコモンズライセンスにて広く提供しつづけ、個人・
企業などで様々に 活用されている。現在は研究者として翻訳研究に
携わるとともに、フリーランスの翻訳家・執筆家としても活動中。

内容紹介

少ない手がかりからホームズが導き出した答えは!?
聴き応え充分のホームズオーディオブックシリーズ第12弾!

「推理の結果がそばにいる者にとって目を見はるようになるのは、
その者が演繹の基点となるささいな一点を見逃しているからだよ」 (by ホームズ)

...。o○
ジョン・H・ワトソン・36歳、シャーロック・ホームズ・34歳の頃のことである。
『ボヘミアの醜聞』の事件の翌月にあたる、ある夜──。

シャーロック・ホームズはワトソンの家を訪問する。
バークレー大佐が殺された事件を手伝ってほしいという。
大佐は自宅で死体となって発見された。
その前に夫人と口論する声を使用人達が聞いてる。
しかし夫人は意識を失っている。夫人の叫んだ「デイヴィド」という言葉。
現場に残された動物の足跡。モリスン嬢と、猫背の男の証言。
本当に“曲れる者(CROOKED MAN)”とはいったい誰なのか…!?
奇怪な事件の真相にホームズが迫る!

『曲れる者』(原題:THE CROOKED MAN)は、『背中の曲った男』
『背の曲った男』などの邦題で知られている。
(1893年7月初出/「シャーロック・ホームズの記憶」より)
First published in the Strand Magazine、 July. 1893

収録内容

Track1 : 夜の訪問者/(7:06)
Track2 : バークリー大佐 殺人事件/(10:27)
Track3 : 足跡の謎/(10:57)
Track4 : モリスン嬢の告白/(7:47)
Track5 : 曲れる者/(9:56)
Track6 : ウリヤとバト・シェバの挿話/(7:10)

朗読は佐々木健。そしてゲストに声優として活躍中の中上育実。
バークリ夫人、モリスン嬢、ベイカー街少年団のシンプソンの3役を好演!!!

原作:アーサー・コナン・ドイル

1859年生まれ。1930年没。エジンバラ生まれ。医師として開業後、
ホームズものの最初の作品「緋のエチュード」を発表し、その後、
「ストランド・マガジン」にホームズものが連載される。冷静で鋭い
ホームズとさえないが温厚なワトソンが難事件に挑むこのシリーズは
70編近くある。ホームズのシリーズが与えた影響は探偵小説にとどまらない。
シリーズに関しては詳細な研究がされており、シャーロッキアンと呼ばれる
ファンが世界中にいる。ホームズものに関する辞典は何冊も出され、
ホームズものを題材にした本もまた数多い。ドイルによって書かれた
「聖典」の他に、多くの作家がパスティッシュやパロディを発表した。
(青空文庫より)

翻訳者:大久保ゆう(おおくぼ・ゆう)

1982年生まれ。高校1年時より翻訳を始め、以来、各種翻訳を
クリエイティブコモンズライセンスにて広く提供しつづけ、個人・
企業などで様々に 活用されている。現在は研究者として翻訳研究に
携わるとともに、フリーランスの翻訳家・執筆家としても活動中。

内容紹介

冷静な観察力と論理的な推理が見事に冴え渡る
ホームズオーディオブックシリーズ第11弾!

「細部にこそ、観察に値する事件全体の核心が含まれている。
信じていい、普通なるものほど不自然なことはない」 (by ホームズ)

ある日、ワトソンが久しぶりにホームズを訪ねて話をしていると、
メアリ・サザランド嬢という一人の若い女性が訪れる。
彼女は、結婚式の当日に失踪した婚約者ホズマ・エインジェルを
探して欲しいと依頼する。婚約者は、教会へ向かう馬車の中から
こつ然と姿を消したのだという。ホームズは、2通の手紙で
事件を解決できるというが……。

『同一事件』(原題:A CASE OF IDENTITY)は、ホームズシリーズ初期の
作品であり、『花婿失踪事件』などの邦題で知られている。(1891年9月初出)
First published in the Strand Magazine、 Sep. 1891

収録内容

Track1 : ダンダス夫妻の別居訴訟/(09:41)
Track2 : メアリ・サザランド嬢/(09:10)
Track3 : ホズマ・エインジェル氏/(11:33)
Track4 : ホームズの推理/(08:37)
Track5 : ジェイムズ・ウィンディバンクの来訪/(07:14)
Track6 : 罠にかかった鼠/(12:54)

