あなたの仕事に革命を起こす! 「しつもん」リスト

ゴマブックス株式会社
62
Free sample

「しつもん」とは二人以上によるコミュニケーションのことです。

一方通行ではいけません。なによりも、相手にわかってもらえる必要があるのです。
経営者だろうと大統領だろうと本質は同じ。
誤解を解き、理解し合うことがいちばんのキモなのです。

本書では、あなたの目的(願望、狙い、たくらみなど)
を効率良く達成するための、「しつもん」リストを紹介!

□誘導するための「しつもん」リスト
□やる気を引き出す「しつもん」リスト
□やくざの「しつもん」リスト …etc

知っていると知らないで圧倒的に差がつく!
明日から使えるテクニックが満載の一冊です。

【目次】
はじめに

第一章 あなたの仕事に革命を起こす! 「しつもん」リスト
□「しつもん」はわかっている人だけができる!
□自問自答=悟るプロセス
□「第三の価値」を発見する!
□「しつもん」は最高の勉強!
□「しつもん」しないとバカになる!
□頭の中身がすっかりわかる!
□「しつもん」は問題を解決する道具だ!

第二章 「しつもん」リストで成功する人、失敗する人
□新人の女子アナが干された理由
□「しつもん」は反射神経が問われている!
□古今東西、「しつもん」の優劣が民族の強さを決定した!
□孫子の『兵法』の「しつもん」リスト
□「しつもん」の具体的な方法を伝授しよう!
□やくざは「しつもん」の天才だ!
□「あれか、これか」を選ばせる「選択しつもん」
□誘導するための「しつもん」リスト
□ほとんど詐欺ともいうべき「しつもん」リスト

第三章 この「しつもん」リストで組織が変わりはじめた!
□百万円出す! と決めた「しつもん」リスト
□幻に賭けられる人だけが成功をつかむ!
□保有能力と発揮能力
□「できない」が「できる」に変わる「しつもん」リスト
□それでも「できない!」ならこの「しつもん」リストに答えてみろ!
□不可能を超える「しつもん」リスト

第四章 「しつもん」リストで売上倍増に成功できた!
□上場企業の経営者に信頼された「しつもん」
□小さくてもビジネスに勝てるコツ
□売り込むよりも「しつもん」のほうが効果的!
□営業マンの仕事は「しつもん」
□アンケートを参考にすぐに改善する経営者
□ステップメールで売上を倍増させた歯科医院

第五章 どえらい人たちはどんな「しつもん」リストを持っているのか?
□仕事の成果をグンと飛躍させる「しつもん」リスト
□とことん議論する
□「しつもん」上手は聞き上手!
□やる気を引き出す「しつもん」リスト
□優しくなければ生きていく資格がない!

Read more
Collapse

More by 中島孝志

See more
TPPなんて怖くない! 世界に誇る日本の農業とは?

TPP交渉をめぐって揺れる日本の農業。
関税が撤廃されたら、果たして日本の農業はどうなってしまうのか?
こんな時代だからこそ、高品質の農産物が日本を救う!?
本書では、SATOYAMAのコンセプトやブランディング米の成功例などを紹介。
地域農業が生き残るために必要な理念や農業の仕組みを提案する。
世界に訴えるべき日本農業の魅力とはなにか?
TPPをチャンスに変える! リスクの時代を生きるために、いま必要な新しい農業のカタチ。

【目次】
●儲かる農業をやりなさい! もくじ

第一章 「奇跡のリンゴ」が起こした風
■「自然栽培」と「慣行農業」は対立しない

第二章 TPPで変わる農と食
■TPPをチャンスに変えるために
■世界中どの国も農業を保護している
■第二の開国「TPP」
■農業の生産性
■どう作るか、どう売るか
■スーパーが「売っているもの」?流通革命がもたらしたもの

第三章 タネと肥料が農業を変える
■有機農業の虚構と実力
■有機でなくても安全な野菜はできるか
■自然と共生する農業
■現代の有機肥料
■種が危ない! 農業の基本はタネにある
■種子の「いのち」が脅かされている
■固定種とF1種とのベストマッチングとは

