黄金のエメラルド 完全版

ゴマブックス株式会社
Free sample

若者達は無事に日本に帰れるのか!?


絶世の美女に惹かれた不運な若者達が、小倉、福岡、タイ(バンコク、チェンマイ)と、旅行している途中に暗黒の事件に巻きこまれてゆく……。

アジアの深い闇を浮き彫りにした本格長編ハードサスペンス!

1~4巻まで全巻読めちゃう完全版!

Read more

Reviews

Loading...

Additional Information

Publisher
ゴマブックス株式会社
Read more
Published on
Jun 5, 2015
Read more
Pages
525
Read more
Language
Japanese
Read more
Genres
Fiction / Romance / General
Read more
Content Protection
This content is DRM protected.
Read more
Read Aloud
Available on Android devices
Read more

Reading information

Smartphones and Tablets

Install the Google Play Books app for Android and iPad/iPhone. It syncs automatically with your account and allows you to read online or offline wherever you are.

Laptops and Computers

You can read books purchased on Google Play using your computer's web browser.

eReaders and other devices

To read on e-ink devices like the Sony eReader or Barnes & Noble Nook, you'll need to download a file and transfer it to your device. Please follow the detailed Help center instructions to transfer the files to supported eReaders.
そら佳吹
『世にも恐怖な物語』

予測不可能! 謎に溢れた事件の数々!!
犯人は誰? 目的は何? 次の標的は——!?
世にも難解、そして戦慄の物語があなたを待ち受ける……!

ケータイ小説発・真夏に読みたい厳選5作!!

(1)殺しまくる悪夢          そら佳吹
(2)忘れられた秘密          立花 宗冶
(3)プールサイドの殺人幻視      ヤミヲミルメ
(4)腐臭の街             ヒロバタ
(5)サマー・レボリューション     くまく

(1)殺しまくる悪夢【本文より】
K電鉄の終電は……。
無言のまま、深夜の都内を——。
レールと車輪の音をきしませ——。
一定のスピードで、疾走をつづけているのだった。
A駅の職員によると、乗客の人数は——十数人だと言う。
管制センターから、連絡を受けた——。
終着駅であるX駅の、大野駅長は……まったく訳が、分からないまま……全職員を避難させ——。
最悪の事態にそなえた。

(2)忘れられた秘密【本文より】
ビニールに巻かれたタイムカプセルを囲む形で皆が集まる。
それを、平治が開けようとした時。
「まって」
正太はガタガタと震え、顔色を悪くしながら平治を睨み付けている。
「……どうしたんだよ」
余りにおかしな雰囲気なのを気にして、平治が問い掛ける。
しかし、正太は黙って首を横に振るだけで、言葉を、口を開こうとしない。
何かに怯えている。
昇にはそう見えた。

(3)プールサイドの殺人幻視【本文より】
後頭部を殴られて、倒れた先に、地面はなかった。
プールサイドから踏み外し、わたしの体は水に沈んだ。
犯人の顔は、わたしからは見えない。
<span style="color: rgb(0, 0, 0); font-family: arial, helvetica, osaka, 'MS PGothic', sans-serif; font-size: small; font-styl
そら佳吹
『世にも恐怖な物語』

予測不可能! 謎に溢れた事件の数々!!
犯人は誰? 目的は何? 次の標的は——!?
世にも難解、そして戦慄の物語があなたを待ち受ける……!

ケータイ小説発・真夏に読みたい厳選5作!!

(1)殺しまくる悪夢          そら佳吹
(2)忘れられた秘密          立花 宗冶
(3)プールサイドの殺人幻視      ヤミヲミルメ
(4)腐臭の街             ヒロバタ
(5)サマー・レボリューション     くまく

(1)殺しまくる悪夢【本文より】
K電鉄の終電は……。
無言のまま、深夜の都内を——。
レールと車輪の音をきしませ——。
一定のスピードで、疾走をつづけているのだった。
A駅の職員によると、乗客の人数は——十数人だと言う。
管制センターから、連絡を受けた——。
終着駅であるX駅の、大野駅長は……まったく訳が、分からないまま……全職員を避難させ——。
最悪の事態にそなえた。

(2)忘れられた秘密【本文より】
ビニールに巻かれたタイムカプセルを囲む形で皆が集まる。
それを、平治が開けようとした時。
「まって」
正太はガタガタと震え、顔色を悪くしながら平治を睨み付けている。
「……どうしたんだよ」
余りにおかしな雰囲気なのを気にして、平治が問い掛ける。
しかし、正太は黙って首を横に振るだけで、言葉を、口を開こうとしない。
何かに怯えている。
昇にはそう見えた。

(3)プールサイドの殺人幻視【本文より】
後頭部を殴られて、倒れた先に、地面はなかった。
プールサイドから踏み外し、わたしの体は水に沈んだ。
犯人の顔は、わたしからは見えない。
<span style="color: rgb(0, 0, 0); font-family: arial, helvetica, osaka, 'MS PGothic', sans-serif; font-size: small; font-styl
©2018 GoogleSite Terms of ServicePrivacyDevelopersArtistsAbout Google
By purchasing this item, you are transacting with Google Payments and agreeing to the Google Payments Terms of Service and Privacy Notice.