朗読は、ホームズオーディオブックシリーズでおなじみの佐々木健。
そして今回は、ゲストにlapin(ラパン)を迎えてお届けしております。

原作:アーサー・コナン・ドイル

1859年生まれ。1930年没。エジンバラ生まれ。医師として開業後、
ホームズものの最初の作品「緋のエチュード」を発表し、その後、
「ストランド・マガジン」にホームズものが連載される。冷静で鋭い
ホームズとさえないが温厚なワトソンが難事件に挑むこのシリーズは
70編近くある。ホームズのシリーズが与えた影響は探偵小説にとどまらない。
シリーズに関しては詳細な研究がされており、シャーロッキアンと呼ばれる
ファンが世界中にいる。ホームズものに関する辞典は何冊も出され、
ホームズものを題材にした本もまた数多い。ドイルによって書かれた
「聖典」の他に、多くの作家がパスティッシュやパロディを発表した。
(青空文庫より)

翻訳者:大久保ゆう(おおくぼ・ゆう)

1982年生まれ。高校1年時より翻訳を始め、以来、各種翻訳を
クリエイティブコモンズライセンスにて広く提供しつづけ、個人・
企業などで様々に 活用されている。現在は研究者として翻訳研究に
携わるとともに、フリーランスの翻訳家・執筆家としても活動中。

"
内容紹介

スマトラのクーリー病!?
この極めて致死率が高い病原菌にホームズが感染した!!!

「今にも死にそうですの、ワトソンさま」
─—ある日、ハドソン夫人がワトソンのもとを訪れホームズが重病だと言う。
憔悴し、顔は熱で紅潮、手は痙攣、息も切れ切れ、見るも無惨な有様のホームズ。
ワトソンは、この病気を治療できる人物を連れてくるようホームズに頼まれる。
その人物の名は、カルヴァトン・スミス氏。細菌を研究し特殊な知識をもつ男である。
ホームズがその男を指名したことには理由があった…!?
瀕死の状態で苦しむホームズ、錯乱する中、彼の頭脳はすでに何かに気づいていた!!!

声優ナレーター・佐々木健、改訳・大久保ゆうのコンビでお届けする、
鮮やかな展開に聞き応え充分のホームズオーディオブックシリーズ第7弾!

収録内容

01. ハドソン夫人
02. 瀕死の探偵
03. ワトソンへの依頼
04. カルヴァトン・スミス邸
05. 象牙の箱
06. !!!

原作:アーサー・コナン・ドイル

1859年生まれ。1930年没。エジンバラ生まれ。医師として開業後、
ホームズものの最初の作品「緋のエチュード」を発表し、その後、
「ストランド・マガジン」にホームズものが連載される。冷静で鋭い
ホームズとさえないが温厚なワトソンが難事件に挑むこのシリーズは
70編近くある。ホームズのシリーズが与えた影響は探偵小説にとどまらない。
シリーズに関しては詳細な研究がされており、シャーロッキアンと呼ばれる
ファンが世界中にいる。ホームズものに関する辞典は何冊も出され、
ホームズものを題材にした本もまた数多い。ドイルによって書かれた
「聖典」の他に、多くの作家がパスティッシュやパロディを発表した。
(青空文庫より)

翻訳者:大久保ゆう(おおくぼ・ゆう)

1982年生まれ。高校1年時より翻訳を始め、以来、各種翻訳を
クリエイティブコモンズライセンスにて広く提供しつづけ、個人・
企業などで様々に 活用されている。現在は研究者として翻訳研究に
携わるとともに、フリーランスの翻訳家・執筆家としても活動中。

内容紹介

ホームズは事件現場のほんのわずかな痕跡から
事件当夜、起こった事を克明に演繹してみせる!
ホームズオーディオブックシリーズ第8弾!