第四章 新しい農のかたち
■TPPで変わる農産物のマーケット
■安売りはしない! 価値を伝える!
■「国内移民」こそ地域復活のカギ
■お願いしてはダメ
■「世界農業遺産」の意義
■地域の農家が生き残る仕組みを作る

第五章 新しい農業の扉が開いている!
■リスクの時代を生きるために
■否定しないで、選択肢を広げる
■新しい農業が時代を変える
■世界を幸せにする日本の農業

・鈴木 渉(すずき・わたる)

国際連合大学サステイナビリティ高等研究所シニア・コーディネーター。環境省自然環境計画課、東北地方環境事務所、生物多様性地球戦略企画室、生物多様性センター等を経て、2012年4月より現職。SATOYAMAイニシアティブ国際パートナーシップ(IPSI)事務局次長として、持続可能なランドスケープ及びシースケープの利用を目指すSATOYAMAイニシアティブの推進のため、国際的なネットワークづくりと活動支援に携わる。
■アメリカの国立公園、野生生物保護区について連載「アメリカ横断ボランティア紀行(EICネット)」
http://www.eic.or.jp/library/pickup/usa_index.html

・中島孝志(なかじま・たかし)

東京生まれ。早大政経学部政治学科、南カルフォルニア大学大学院修了。PHP研究所、東洋経済新報社を経て独立。経営コンサルタント、経済評論家、ジャーナリスト、作家、出版プロデューサー、大学・ビジネススクール講師。
「キーマンネットワーク定例会」のほか、
「原理原則研究会in東京」
「原理原則研究会in大阪」
「原理原則研究会in博多」
「原理原則研究会in名古屋」
「原理原則研究会in神の国出雲」
「原理原則研究会in新潟」
「原理原則研究会in札幌」
「中島孝志の日曜読書倶楽部」
「松下幸之助経営研究会」いずれも毎月開催。

講演・セミナーは銀行、メーカー、外資系企業等で高い評価を得ている。全国紙をはじめ専門誌、永田町メディア、金融経済有料ネット、大手企業の社内報から宗教団体機関誌などの連載を20年以上続ける。
著訳書は260冊超。政財界をはじめとした要人プロデュースは延べ500人超。
読書は年間3000冊ペース。落語と大衆演劇、そしてシャンソンの熱烈なファン。
毎日音声&文字で配信! ビジネスで使えるインテリジェンス情報サイト「中島孝志の  聴く! 通勤快読」が超人気!

■中島孝志のキーマンネットワーク
http://www.keymannet.co.jp/

■毎日更新の痛快読書情報サイト「中島孝志の 聴く! 通勤快読」
http://www.keymannet.co.jp/listen/

■ほぼ毎日発行メルマガ「中島孝志の読む! 通勤快読宅配便」
http://foomii.com/00080
3.0
62 total
Loading...

Additional Information

Publisher
ゴマブックス株式会社
Read more
Collapse
Published on
Dec 11, 2013
Read more
Collapse
Pages
63
Read more
Collapse
Read more
Collapse
Read more
Collapse
Language
Japanese
Read more
Collapse
Genres
Business & Economics / General
Read more
Collapse
Content Protection
This content is DRM protected.
Read more
Collapse
Read Aloud
Available on Android devices
Read more
Collapse

Reading information

Smartphones and Tablets

Install the Google Play Books app for Android and iPad/iPhone. It syncs automatically with your account and allows you to read online or offline wherever you are.

Laptops and Computers

You can read books purchased on Google Play using your computer's web browser.

eReaders and other devices

To read on e-ink devices like the Sony eReader or Barnes & Noble Nook, you'll need to download a file and transfer it to your device. Please follow the detailed Help center instructions to transfer the files to supported eReaders.
「きくこと」は、ヒアリング(聞く)、リスニング(聴く)、そしてクエスチョニング(訊く)です。

100点満点の正解を持たない時代だからこそ、
正解に到るために「どうして?」「なぜ?」をとことん掘り下げる
「imquisitive mind=きくことリスト」が必要。

これほど信頼され、相手に好かれるスキルありません。
しかも、だれでも、簡単に身につけることができるのです!

