感情の整理ができる人は、人生うまくいく

SBクリエイティブ

悩みに苦しむより悩みに寄り添う、禅の訓え

人と比較して悩んだり、自分に自信が持てなかったり、一歩が踏み出せなかったり……。人間ですから、悩みを抱えてしまうことは当たりまえ。本書では、禅僧、枡野和尚が悩みに苦しむのではなく、悩みを受け容れ、少しでもラクに上手につき合う方法を説きます。

人と比較して悩んだり、自分に自信が持てなかったり、一歩が踏み出せなかったり……。人間ですから、悩みを抱えてしまうことは当たりまえ。
悩みに心をとらわれ、なんとか答えを出そうと考え続けるのはとても苦しい作業です。
そこで、お勧めしたいのが禅的「考えない練習」。
禅の世界には、もともと正しい答えなどありません。常識だって存在しません。
どんな悩みや問題も、そんな「禅の見方」で寄り添えば、違った景色が見えてくるし、違う道のりが見えてくる。急いで答えを出さなくてもいいし、そもそも答えを求める必要がないことだってあるのです。
悩みと上手につき合うコツは、「考えないこと」。
本書では、枡野和尚が実践している、考えなくていい「問題との向き合い方」を公開します。
悩みに苦しむよりも、悩みとは上手につき合う。考え込まずに寄り添うことで、心は晴れやかに、穏やかに満たされます。
Read more

About the author

●著者紹介
枡野俊明(ますの しゅんみょう)
曹洞宗徳雄山建功寺住職、庭園デザイナー、多摩美術大学環境デザイン学科教授。玉川大学農学部卒業後、大本山總持寺で修行。禅の庭の創作活動によって、国内外から高い評価を得る。芸術選奨文部大臣新人賞を庭園デザイナーとして初受賞。ドイツ連邦共和国功労勲章功労十字小綬章を受章。2006年「ニューズウィーク」誌日本版にて、「世界が尊敬する日本人100人」に選出される。庭園デザイナーとしての主な作品に、カナダ大使館、セルリアンタワー東急ホテル日本庭園など。著書に『禅が教えてくれる 美しい人をつくる「所作」の基本』(幻冬舎)、『禅、シンプル生活のすすめ』(知的生き方文庫)、『怒らない禅の作法』(河出書房新社)、『心配事の9割は起こらない』(三笠書房)など、ほか多数。日本の美しさについて、常に説いている。
Read more

Reviews

Loading...

Additional Information

Publisher
SBクリエイティブ
Read more
Published on
Jan 28, 2016
Read more
Pages
224
Read more
ISBN
9784797386554
Read more
Language
Japanese
Read more
Genres
Philosophy / General
Read more
Content Protection
This content is DRM protected.
Read more
Read Aloud
Available on Android devices
Read more

Reading information

Smartphones and Tablets

Install the Google Play Books app for Android and iPad/iPhone. It syncs automatically with your account and allows you to read online or offline wherever you are.

Laptops and Computers

You can read books purchased on Google Play using your computer's web browser.

eReaders and other devices

To read on e-ink devices like the Sony eReader or Barnes & Noble Nook, you'll need to download a file and transfer it to your device. Please follow the detailed Help center instructions to transfer the files to supported eReaders.
枡野俊明
 ★《你所煩惱的事,有九成都不會發生》暢銷作家枡野俊明全新力作!

人到了這個年紀,人生態度自然而然會顯現在臉上,所以得好好生活。

對自己長相負起責任的人生,就是踏實認真的活過每一個瞬間。

 

◎如何愈活愈美?

想要愈活愈美,就必須永遠恪盡本分。無論是工作、玩樂、人際關係、日常生活,都專注於眼前。做任何事都全心全意、專注投入。

 

◎如何青春不老?

如果能讓心保持年輕,身體也會被心靈帶動。年輕的原動力,端看一個人的心態。保持毛頭小子般的青春氣概,就能讓青春期無限延長。

 

◎如何防止心靈老化?

不管到了幾歲,都該讓當下的自己全力衝刺。竭盡全力完成某件事後,流進心中的清爽涼風,正是防止心靈老化的特效藥。

 

◎離開職場後,如何過得精采有活力?