ある日、ホームズとワトソンが散歩から帰ると、
一台のブルーム型馬車が戸口に停まっていた。
トリヴェリアンと名乗る開業医は、自分を開業させてくれた
患者兼同居人ブレッシントンに起こっためずらしい出来事を語り始めた。

ブレッシントンの部屋に何者かが侵入した痕跡が見つかった。
怯えるブレッシントンのためにトレベリアン医師はホームズに
事件の真相解明を依頼してきたのである。調査に乗り出すホームズ。
ところがその翌朝、ブレシントンが首つり死体で発見される。

収録内容

01. 岩のスキラと渦のカリブディス
02. 依頼人トリヴェリアン医師
03. 強硬症のロシア貴族
04. 患者兼同居人の謎
05. 四つの吸殻
06. 事件当夜を演繹する

原作:アーサー・コナン・ドイル

1859年生まれ。1930年没。エジンバラ生まれ。医師として開業後、
ホームズものの最初の作品「緋のエチュード」を発表し、その後、
「ストランド・マガジン」にホームズものが連載される。冷静で鋭い
ホームズとさえないが温厚なワトソンが難事件に挑むこのシリーズは
70編近くある。ホームズのシリーズが与えた影響は探偵小説にとどまらない。
シリーズに関しては詳細な研究がされており、シャーロッキアンと呼ばれる
ファンが世界中にいる。ホームズものに関する辞典は何冊も出され、
ホームズものを題材にした本もまた数多い。ドイルによって書かれた
「聖典」の他に、多くの作家がパスティッシュやパロディを発表した。
(青空文庫より)

翻訳者:大久保ゆう(おおくぼ・ゆう)

1982年生まれ。高校1年時より翻訳を始め、以来、各種翻訳を
クリエイティブコモンズライセンスにて広く提供しつづけ、個人・
企業などで様々に 活用されている。現在は研究者として翻訳研究に
携わるとともに、フリーランスの翻訳家・執筆家としても活動中。

厳選した10作品をお得なセットでお届け。
ホームズ、ワトソン他、登場人物によって声を変え、演じ分けているドラマ仕立ての朗読です。

内容紹介

オーディオブック 期間限定シャーロック・ホームズ傑作選

2014年もイギリスBBC製作のテレビドラマ『SHERLOCK(シャーロック)』や、三谷幸喜脚本のパペットエンターテイメント『シャーロックホームズ』(NHK)など、ホームズ作品の放送番組やプログラムが目白押しです。

でじじでも「シャーロック・ホームズ傑作選」として、コナン・ドイル自薦第1位の「まだらのひも」や自薦第2位の「赤毛連盟」など、珠玉の10作品を厳選してお届けいたします! (ただいま、期間限定で割引配信中)

登場人物を生き生きと甦らせるテキストは翻訳者・大久保ゆう。ホームズ&ワトソンを演じるのは七色の声色を持つ声優・佐々木健。 このコンビでお届けする、聴き応え充分のラジオドラマ仕立ての朗読で、ホームズ作品をお楽しみください。

収録作品 「赤毛連盟」

赤毛の男が持ち込んだ奇妙な儲け話の裏に隠された犯罪計画を ホームズが暴く!コナン・ドイルが自選第2位とする名作!
ポッドキャストで配信された内容を再録音&再編集した完全版! 「踊る人形」 踊る人形の暗号をホームズはいかに解読したのか!?
あなたはこの暗号を解読できるか…!? 「ボヘミアの醜聞」 赤毛の男が持ち込んだ奇妙な儲け話の裏に隠された犯罪計画を ホームズが暴く!コナン・ドイルが自選第2位とする名作!
ポッドキャストで配信された内容を再録音&再編集した完全版! 「まだらのひも」 英国サリー州の西の果て、ストーク・モランに暮らすロイロット家のストーナー姉妹の姉ジュリアが結婚前に謎の死を遂げた。
ダイイング・メッセージ“まだらのひも”に隠された謎とは…!? 「蒼炎石」 クリスマス、赦しの季節に気まぐれで不思議な事件に関わってしまうことになったホームズ。 「土色の顔」 興味深い依頼だった。ホームズのもとを訪れた男、グラント・マンロウ氏の依頼は、愛し愛されている妻エフィに何か秘密があり、それをほうっておくことができないから相談にのってほしい、というものだった。 「瀕死の探偵」 「今にも死にそうですの、ワトソンさま」
─—ある日、ハドソン夫人がワトソンのもとを訪れホームズが重病だと言う。憔悴し、顔は熱で紅潮、手は痙攣、息も切れ切れ、見るも無惨な有様のホームズ。ワトソンは、この病気を治療できる人物を連れてくるようホームズに頼まれる。 「患者兼同居人」 ある日、ホームズとワトソンが散歩から帰ると、一台のブルーム型馬車が戸口に停まっていた。 「グローリア・スコット号」 ある日、ホームズがワトソンに手渡した『グローリア・スコット号』の怪事件の資料。それは巻紙に書かれた奇妙な手紙だった。
“もはや鶏肉は順調にすべてロンドンへ出荷が終わった… 「唇のねじれた男」 ある日、シンクレア夫人の前で夫のネヴィルがこつ然と姿を消した。現場にいたのは、唇のねじれた男ヒュー・ブーン。そして残された夫の服と、子供へのおみやげの積み木。いったいどこへ消えたのか…!? 原作:アーサー・コナン・ドイル(William Shakespeare)

