まいにちカナトくん ~妊娠から復職まで~

ゴマブックス株式会社
Free sample

「どんなに手がかかっても
やっぱりうちの子はかわいい」

インスタグラムで人気沸騰のつつまい(@tsutsu_mai)さんの投稿が、初の書籍化!
投稿されている、やんちゃな息子・カナトくんとの日常を、書籍化のために大幅描き下ろし!
男の子ママは思わず共感しちゃう「あるある」が満載! ほっこりかわいい癒し系育児絵日記です。


書籍化にあたり、新しい描き下ろしコンテンツ盛りだくさんの、豪華な152ページ!
妊娠、育休、保活、復職のエピソードなど、働く妊婦さん、新米ワーママは必見です!

妊娠と同時に人事異動!?
断乳へのツライ道のり……。
恐ろしいほど高い、入園への倍率
保育園の見学予約が1ヵ月待ち!?
本当に、保育園に預けて働いていいのかな? など
妊娠・育休から復職するまでの、新米ワーママの葛藤を等身大に描きました。
やんちゃなカナトくんに、クスっとなって癒される、かわいさいっぱいの一冊です。

【目次】
KANATO'S FAMILY
27歳の春
げんこつしゃぶり
 MAMA COLUMN1 はじめての離乳食前夜
やんちゃ坊主のつかまり立ち
 MAMA COLUMN2 卵白アレルギーパニック
終わらない読み聞かせ
 MAMA COLUMN3 1歳誕生日前夜
ちゃっかりお金を選ぶ1歳児
 MAMA COLUMN4 涙の断乳日記
いざ、保活!
 MAMA COLUMN5 入園式と復職
ドキドキの慣らし保育
あとがき
Read more

About the author

つつまい

ママ、OL、時々イラストレーター。福岡県福岡市出身。
九州大学芸術工学部卒業。
妊娠中に、もともと好きだったイラストを本格的にはじめる。 2017 年、絵本『みんながおしえてくれたこと』(ゴマブックス刊)の絵を担当。
やんちゃな息子との日々を描いたInstagram や、ママ・マタニティ向けのLINE スタンプが人気。
Instagram @tsutsu_mai
Read more

Reviews

Loading...

Additional Information

Publisher
ゴマブックス株式会社
Read more
Published on
Nov 21, 2017
Read more
Pages
154
Read more
Language
Japanese
Read more
Genres
Health & Fitness / General
Read more
Content Protection
This content is DRM protected.
Read more
Read Aloud
Available on Android devices
Read more

Reading information

Smartphones and Tablets

Install the Google Play Books app for Android and iPad/iPhone. It syncs automatically with your account and allows you to read online or offline wherever you are.

Laptops and Computers

You can read books purchased on Google Play using your computer's web browser.

eReaders and other devices

To read on e-ink devices like the Sony eReader or Barnes & Noble Nook, you'll need to download a file and transfer it to your device. Please follow the detailed Help center instructions to transfer the files to supported eReaders.
宮崎 義憲
“ふくらはぎ”だけでは健康にならない。
太ももは第2の心臓だ!

下半身(太もも・ふくらはぎ)の筋肉を鍛えると、体に良いことがいっぱい起こる!
◆アンチエイジングに効くホルモンが出る!
◆ダイエット、やせ体質になる!
◆脳が鍛えられ、ボケ防止に!
◆ねこ背や股関節の痛み、血圧まで改善!
――その他、数々の体の不調が消えていく。

ウォーキングの第一人者で東京学芸大学名誉教授・医学博士の著者が
誰でも簡単に出来る体操法を交えながら
健康に効果的な「太もも」を中心とした下半身を強くする方法を伝授。
第二の心臓"と呼ばれ、血流で重要な役目を果たす“太もも"の強化で
肩こり・腰痛から高血圧・糖尿病まで様々な症状が改善し、ダイエットもうまくいく。