「こんなこときいたらバカにされるかも……」と考えてはいけません。
きけばきくほど信頼され愛され、仕事がうまく進みます。

このスキルを身につければ鬼に金棒!
100回プレゼンし説得するより効果的な“仕事の技術”

【目次】
はじめに なぜいま「きくことリスト」なのか?
第1章 仕事で必ず結果を出す「きくことリスト」
第2章 「きくことリスト」でなんでも叶う!
第3章 7つマスターできたら効果抜群! 「きくことリスト」のケーススタディ!
第4章 就活、営業、プレゼンでも絶対勝てる! 連戦連勝の「きくことリスト」
第5章 思い通りに人を動かす! 一流経営者の「きくことリスト」
第6章 顔を広め味方をつくる「きくことリスト」

【著者プロフィール】
中島孝志(なかじまたかし)
 東京生まれ。早大政経学部政治学科、南カルフォルニア大学大学院修了。PHP研究所、東洋経済新報社を経て独立。経営コンサルタント、経済評論家、ジャーナリスト、作家 (ペンネームは別) 、出版プロデューサー、大学・ビジネススクール講師等ビンボー暇無し。「キーマンネットワーク定例会」(29年の老舗)のほか、
「原理原則研究会in東京」
「原理原則研究会in大阪」
「原理原則研究会in博多」
「原理原則研究会in名古屋」
「中島孝志の日曜読書倶楽部」
「松下幸之助経営研究会」
 いずれも毎月開催。
 講演・セミナーは銀行、メーカー、外資系企業等で高い評価を得ている。全国紙をはじめ専門誌、永田町メディア、金融経済有料ネット、大手企業の社内報から宗教団体機関誌などの連載を20年以上続ける。
 著訳書は240冊超。政財界をはじめとした要人プロデュースは延べ500人超。読書は年間3000冊ペース。落語と大衆演劇、そしてシャンソンの熱烈なファン。
毎日音声&文字で配信!ビジネスで使えるインテリジェンス情報サイト「中島孝志の 聴く!通勤快読」が超人気!

1日はだれにでも公平に24時間与えられている。

 しかし仕事ができる人は朝起きてから寝るまでまったくといっていいほど無駄がない。一方、仕事ができない人は1日が240時間あってもなにもできない。

 仕事リッチな人はもちろん時間もリッチ。人生もリッチで、きっと文字通りリッチでお金持ちなのだと思う。

「ああ、できればあんな風になりたいなあ!」と憧れてしまう。

 一方、仕事プアな人はその反対。いつも汲々と仕事に追いまくられているのに、結果がついてこない。で、いつも叱られる。周囲からはバカにされ、アルバイトからも軽んじられる。哀しい!

「絶対にああはなりたくない!」

 このように、「仕事リッチの人」もいれば、「仕事プアな人」もいる。いったいどこがどう違うのか?

 仕事にしろ、遊びやふだんの生活にしろ、「仕事リッチな人」は1日をどう過ごしているのだろうか? どこがどう違うのか? どんな発想、意識で生産性の高い生活を実現しているのか?

「仕事リッチな人」の行動パターンを朝から晩まで——起床時間、通勤時間のすごし方、オフィスでの仕事ぶり、アフター5の行動、帰りの電車、帰宅してからの生活などなどをのぞいてみよう。きっとあなたの仕事脳を刺激するヒントがたくさん発見できると思う。(本文より)

<目次>
第一章 「仕事のできる人」が朝起きてから出勤するまでにやっていること!
第二章 「仕事のできる人」がオフィスについてすぐやっていること!
第三章 「仕事ができる人」は午前中を効果的に使っている!
第四章 「仕事ができる人」は午後をどのように効果的に使っているのか?
第五章 「仕事ができる人」は会社を出てから夜寝るまで何をしているのか?

<著者>
中島 孝志(なかじま たかし)
 東京生まれ。早大政経学部政治学科、南カルフォルニア大学大学院修了。PHP研究所、東洋経済新報社を経て独立。経営コンサルタント、経済評論家、ジャーナリスト、作家(ペンネームは別)、出版プロデューサー、大学・ビジネススクール講師等。
この伝え方なら大企業にも勝てる!