1859年生まれ。1930年没。エジンバラ生まれ。
医師として開業後、ホームズものの最初の作品「緋のエチュード」を発表し、その後、「ストランド・マガジン」にホームズものが連載される。冷静で鋭いホームズとさえないが温厚なワトソンが難事件に挑むこのシリーズは70編近くある。
ホームズのシリーズが与えた影響は探偵小説にとどまらない。シリーズに関しては詳細な研究がされており、シャーロッキアンと呼ばれるファンが世界中にいる。ホームズものに関する辞典は何冊も出され、ホームズものを題材にした本もまた数多い。ドイルによって書かれた「聖典」の他に、多くの作家がパスティッシュやパロディを発表した。
(青空文庫より)
翻訳者:大久保ゆう(おおくぼ・ゆう)

1982年生まれ。高校1年時より翻訳を始め、以来、各種翻訳をクリエイティブコモンズライセンスにて広く提供しつづけ、個人・企業などで様々に 活用されている。現在は研究者として翻訳研究に携わるとともに、フリーランスの翻訳家・執筆家としても活動中。

The Baker Street Bakery - ALZ
翻訳家・翻訳研究者・執筆家の〈大久保ゆう/オオヒサヤストモ〉さん個人ホームページ
http://www.alz.jp/221b/index.html


内容紹介

『ラジオドラマ傑作選 シャーロック・ホームズ「死んだ悪女」』
The New Adventures of Sherlock Holmes:“The Case of the Dead Adventuress”

本商品は、アーサー・コナン・ドイルの『高貴なる依頼人』を原案に、
脚本、デニス・グリーンとブルース・タイラーにより制作された
ラジオドラマ『死んだ悪女』(1945年、アメリカで放送)の日本語版です。

本作は、長く続いたシリーズの中でも序盤のエピソードで、
アメリカ版では“ホームズ&ワトソン”コンビの定番とされる
ベイジル・ラスボーンとナイジェル・ブルースがキャスティングされています。
現在、一般に知られているホームズとワトソンのイメージは
このふたりが作ったといっても過言ではありません。
セリフの掛け合い、臨場感に満ちたホームズ&ワトソンの世界をお楽しみください!

...。o○
南フランスで休暇を過ごしていたホームズとワトソンのもとへ、
若い貴族の息子が悩み事を持ち込んでくる。そしてその仕事を
手がけることになったホームズ。だが不運にもホームズは、有名な
悪女であるイヴェット・コーヴァイにまつわる事件に巻き込まれてしまう。
偶然、彼女の殺害現場に出くわし、誤認逮捕されてしまったのだ!
取調べが進む中、窮地のホームズに打つ手はあるのか…!?

収録内容

01 殺人容疑!?
02 マダム・コーヴァイ
03 ダイヤとサファイアのネックレス
04 その夜の出来事
05 もう一人の容疑者
06 短剣に彫られた文字

出演

・シャーロック・ホームズ/藤原満
・ジョン・ワトソン/佐々木健
・マダム・イヴェット・コーヴァイ/おおらいやすこ
・シャレル署長/三上哲
・レジナルド・シプトン/今関正生
・判事/立岡耕造
・警官/藤田亮三
・フォーマン/岡武史
・ド・ボンクール公爵、アンリ・ボーレル/岩田仁

・原作:アーサー・コナン・ドイル
・翻訳:大久保ゆう
・演出:志水良旺
・音響:竹田雄

◎協力:RECアクターズスタジオ

原作:アーサー・コナン・ドイル

1859年生まれ。1930年没。エジンバラ生まれ。医師として開業後、
ホームズものの最初の作品「緋のエチュード」を発表し、その後、
「ストランド・マガジン」にホームズものが連載される。冷静で鋭い
ホームズとさえないが温厚なワトソンが難事件に挑むこのシリーズは
70編近くある。ホームズのシリーズが与えた影響は探偵小説にとどまらない。
シリーズに関しては詳細な研究がされており、シャーロッキアンと呼ばれる
ファンが世界中にいる。ホームズものに関する辞典は何冊も出され、
ホームズものを題材にした本もまた数多い。ドイルによって書かれた
「聖典」の他に、多くの作家がパスティッシュやパロディを発表した。
(青空文庫より)

