『滴天髓』通神論: 中国古典/四柱推命の名著

shihei.com
2
無料サンプル

 『滴天髓』は、700年ほど前、中国が元朝から明朝にかわる時代に著わされた書と言われています。その後の推命の研究者の評価は高く、名著としてたびたび取り上げられています。現在においても、四柱推命を専門的に学ぶ上で、必ず目を通しておきたい名著と言えます。なお、本書は任鐵樵・増註『滴天髓闡微』訳註です。

本書では『滴天髓』の和訳のほか、清朝の皇帝の実例を取り上げています。清朝に最盛期をもたらした、康煕帝、雍正帝、乾隆帝。そして清朝が滅亡に至るまでの、咸豐帝、同治帝、光緒帝、宣統帝(ラストエンペラー)を対比させ、国家の存亡と皇帝の命運との関係を解明しています。 

なお、本書をお読みになる前に、既刊「サクサクわかる四柱推命の本」をお読みになられることをお勧めします。なお、四柱八字自動計算のアプリが完成。PCやタブレット、スマホで動作します(http://www.shihei.com/shihei/calc/)。ぜひご活用ください。

もっと見る

小山内 彰 のその他の書籍

もっと見る
5.0
2 件(合計)
読み込み中...

追加情報

出版社
shihei.com
もっと見る
出版日
2013/12/25
もっと見る
ページ
410
もっと見る
もっと見る
もっと見る
言語
日本語
もっと見る
ジャンル
工芸&趣味/全般
哲学/全般
もっと見る
コンテンツの保護
これは DRM 保護されたコンテンツです。
もっと見る

読書情報

スマートフォンやタブレット

AndroidiPad / iPhone 用の Google Play ブックス アプリをインストールしてください。このアプリがアカウントと自動的に同期するため、どこでもオンラインやオフラインで読むことができます。

ノートパソコンとデスクトップパソコン

パソコンのウェブブラウザを使用して Google Play で購入した書籍を読むことができます。

電子書籍リーダーなどのデバイス

Sony eReader や Barnes & Noble Nook などの E Ink デバイスで読むには、ファイルをダウンロードしてデバイスに転送する必要があります。サポートされている電子書籍リーダーにファイルを転送するには、ヘルプセンターの詳しい手順をご覧ください。
 自由と幸福に満ち、不安や心配事のない人生を私たちは夢見ます。互いを信頼し、心地良く生きられる人生、争いがなく、笑顔が絶えることがなく、限りない安心と共に健やかに暮らせる人生・・・。
私たちが思い描くあるべき人生の姿こそ、理想の世界といえるでしょう。しかしそうした理想の世界は、現実には極めて実現困難なものと思われていることもまた事実です。現に、この世に暮らす誰もが平和や幸福を願う一方、世界では今も紛争や悲惨な出来事が絶えません。また私たちの日常でも悩みや不安は尽きることがありません。

しかし本書の著者ウミョンは、その理想の世界は実現不可能なものではなく今この場で実現可能だと語ります。私たちが願い夢見る理想の世界。それは、人間の心を本来なる真理の心、すなわち宇宙の心に変えた時に実現するとウミョンは説きます。

「私たち人間は、生まれながらにしてこの世を写真に撮り収め、自らの家族や仕事、お金や愛や名誉、憎い相手に至るまで、人生の一切を写真に撮り続けている。そうして作った写真の世界こそ、自らが作り上げた心の世界であり人間の心だ。人間はこの心の世界で様々に葛藤し、愛し、憎み、善悪を分け隔て、自らの劣等意識を克服しようとしているから悩みがあり、労苦を重ねるばかりなのだ。人はその人間の心を捨てさえすればいいのである・・・今までは心に何かを付け足すばかりの時代だったが、今は心を捨て去る時代であり、話の中にしかなかった真理になる時代だ」(ウミョン)

人生の年月を重ねるほどに不安を感じ、虚しさばかりが胸を衝くのはなぜなのでしょうか?

それは、自分の心の世界があるためです。ウミョンは読者にこう問いかけます。自らの心の世界をすべて捨て、人の心を神なる宇宙の心へと変え、宇宙の心となって永遠なる幸福の国で生きるべきではないかと。今や自分の心の世界に生きる時代ではなく、私たちが生きるべき本来の世界・永遠なる幸福の国で理想の世界を実現する時代です。人間がこの世に生まれて生きる意味と目的、偽りの心の世界を脱ぎ捨てて本来の自分として生きる道筋を明らかにする本書は、この世に生きるあらゆる人々にとって真の福音となる一冊です。

本書は世界最大のインターネット書店であるアマゾンで、総合ベストセラーで全体一位を獲得し、2012年度年間ベストセラーに選ばれた。
<本文より>
サラリーマンにとっての年収とは単なるお金の数値ではありません。会社や上司からの評価が数字となって現れたものでもあります。どうやったら自分の評価を上げて年収をアップさせられるのか。何が自分の年収を決める要素になっているのか。希望あふれる新入社員から、伸び悩みを感じている中堅社員まで、年収2倍を目指して努力するための考え方と方法をお伝えします。人事部スタッフの立場から語る、人生の効率を上げる教科書です。
・・・
表現としては組織に勤める人を主人公にしていますが、本質的な内容は自営業者であっても経営者であっても有効なものであるはずです。また、経営者であれば、人事制度の設計や運用、従業員のモチベーションアップなどにも活用できるのではないでしょうか。
今の年収を倍にする。これをひとつの目標として、そのためにどうするのかを解説していきましょう。

<目次>
●第1章 「すぐに」と「じっくり」、年収アップで目指すべきは?
●第2章 知っておこう、会社のことと自分のこと
●第3章 受ける評価を最大値にする取り組みとは
●第4章 自分を成長させるためにできること
●第5章 会社の業務はコミュニケーションによって進行する
●第6章 目標をさだめ、アクションを起こそう

<著者紹介>
永江 信彦
石川県出身。元株式会社ドーガ(現DMM.comラボ)人事部長。2011年4月に独立。採用活動や社員教育を行ってきた経験を生かし、職業訓練や社員研修などで講師を務める。一般向けの社会人講座ではロジカル・シンキングの手法なども伝える。

★impress QuickBooks(http://quickbooks.impress.jp/)は、気軽に電子書籍を楽しんでいただきたいという想いから生まれた電子専門レーベルです
©2018 Googleサイト利用規約プライバシーデベロッパーアーティストGoogle について|地域: アメリカ合衆国言語: 日本語
このアイテムを購入することにより、Google ペイメントとの取引が発生し、Google ペイメントの利用規約およびプライバシーに関するお知らせに同意したことになります。