奇跡の一拭

垣坂弘紫

   400字詰め原稿用紙換算枚数 49枚(縦書き)

  所要読書時間40分~70分。


 前書き


 この小説は、短編小説を書いては出版社に送っていた時の作品のひとつです。

  時期は二〇〇四年五月頃だったと思います。

 この小説を書くきっかけとなったのは、あるテレビ番組でした。

 番組名はもう忘れてしまいましたが、東野幸治さんと吉岡美穂さんが出演されていましたバラエティ番組です。その中で、病を扱うコーナーがあって、東野さんはお医者さんの役をされていたと思います。

 その時は、胃腸のお話で、それでお通じの話になったんですよね。

 で、その時に、東野さんが「一回目に拭いた時に何にも付いてないことがありますよね。あれって、奇跡の一拭ですよね」と言われたんです。

 わたしはそれを聞いて「面白いことを言うなあ」と思い、これで小説が書けないものだろうかと想像を膨らませて書いたのが、この『奇跡の一拭』なんです。

 だから、登場人物の名前は西野幸二と富岡美穂なんです。

 お話はちょっとした恋愛物語です。

 最後まで読まれて、ほのぼのとした気持ちになって頂けたら、幸いです。


 あらすじ


 西野幸二には、自分で名付けた『奇跡の一拭』という縁起担ぎがある。

 それが起きた時は、必ず何か良いことがある…と信じている。

 大阪から東京に転勤をして初めて出社したその日、幸二は富岡美穂と出会い一目ぼれする。

 この幸運は『奇跡の一拭』のお陰と信じ、幸二は美穂をデートに誘いたいと思うのだが…

もっと見る
読み込み中...

追加情報

出版社
垣坂弘紫
もっと見る
出版日
2013/06/04
もっと見る
ページ
29
もっと見る
ジャンル
文学コレクション/アジア/日本
もっと見る
コンテンツの保護
これは DRM 保護されたコンテンツです。
もっと見る
読み上げ
Android 搭載端末で利用できます
もっと見る

読書情報

スマートフォンやタブレット

AndroidiPad / iPhone 用の Google Play ブックス アプリをインストールしてください。このアプリがアカウントと自動的に同期するため、どこでもオンラインやオフラインで読むことができます。

ノートパソコンとデスクトップパソコン

パソコンのウェブブラウザを使用して Google Play で購入した書籍を読むことができます。

電子書籍リーダーなどのデバイス

Sony eReader や Barnes & Noble Nook などの E Ink デバイスで読むには、ファイルをダウンロードしてデバイスに転送する必要があります。サポートされている電子書籍リーダーにファイルを転送するには、ヘルプセンターの詳しい手順をご覧ください。
©2018 Googleサイト利用規約プライバシーデベロッパーアーティストGoogle について|地域: アメリカ合衆国言語: 日本語
このアイテムを購入することにより、Google ペイメントとの取引が発生し、Google ペイメントの利用規約およびプライバシーに関するお知らせに同意したことになります。