一発勝負の仕事で差がつく!
最強のコミュニケーション術。

〇味方を増やして敵をつくらない反論法
〇タイプ別のプレゼン戦略
〇愛される「NO」のつたえ方

【目次】
 はじめに

第1章 あなたの仕事に革命を起こす「つたえることリスト」
□「つたわらない!」がふつう
□専門用語や業界用語はタブー
□「勉強しろ!」がつたわらない理由
□副詞をつかうからまちがえる!
□できる人の「つたえることリスト」
□最初につたえるか最後につたえるか?
□箇条書きでつたえる
□身体全体でつたえる

第2章 人のこころを揺さぶる「つたえることリスト」
□このつたえかたなら大企業にも勝てる!
□売ろうとするな!
□「できません」とはっきりつたえる!
□愛される「NO」のつたえかた
□信頼を高める「つたえることリスト」
□ほうれんそう(報告、連絡、相談)で大切なこと
□レポートラインを最優先する!
□一流経営者のつたえる技術

第3章 初対面でファンにする! 顔を広め、味方を増やす「つたえることリスト」
□人は見かけが8割!
□自分の顔に責任を持て!
□笑顔無敵!
□第一印象を10倍良くする方法
□メールは心を揺さぶらない!
□味方を増やし敵をつくらない反論法
□つたえる順番に気をつける!

第4章 交渉で必ず勝つための「つたえることリスト」
□人の心を動かす!
□官僚のつたえかたでは世の中は通用しない!
□西部劇の交渉とインド人の交渉
□一流経営者の交渉術
□「倍返し!」の半沢直樹は正解か?

第5章 頭のいいプレゼンに必要な「つたえることリスト」
□全員ではなく1人につたえようとする!
□レジュメを必ず用意する
□資料を先に渡さない!
□人間の習性をとことん利用する!
□徹底的に相手に合わせる!
□タイプ別のプレゼン戦略
□メリットばかり話すと逆効果
□騒がしさを一瞬で静かにする技術

「チームを任されたはいいけれど、まずはどうしたらいいのだろう…。」
と不安でいっぱいの新米リーダーにとって、大きな指針となる1冊!

はじめて部下を持ったとき。
多くのリーダーは、部下がなかなか思い通りに動かずに、とまどいます。

「なぜ、こんなに簡単なことができないの?」
「なぜ、やります、と約束したことが期限内にできないの?」
「どうして、教えたのとは違う自分流のやり方をしてしまうの?」
「どうして、文句ばかり言って、動かないの?」

理解不能で不可解なことばかり。
しかし、ベテランリーダーにとって、それは当たり前のこと。
動かない部下をどうにかして動かす。
それこそがリーダーの役割である、と気づいたところから、ようやく始まるのです。

本書は、はじめて部下を持つあなたがリーダーシップを身につけるために大切なことを伝える一冊。
企業の組織づくり、人材育成の支援を手掛けながら「悩める30代を救うメンター」としてビジネス書を多数発表している著者自身が、体験し、失敗し、気づきを得たエピソードなどを紹介しながら、「はじめてのリーダー論」として明日から使える31のコツを、やさしく説きます。

【目次】
まえがき
Chapter1 チームづくりのコツ —リーダーシップの基礎の基礎
 自分で動かずメンバーを動かそう
 チームメンバーから高い信頼を得るには?
 メンバーの気持ちを理解する
 納期を半分にしつつ品質も落とさない!?
 リーダーとしての立ち居振る舞い
 何度言っても部下が動いてくれない…
 メンバーは「いてくれる」だけでありがたいもの
 チームをうまく動かすには?