翻訳者:大久保ゆう(おおくぼ・ゆう)

1982年生まれ。高校1年時より翻訳を始め、以来、各種翻訳を
クリエイティブコモンズライセンスにて広く提供しつづけ、個人・
企業などで様々に 活用されている。現在は研究者として翻訳研究に
携わるとともに、フリーランスの翻訳家・執筆家としても活動中。

内容紹介

ホームズとワトソンの描くミステリー小説の〈朗読〉第1弾。
赤毛の男が持ち込んだ奇妙な儲け話の裏に隠された犯罪計画を
ホームズが暴く!コナン・ドイルが自選第2位とする名作!
ポッドキャストで配信された内容を再録音&再編集した完全版!

収録内容

1.赤毛の依頼人
2.新聞広告
3.連盟員の仕事
4.白いボール紙のメモ
5.サックス・コバーグ広場
6.二人の男との冒険
7.一条の閃光

原作:アーサー・コナン・ドイル

1859年生まれ。1930年没。エジンバラ生まれ。医師として開業後、
ホームズものの最初の作品「緋のエチュード」を発表し、その後、
「ストランド・マガジン」にホームズものが連載される。冷静で鋭い
ホームズとさえないが温厚なワトソンが難事件に挑むこのシリーズは
70編近くある。ホームズのシリーズが与えた影響は探偵小説にとどまらない。
シリーズに関しては詳細な研究がされており、シャーロッキアンと呼ばれる
ファンが世界中にいる。ホームズものに関する辞典は何冊も出され、
ホームズものを題材にした本もまた数多い。ドイルによって書かれた
「聖典」の他に、多くの作家がパスティッシュやパロディを発表した。
(青空文庫より)

翻訳者:大久保ゆう(おおくぼ・ゆう)

1982年生まれ。高校1年時より翻訳を始め、以来、各種翻訳を
クリエイティブコモンズライセンスにて広く提供しつづけ、個人・
企業などで様々に 活用されている。現在は研究者として翻訳研究に
携わるとともに、フリーランスの翻訳家・執筆家としても活動中。

#1 NEW YORK TIMES BESTSELLER • The funny, sad, super-honest, all-true story of Chelsea Handler’s year of self-discovery—featuring a nerdily brilliant psychiatrist, a shaman, four Chow Chows, some well-placed security cameras, various family members (living and departed), friends, assistants, and a lot of edibles

A SKIMM READS PICK • “This will be one of your favorite books of all time.”—Amy Schumer

In a haze of vape smoke on a rare windy night in L.A. in the fall of 2016, Chelsea Handler daydreams about what life will be like with a woman in the White House. And then Donald Trump happens. In a torpor of despair, she decides that she’s had enough of the privileged bubble she’s lived in—a bubble within a bubble—and that it’s time to make some changes, both in her personal life and in the world at large.

At home, she embarks on a year of self-sufficiency—learning how to work the remote, how to pick up dog shit, where to find the toaster. She meets her match in an earnest, brainy psychiatrist and enters into therapy, prepared to do the heavy lifting required to look within and make sense of a childhood marked by love and loss and to figure out why people are afraid of her. She becomes politically active—finding her voice as an advocate for change, having difficult conversations, and energizing her base. In the process, she develops a healthy fixation on Special Counsel Robert Mueller and, through unflinching self-reflection and psychological excavation, unearths some glittering truths that light up the road ahead. 

Thrillingly honest, insightful, and deeply, darkly funny, Chelsea Handler’s memoir keeps readers laughing, even as it inspires us to look within and ask ourselves what really matters in our own lives.