找出自己喜歡、有興趣嘗試的事。決定幾項想成就的事,使其成為生活重心;

有了想成就的事,自然會規劃出生活的輕重緩急。這就是活得精采有活力的訣竅。

 

法國文豪雨果:「四十歲是青年的老年期,五十歲是老年的青春期。」

 

當歲月的年輪逐漸疊加,人生的四季依時更迭,你可曾佇足品賞秋月的詩意曠遠和冬雪的清淨純潔?

 

卸下職場重擔和育兒任務,心靈猶有餘裕之際,如何邁出下一步?

 

如何安排大把時間?如何調適失去頭銜的心境?如何和年輕世代相處?如何讓下半場人生保有動力?如何防止心靈老化?如何面對父母的衰亡?

 

如果生命之路是連綿的低谷和高山,中年的我們行至中途,眼前矗立著另一座人生大山。你可以靜心慢行,也可以衝刺攻頂;置身谷底的煎熬、登峰賞景的壯闊,都將凝聚為度過晚年時光的力量。

 

身兼大學教授、禪學大師及暢銷作家的枡野俊明,被譽為「舉世尊崇的100個日本人」,首次以禪學哲思闡述熟年美學。全書以一則則清朗潤澤的生活禪語啟發讀者各種超越老境、愉快度日的心念,讓晚年時光結實纍纍、收穫精采!

 

★名人推薦

洪啟嵩(地球禪者)

心岱(作家)

游乾桂(作家)
孫越(終身志工)

枡野俊明
「引き算」の生き方が、毎日をご機嫌に過ごすコツ――。

庭園デザイナーとして国内外から高く評価され、大学教授も務める著者が、曹洞宗の住職として忙しい現代人に送る癒しのメッセージ。
禅の精神そして誰でもすぐに実践できる坐禅の方法などをやさしく解説しながら、多忙で欲多い「足し算」の生き方ゆえに苦しむ人々に、心と体の平穏をとりもどすヒントを展開。

【もくじ】
まえがき……「引き算」の生き方が、毎日をご機嫌に過ごすコツ
第一章 ■ すべては「気付く」ことから始まる
第二章 ■ 人生、「今」こそ、すべて
第三章 ■ 体と心を整えると、ネガティブ思考から抜け出せる
第四章 ■ 「掃除」がありのままの自分を磨く
第五章 ■ 美しい人は「減らす生活」でつくられる

【著者略歴】
枡野俊明(ますの・しゅんみょう)

