心のナイフ 上

· 混沌の叫び Book 1 · 東京創元社
Ebook
274
Pages

About this ebook

【映画『カオス・ウォーキング』原作】


互いの考えが聞こえてしまう世界。

最後の子どもである少年が成人する日が迫る……

ガーディアン賞など3賞受賞

ビッグタイトルを独占した驚異の三部作ついに開幕!


ぼくはトッド・ヒューイット。あとひと月で十三歳、つまり正式な大人になる。ぼくが住んでるプレンティスタウンは新世界(ニュー・ワールド)のたったひとつの町。この星に入植したぼくらは、土着の生き物と戦争になった。やつらが撒いた細菌のせいで女は死に絶え、男は互いの考えがすべて“ノイズ”として聞こえるようになってしまったのだ。ある日、町はずれの沼地で、ぼくはノイズのないまったき静寂に出会った。これは何? それとも誰? 異様な迫力、胸が締めつけられるような感動、尽きせぬ謎。ビッグタイトルを独占した〈混沌(カオス)の叫び〉三部作、第一弾、ガーディアン賞、ジェイムズ・ティプトリー・ジュニア賞、ブックトラスト・ティーンエイジ賞受賞作。

About the author

1971年、米国バージニア州生まれ。カリフォルニア州で大学を卒業後、1999年に英国に渡る。一般小説としてThe Crash of Hennington、短編集Topics About Which I Know Nothingの2冊を発表。その後YA向けの〈混沌(カオス)の叫び〉三部作に取り組んだ。第一部『心のナイフ』(The Knife of Never Letting Go,2008)でガーディアン賞、ジェイムズ・ティプトリー・ジュニア賞、ブックトラスト・ティーンエイジ賞、第二部『問う者、答える者』(The Ask and the Answer,2009)でコスタ賞児童書部門、第三部『人という怪物』(Monsters of Men,2010)でカーネギー賞に輝いた。シヴォーン・ダウド原案の『怪物はささやく』(A Monster Calls,2011 創元推理文庫)では、カーネギー賞、ケイト・グリーナウェイ賞の同時受賞を果たした。

1954年岡山市生まれ。翻訳家・法政大学教授。児童書やYA向けの作品のほか、一般書、ノンフィクションなど、翻訳書は350点以上。訳書に『豚の死なない日』(白水社)、『青空のむこう』(求龍堂)、『ブラッカムの爆撃機』(岩波書店)、『国のない男』(NHK出版)、『不思議を売る男』(偕成社)、『バーティミアス』(理論社)、『花言葉をさがして』(ポプラ社)、『魔使いの弟子』(創元推理文庫)など。エッセイに『翻訳家じゃなくてカレー屋になるはずだった』『翻訳のさじかげん』(ポプラ社)、編著書に『12歳からの読書案内』(すばる舎)などがある。

1975年、鹿児島県生まれ。法政大学社会学部社会学科卒。翻訳家。訳書に『心のナイフ』『問う者、答える者』『人という怪物』(東京創元社)、『ダイヤモンド・ブラザーズ4』(共訳、文溪堂)がある。

Reading information

Smartphones and tablets
Install the Google Play Books app for Android and iPad/iPhone. It syncs automatically with your account and allows you to read online or offline wherever you are.
Laptops and computers
You can listen to audiobooks purchased on Google Play using your computer's web browser.
eReaders and other devices
To read on e-ink devices like Kobo eReaders, you'll need to download a file and transfer it to your device. Follow the detailed Help Center instructions to transfer the files to supported eReaders.