Praise for Life Will Be the Death of Me

“You thought you knew Chelsea Handler—and she thought she knew herself—but in her new book, she discovers that true progress lies in the direction we haven’t been.”—Gloria Steinem 

“I always wondered what it would be like to watch Chelsea Handler in session with her therapist. Now I know.”—Ellen DeGeneres

“I love this book not just because it made me laugh or because I learned that I feel the same way about certain people in politics as Chelsea does. I love this book because I feel like I finally really got to know Chelsea Handler after all these years. Thank you for sharing, Chelsea!”—Tiffany Haddish

This program is read by the author

A guide to all kinds of addiction from a star who has struggled with heroin, alcohol, sex, fame, food and eBay, that will help addicts and their loved ones make the first steps into recovery

“This manual for self-realization comes not from a mountain but from the mud...My qualification is not that I am better than you but I am worse.” —Russell Brand

With a rare mix of honesty, humor, and compassion, comedian and movie star Russell Brand mines his own wild story and shares the advice and wisdom he has gained through his fourteen years of recovery. Brand speaks to those suffering along the full spectrum of addiction—from drugs, alcohol, caffeine, and sugar addictions to addictions to work, stress, bad relationships, digital media, and fame. Brand understands that addiction can take many shapes and sizes and how the process of staying clean, sane, and unhooked is a daily activity. He believes that the question is not “Why are you addicted?” but "What pain is your addiction masking? Why are you running—into the wrong job, the wrong life, the wrong person’s arms?"

Russell has been in all the twelve-step fellowships going, he’s started his own men’s group, he’s a therapy regular and a practiced yogi—and while he’s worked on this material as part of his comedy and previous bestsellers, he’s never before shared the tools that really took him out of it, that keep him clean and clear. Here he provides not only a recovery plan, but an attempt to make sense of the ailing world.

Megan Mullally and Nick Offerman reveal the full story behind their epic romance--presented in a series of intimate conversations between the couple.

The year: 2000. The setting: Los Angeles. A gorgeous virtuoso of an actress agreed to star in a random play, and a basement-dwelling scenic carpenter said he would assay a supporting role in the selfsame pageant. At the first rehearsal she surveyed her fellow cast members, determining if any of the men might qualify to provide her with a satisfying fling. Her gaze fell upon the carpenter, and like a bolt of lightning the thought struck her: no dice. Moving on.

Yet, unbeknownst to our protagonists, Cupid had merely set down his bow and picked up a rocket launcher . . . that fired a love rocket (not a euphemism). The players were Megan Mullally and Nick Offerman, and the resulting romance, once ignited, was . . . epic. Beyond epic. It resulted in a coupling that has endured to this day; a sizzling, perpetual tryst that has captivated the world with its kindness, athleticism, astonishingly low-brow humor, and true (fire emoji) passion.

How did they do it? They came from completely different families, ignored a significant age difference, and were separated by the gulf of several social strata. Megan loved books and art history; Nick loved hammers. But much more than these seemingly unsurpassable obstacles were the values they held in common: respect, decency, the ability to mention genitalia in almost any context, and an abiding obsession with the songs of Tom Waits.

Eighteen years later, they're still very much in love and have finally decided to reveal the philosophical mountains they have conquered, the lessons they've learned, and the myriad jigsaw puzzles they've completed. Presented as an oral history in a series of conversations between the couple, the book features anecdotes, hijinks, photos, and a veritable grab bag of tomfoolery. This is not only the intoxicating book that Mullally's and Offerman's fans have been waiting for, it might just hold the solution to the greatest threat facing our modern world: the single life.
The New York Times bestselling collection of humorous autobiographical essays by the Academy Award­–nominated actress and star of Up in the Air and Pitch Perfect.

Even before she made a name for herself on the silver screen starring in films like Pitch Perfect, Up in the Air, Twilight, and Into the Woods, Anna Kendrick was unusually small, weird, and “10 percent defiant.”

At the ripe age of thirteen, she had already resolved to “keep the crazy inside my head where it belonged. Forever. But here’s the thing about crazy: It. Wants. Out.” In Scrappy Little Nobody, she invites readers inside her brain, sharing extraordinary and charmingly ordinary stories with candor and winningly wry observations.

With her razor-sharp wit, Anna recounts the absurdities she’s experienced on her way to and from the heart of pop culture as only she can—from her unusual path to the performing arts (Vanilla Ice and baggy neon pants may have played a role) to her double life as a middle-school student who also starred on Broadway to her initial “dating experiments” (including only liking boys who didn’t like her back) to reviewing a binder full of butt doubles to her struggle to live like an adult woman instead of a perpetual “man-child.”

Enter Anna’s world and follow her rise from “scrappy little nobody” to somebody who dazzles on the stage, the screen, and now the page—with an electric, singular voice, at once familiar and surprising, sharp and sweet, funny and serious (well, not that serious).

A cutting satire of race relations in the age of Trump and Black Lives Matter from the hugely popular comedian—one of "The Original Kings of Comedy"—and author of the New York Times bestseller Black Man, White House.