1953年、神奈川県生まれ。
曹洞宗徳雄山建功寺住職、庭園デザイナー、多摩美術大学環境デザイン学科教授。玉川大学農学部卒業後、大本山總持寺で修行。褝の思想と日本の伝統文化に根ざした「褝の庭」の創作活動を行い、国内外から高い評価を受ける。芸術選奨文部大臣新人賞を庭園デザイナーとして初受賞。ドイツ連邦共和国功労勲章功労十字小綬章を受章。2006年、「ニューズウィーク」誌日本版にて、「世界が尊敬する日本人100人」に選出される。主な作品に、カナダ大使館庭園、セルリアンタワー東急ホテル日本庭園、ベルリン日本庭園など。
主著に、ベストセラー『心配事の9割は起こらない』『禅、シンプル生活のすすめ』『禅「心の大そうじ」』(以上、三笠書房)ほか、『褝が教えてくれる美しい人をつくる「所作」の基本』(幻冬舎)、『怒らない褝の作法』(河出書房新社)など多数がある。
枡野俊明
「禅的おもてなし」とは、他人が幸せになる知恵であるだけでなく、自分も幸せにするマナーです。 常に相手の気持ちを先取りし、以心伝心の接客・接遇を心がけましょう。毎日の仕事にこそ心を込めましょう。家事に心を込めましょう。商売やビジネスシーンでお客様のために、一生、学び続けましょう。 そのための具体的な実践や心構えについて、この本を通して一緒に学ぶことから始めてみませんか。―「まえがき」より―
【もくじ】まえがき……「おもてなし」には日本人の千年の知恵がつまっている1章 常に相手を考える一期一会の「おもてなし生活」とは何か? 1 「おもてなしの心」がわかってこそ、その道を極めていける 2 本当のおもてなしとは、いつも「一期一会」 3 さりげなさこそ、おもてなしの真髄 4 主従関係を設けない対等な関係 5 「出迎え三歩、見送り七歩」のおもてなし 6 「マニュアル」と「おもてなし」の大きな違いとは? 7 おもてなしとは「行為を持って、気持ちを成す」こと 8 見返りを求めない。そのおもてなしこそ尊い 9 自分が感じた心地よさを、おもてなしに反映させる 10 「いかにもやりました」という演出は美しくありません 11 目に見えないところにこそ、手を抜かない 12 相手を心地よく受け入れることは、日本人の得意技2章 シンプルな「おもてなし生活」を愉しむレッスン 13 日常生活を通して、「おもてなし力」を高める 14 何度でも同じ場所を訪れて、「心の定点観測」をする 15 たくさんの物を見ると、自分の目が肥えてきます 16 一瞬一瞬の丁寧な積み重ねが、豊かな人生をつくる 17 朝の散歩を日課にすると、感性が研ぎ澄まされる 18 「利他」の精神で、公共の場をきれいにしてみる 19 意地悪な人に遭ったら、「ありがとう」と3回唱える 20 食器は普段から季節に即したいいものを使う 21 忙しくて手伝えない場合でも、ひと声かける 歳時記のおもてなし(1)3章 日本の四季をとことん愉しむ「おもてなし歳時記」レッスン 22 夜空を見上げて、月を愛でる時間を持つ 23 心に余裕があってこそのおもてなし 24 「忙中閑あり」忙しい人ほど、時間の使い方が上手い 25 お互い得をすることが本当の善 26 結果を期待する人には、下心ある人ばかり寄ってくる 27 直接会わない相手にも喜んでもらえる簡単な方法 28 しきたりや習わしは、意味があって存在する 29 植物を育てることも、「おもてなし生活」に通ず 30 自分の物差しを持つと、世界がつながる 31 一年に一度、一流のホテルで一流のおもてなしを体験する 32 仏様へのおもてなしの心が、美しい日本文化を育んだ 歳時記のおもてなし(2)4章 お金のかからない7つの「おもてなし生活」レッスン 33 喜んでもらう嬉しさ「無財の七施」とは? 34 【眼施】言葉にできない相手の気持ちを、やさしい眼差しで受け止める 35 【和顔施】和顔には周りを幸せにする力がある 36 【言辞施】気持ちが込もった言葉に人は動く 37 【身施】みんなに喜んでもらえることを自主的に 38 【心施】あなたが嬉しいと私も嬉しい。あなたが悲しいと私も悲しい 39 【床座施】誰かのために場を譲る 40 【房舎施】困っている人に休む場所を貸す 41 喜捨をすると、心がほんのり暖かくなる 歳時記のおもてなし(3)5章 お客さまを招いて、満足をいただく「おもてなし生活」レッスン 42 相手に対して、どのような気持ちを込めるか 43 「季節」と「地域性」を取り入れて、さりげない演出を考える 44 装飾品を飾るなら、すっきりした空間にひとつだけ 45 その人にあった、オーダーメードの環境をつくる 46 相手のタイミングを見てお茶や料理を出す 47 失敗や間違ったマナーも笑顔で受け流す 48 おもてなしの席では、お客さんの話をただただ聞いてあげる 49 心を「今、ここ」に残して余韻を楽しむ 歳時記のおもてなし(4)6章 長続きする商売・ビジネスの「おもてなし生活」レッスン 50 「喫茶去」の心でおもてなしをする 51 「喜んでもらえるから嬉しい」が商売の基本姿勢 52 目に見えないたくさんの人に商売は支えられている 53 利益以上の志がある店、ビジネスは長く愛される 54 結果は必ず後からついてくる 55 気に入られなかったのであれば、ご縁がなかったということ 56 「こだわり」に執着するよりも、「柔軟心」を大切におもてなし生活コラム ふろしきを活用しませんか? おもてなしに取り入れたい季節の和菓子 旧暦を知っていますか? 季節のおたよりでごあいさつ
©2017 GoogleSite Terms of ServicePrivacyDevelopersArtistsAbout Google
By purchasing this item, you are transacting with Google Payments and agreeing to the Google Payments Terms of Service and Privacy Notice.