自己管理必須のビジネスマンから健康に不安を感じるご高齢のかたまで、
幅広いかたにお使いいただける実践的な内容。
下半身強化のカンタン運動をイラスト付きで紹介。


【目次より抜粋】
◆まえがき あなたはたった一日で、長生きのコツをつかむことができる!
◆第1章 筋肉を鍛えている人が若々しいわけ
・老化は足からやって来る
[テスト]1キロ歩くだけで、いまのあなたの体力がわかる!
・下半身の「筋肉」を鍛えることが長生きにつながる
・40歳を過ぎたら上半身より、「下半身」を強くせよ
・太ももは「第二の心臓」と呼ばれる大切な部分
・筋肉量は30代半ばが最高! それ以降は減っていく
[テスト]太ももでわかるあなたの筋肉年齢
◆第2章 足の筋肉が弱い人ほど老化が早い
・「反復つま先立ち」運動で、下半身を強くする
・寝つきの悪さも下半身の筋肉の衰えが原因
・3倍の空気が吸える「腹式呼吸歩き」で脳が活性化する
・足のむくみが「貧乏ゆすり」で取れた!
・熟睡したければ、“足”を反らせなさい
・便秘の人は「腹筋」に大きな問題がある!
・雨の日でも、ひと駅くらいは歩きなさい
◆第3章 歩くことが好きな人はなぜ、長生きなのか?
・若返りの成長ホルモンを出せる人、出せない人
・脳を若返らせる“快感物質”の増やし方
・足腰を鍛えないと血圧は高くなる
・腹式呼吸ウォーキングで血圧を下げる
・糖尿病の予防に効く運動は?
・最近の糖尿病治療で筋トレが注目されている理由
・狭心症の症状を改善させたウォーキング効果
・高脂血症には激しい運動より、ゆるやかな運動が効く
◆第4章 筋肉が弱い人ほど太る。リバウンドで失敗する
・カロリー制限だけのダイエットは間違いだらけ
・メタボが怖ければ、階段を上りなさい
・ハードな運動は苦しいだけで脂肪は減らない
・ねこ背の人ほど、老化が進む
・ねこ背の人はダイエットしてもやせにくい
◆第5章 ねこ背、肩コリ、腰痛、股関節痛。つらい毎日をカンタン運動で解消
・歩くことで腰がマッサージされ、腰痛防止になる
・肩コリに悩む人の多くは「ねこ背」である
・しつこい肩コリはビールびんを振り上げて治す
・つらい股関節の痛みに効く簡単ストレッチ
・腰から太ももがしびれる座骨神経痛が増えている
・骨のために、1日3時間は動きなさい
飯島敬一
いま、あなたの心や体や魂に、少しでも問題があるとしたら、
この本は、必ずあなたの役に立つでしょう。
なぜなら、あらゆる体や心と魂は、これからお伝えする『神門メソッド』で進化できるからです。
それも、まるでスイッチを入れるかのような即効性が期待できます。――本文より

耳の自律神経を整えるツボを刺激するだけで...

肩コリ/腰痛/不眠/肥満に効く!?

50万人がその効果を体験した、
お手軽! 簡単! セルフケアメソッド。

「子どもたちの自殺やいじめをなくすためには、大人がカッコよく生きていなければならない!」という共通の想いを抱く八人の仲間が集い設立した『ライフアドベンチャー倶楽部』の八人全員で同時出版し、その印税をSave the Children-Japanに全額寄付することに致しました。
飯島敬一/泉忠司/おかざきなな/國武栄治/クリス岡崎/サニー久永/望月俊孝/吉野真由美