"White people are always giving out ‘helpful’ advice, such as: ‘Comply with the police and you won’t get shot.’ They’ve been doling out advice to black people ever since ‘I suggest you pick the cotton if you don’t like getting whipped.’ Not getting shot by the police has long been a problem for black people. Even when we had a black president! Now that we have a new set of overlords, with President Trump at the head, wouldn’t it be nice to get a little advice on how not to get shot?"

From the elections of Barack Obama and Donald Trump to the tragic events of Ferguson and Charlottesville, the subject of race has come to the forefront of American consciousness. Legendary satirist D. L. Hughley offers his own cutting observations on this contentious issue that continues to traumatize the nation, a wound made more painful by the ongoing comments and actions of the 45th president.

Hughley uses humor to draw attention to injustice, sardonically offering advice on a number of lessons, from "How to make cops feel more comfortable while they’re handcuffing you" and "The right way to wear a hoodie" to "How to make white food, like lobster rolls" and "Ten types of white people you meet in the suburbs."

How Not to Get Shot is a much-needed antidote in these distressing times.

NEW YORK TIMES BESTSELLER • “Driving, wild and hilarious” (The Washington Post), here is the incredible “memoir” of the actor, gambler, raconteur, and Saturday Night Live veteran.

Don’t miss Norm’s new Netflix special, Hitler’s Dog, Gossip & Treachery!

When Norm Macdonald, one of the greatest stand-up comics of all time, was approached to write a celebrity memoir, he flatly refused, calling the genre “one step below instruction manuals.” Norm then promptly took a two-year hiatus from stand-up comedy to live on a farm in northern Canada. When he emerged he had under his arm a manuscript, a genre-smashing book about comedy, tragedy, love, loss, war, and redemption. When asked if this was the celebrity memoir, Norm replied, “Call it anything you damn like.”

Praise for Based on a True Story

“Dostoyevsky by way of 30 Rockefeller Center . . . the best new book I’ve read this year or last.”—The Wall Street Journal

“This book is absurd fiction. . . . Scathing and funny.”—The New York Times

“Hilarious and filled with turns of phrase and hidden beauty like only a collection of Norm Macdonald stories could be.”—Esquire

“Raucous . . . a hilarious, innovative work.”—A.V. Club

“Part personal history and part meta riff on celebrity memoirs, the book, it quickly becomes clear, is also just partly true (and all hilarious).”—Vulture

“Very, very, very funny! Thanks, Norm, for letting me be part of this Booker Prize–for–literature–quality effort.”—David Letterman

“Norm is brilliant and thoughtful and there is sensitivity and creative insight in his observations and stories. A lot of comics over the years have been compared to Mark Twain, but I think Norm is the only one who actually matches the guy in terms of his voice and ability. I seriously f**king love Norm Macdonald. Please buy his book. He probably needs the cash. He’s really bad with money.”—Louis C.K., from the foreword

“Norm is one of my all-time favorites, and this book was such a great read I forgot how lonely I was for a while.”—Amy Schumer

“I always thought Normie’s stand-up was the funniest thing there was. But this book gives it a run for its money.”—Adam Sandler

“Norm is one of the greatest stand-up comics who’s ever worked—a totally original voice. His sense of the ridiculous and his use of juxtaposition in his writing make him a comic’s comic. We all love Norm.”—Roseanne Barr

“Norm Macdonald makes me laugh my ass off. Who is funnier than Norm Macdonald? Nobody.”—Judd Apatow

“Norm Macdonald is more than a triple threat—he’s a septuple threat. He is smart, funny, wry, rakish, polite, rakish . . . no, wait. He is polite, insightful, and . . . aaaaah . . . warm. No. He’s exciting. Yeah. Exciting! You never know what he’ll do. Okay, then make that unpredictable. Add that up. He’s amazing.”—Alec Baldwin

“Norm is a double threat. His material and timing are both top-notch, which is unheard of. He is one of my favorites, both on- and off-stage.”—Dave Attell

“Letterman said it best: There is no one funnier than Norm Macdonald.”—Rob Schneider
©2019 Googleサイト利用規約プライバシーデベロッパーアーティストGoogle について|地域: アメリカ合衆国言語: 日本語
このアイテムを購入することにより、Google Payments との取引が発生し、Google Payments の利用規約およびプライバシーに関するお知らせに同意したことになります。