Chapter2 コミュニケーションのコツ —チームプレーを円滑に進めるために
 うまいマッサージ師は強く押さない
 互いの違いを受け止める
 子供が部屋を片づけない理由/子供が部屋を片づけ始めた理由
 問題を指摘する優しさ
 コミュニケーションの本質
 裸の王様
 取りやすいところにボールを投げる

Chapter3 人材育成のコツ —ともに戦う仲間をつくる
 約束を守らない部下をどう育てるか
 部下が思い通り動かない理由
 他人のせいにして思考を放棄しない
 部下の成長を促すなら「DOはご法度」
 人が育つサイクル
 やる気のない部下は相手にしない
 部下のストレス・サインを見逃すな
 自分から聞いてこない部下には教えない
 部下の心に火を灯す方法

Chapter4 自己成長のコツ —頼れるリーダーになるための心得
 植木に水をあげるのは……
 すべては「目標を達成する」ことが大前提
 根拠のない自信をもつこと
 命をいただく
 裏切られた、と感じたときに
 逆風の中を歩むリーダーに贈る5つの言葉
 リーダーはつらいよ

【著者】
小倉広(おぐらひろし)

経営コンサルタント、株式会社小倉広事務所代表取締役、株式会社フェイス総研特別顧問。
大学卒業後、株式会社リクルート入社。事業企画室、編集部、組織人事コンサルティング室課長歴任。 その後、ソースネクスト株式会社(現・東証一部上場)常務取締役などを経て現職。 リーダーシップ開発の専門家として多くの企業の組織づくり、人材育成を支援している。

「リーダーシップとは生き様そのものである」との考えから、人間力向上のための小倉広「人間塾」を主宰。塾長として東洋哲学全般の啓蒙活動を行っている。また、「33歳のルール」(明日香出版社)などを通じて、悩める30代を救うメンターとしても知られている。

あなたらしくらしく働くヒントが満載です。

【内容紹介】
中島孝志の「あなたの仕事に革命を起こす!」シリーズが待望のセットになって登場!
最近、仕事でワクワクしましたか? やりがいのある仕事をしていると自信を持って言えますか? 働くあなたが生き生き仕事をするのを応援する、大好評「あなたの仕事に革命を起こす!」リストシリーズが、この度セットになって登場。作家、経営コンサルタント、経済評論家、ジャーナリスト、出版プロデューサー、大学・ビジネススクール講師など、幅広い活動を行う仕事術のプロがそのインテリジェンスを惜しみなく披露。あなたが自分らしく働くための知恵を伝授いたします。
今回のセットでは、『あなたの仕事に革命を起こす!「しないことリスト」』『あなたの思考に革命を起こす!「考えること」リスト』『あなたの仕事に革命を起こす!「しつもん」リスト』『あなたの仕事に革命を起こす!「きくことリスト」』の4タイトルを収録。
さあ、あなたも本書のリストを活用して、日々の仕事に革命を起こしましょう!

【目次】
あなたの仕事に革命を起こす!「しないことリスト」
あなたの思考に革命を起こす!「考えること」リスト
あなたの仕事に革命を起こす!「しつもん」リスト
あなたの仕事に革命を起こす!「きくことリスト」

【著者紹介】
中島孝志(なかじま・たかし)

東京生まれ。早大政経学部政治学科、南カルフォルニア大学大学院修了。PHP研究所、東洋経済新報社を経て独立。経営コンサルタント、経済評論家、ジャーナリスト、作家、出版プロデューサー、大学・ビジネススクール講師。
「キーマンネットワーク定例会」の他、
「原理原則研究会in東京」
「原理原則研究会in大阪」
「原理原則研究会in博多」
「原理原則研究会in名古屋」
「原理原則研究会in神の国出雲」
「原理原則研究会in新潟」
「原理原則研究会in札幌」
「中島孝志の日曜読書倶楽部」
「松下幸之助経営研究会」いずれも毎月開催。

講演・セミナーは銀行、メーカー、外資系企業等で高い評価を得ている。全国紙をはじめ専門誌、永田町メディア、金融経済有料ネット、大手企業の社内報から宗教団体機関誌などの連載を20年以上続ける。
著訳書は260冊超。政財界をはじめとした要人プロデュースは延べ500人超。
読書は年間3000冊ペース。落語と大衆演劇、そしてシャンソンの熱烈なファン。
毎日音声&文字で配信! ビジネスで使えるインテリジェンス情報サイト「中島孝志の  聴く! 通勤快読」が超人気!
©2020 GoogleSite Terms of ServicePrivacyDevelopersArtistsAbout Google|Location: United StatesLanguage: English (United States)
By purchasing this item, you are transacting with Google Payments and agreeing to the Google Payments Terms of Service and Privacy Notice.