目次
■まえがき
■1章 神門とは?
 ●神門は自律神経のポイント
 ●医療行為ではないが、医師からも高い評価
 ●東洋医学の考え
 ●西洋医学の考え
 ●日本での広がり。海外の耳ツボ療法事情
■2章 あなたの体は大丈夫?
 ●セルフチェック
 ●5人に一人が睡眠障害のストレス社会
 ●なぜ自律神経が、疲れてしまうのか?
 ●水、酸素、栄養の摂取を見直す
 ●目に見えるSOSと見えないSOS
 ●今日からできるセルフメンテナンス
■3章 【自分で出来る実践篇】体で実感! 神門メソッド
 ●神門メソッド ~基本の3ゾーン~
 【オプション】
 ●便秘
 ●突然の下痢
 ●鼻のトラブル(くしゃみ、花粉症、鼻炎)
■4章 【エピソード篇】 心で実感! 神門メソッド
 ●ストレス・イライラ(ヒステリー母さんの例)
 ●集中力アップ(脳科学、アスリートの例)
 ●ヤル気が出る(うつ病、引きこもりの例)
 ●向上心が上がる(子ども、フリーターの例)
 ●ワクワクする(アイデアを出す・企画会議等)
 ●学力が上がる(中学生の例)
 ●業績が上がる(保険営業マンの例)
 ●安心感が出る(女優さんの例)
 ●恋愛上手に
 ●パニック・緊急時、禁煙・禁酒に!
■5章 【実践篇】 魂レベルで変化
 ●悟りの境地(ニュートラル感、俯瞰力、二極化からの脱却)
 ●生きる目的に気づく(ミッション、覚醒、気づき、思い出す)
 ●霊能者のエピソード
 ●第六感(インスピレーション、アイデア、ひらめき)
 ●安らぎ・幸福感(余裕、感謝、ワンネス体験)
 ●宇宙とつながる(瞑想)
 ●シンクロニシティ・開運
■6章 様々なシーンで広がっていく神門の可能性
■あとがき
■出版記念「スリムビズ血流1か所追加プレゼント・キャンペーン」
参加セラピスト名・サロン名

石原 結實
「朝食はしっかり」「塩分控えめに」「水分はたくさんとる」
当たり前と思い込んでいるその健康法、あなたに合っていますか?
一大ブームとなった「プチ断食」「生姜紅茶」などを考案した、予約3年待ちの名医が教える体質別健康法の決定版!

【著者紹介】
石原 結實(いしはら・ゆうみ)
医学博士。1948年長崎市生まれ。
長崎大学医学部を卒業後、血液内科を専攻。
「白血球の動きと食物・運動の関係」について研究し、同大学大学院博士課程修了。
スイスの自然療法病院B・ベンナー・クリニックやモスクワの断食療法病院でガンをはじめとする種々の病気、自然療法を勉強。
コーカサス地方(グルジア共和国)の長寿村にも長寿食の研究に5回赴く。
現在は東京で漢方薬処方をするクリニックを開く傍ら、伊豆で健康増打芯を目的とする保養所、ヒポクラティック・サナトリウムを運営。
著書はベストセラーとなった『生姜力』(主婦と生活社)『食べない健康法』(東洋経済新報社)
『「体を温める」と病気は必ず治る』(三笠書房)、石原慎太郎氏との共著『老いを生きる自信』(PHP研究所)など、280冊以上にのぼる。
著書は韓国、中国、台湾、アメリカ、ロシア、ドイツ、フランス、タイなど世界各国で100冊以上翻訳出版されている。
1995年~2008年まで、日本テレビ系「おもいッきりテレビ」へのレギュラー出演など、テレビ、ラジオ、講演などでも活躍中。
先祖は代々、鉄砲伝来で有名な種子島の御殿医。

【目次より】
◆第1章 空腹は血液をきれいにし、病気を予防する
◆第2章 健康の“常識”のウソ?ホント?
◆第3章 血液の汚れ「瘀血」は、まず体を温める
◆第4章 元気に長生きするための“超”健康習慣
◆第5章 自分でできる病気撃退「生活療法」
※本書は2006年小社刊『「おなかのすく人」はなぜ病気にならないのか』を大幅に改訂、再編したものです。
©2017 GoogleSite Terms of ServicePrivacyDevelopersArtistsAbout Google
By purchasing this item, you are transacting with Google Payments and agreeing to the Google Payments Terms of Service and Privacy Notice.