英語を本気でモノにするスピーチ朗唱法 Barack Obama The Audacity of Hope編 Part1

プチ・レトル
Free sample



英語を本気でモノにしたい方のための、効果的なインプット学習ができる「朗唱」という英語学習法を紹介するトレーニングブックです。


本書をただ読むだけでなく、1ページずつ実際に音声を聞いたり口に出しながら実践していくことで、「英語脳」作りが促進され、英語を話せるようになるだけでなく、リスニング、リーディング、ライティングの力も向上します。

本書では、オバマがアメリカ全土で一躍有名になった、2004年の民主党党大会での基調演説(The Audacity of Hope)を題材に、「朗唱」を完成させていくまでのステップを細かく紹介し、本書を使って実際に「朗唱」の練習を進められるようにしました。

これまで、この有名なスピーチを題材にして、内容の解説をしたり、音読や発音練習を薦めるような本は他にも幾多ありましたが、スピーチの「朗唱」を完成させることを目的として、発音練習のポイント、使われているフレーズやスピーチ・テクニックの紹介、そしてスピーチ自体の内容の解説までを網羅した本は、本書が初です。

全部で16分ほどのスピーチを5つのパートに分けており、本書はパート1として、最初の3分間をとりあげています。今後、約2ヶ月毎に、新たなパートを出す予定ですので、その間にパート1の朗唱を完成させるつもりで、本書を徹底的に使って、実践練習に取り組んでみてください。

※「朗唱」とは
単なる暗記や音読とは違い、英語をまず音として味わい、英語を英語のまま捉えるもの、そしてスピーチの背景や、話し手の気持ちも考えながら、何度も繰り返し声に出して練習することにより、スピーチそのものの奥深さを味わうものです。このような練習を行うことにより、「英語が感じられて、英語で考えることができるようになる」という効果があります。


【目次】
1. 世界を変えた名スピーチによる英語学習
2. The Audacity of Hopeの紹介
3. スピーチを使った英語の朗唱学習法
4. 実践練習 本書の練習パート
5. 実践練習 [Paragraph1]
6. 実践練習 [Paragraph2]
7. 実践練習 [Paragraph3]
8. 実践練習 [Paragraph4]
9. 実践練習 [Paragraph5]
10. 実践練習 [Part1全体]
11. 実践練習応用編:「オバマ・スタイル・スピーチ」を作ってみよう
12. 発音練習のポイント

出版日:2013/4/20
最新バージョン:1.10
最終更新日:2014/2/16
Read more

About the author

 英語スクールForward 代表


南アラバマ大学でコミュニケーション学と英語学、ジョージタウン大学院にて日本語講師を勤めながら同大学院で英語教授法修士号、4年間で学士・修士号を取得。他、ハーバード大学夏期講座、演劇と言語学を受講。帰国後は松本亨高等英語専門学校を引き継ぎ、教育現場にて英語教育に専念。発音、演説、テスト対策、プロフェッショナルプレゼンテーションを中心に、英字新聞、ビジネス英語等、幅広く指導にあたる。2004年カプラン・ジャパン代表就任。カリキュラム構築、マネジメントを手がける。ユニークな指導方法は、米国ABC放送や、ウォールストリートジャーナル誌などで紹介される。

ほか、プロジェクトワーク研修、セミナー、講演など実施。

新TOEICテストが初施行された2006年5月公開テスト/990点満点。2007年1月21日施行、第1回新TOEICスピーキング・ライティング公開テスト/各200点満点。次世代TOEFLテスト公開テスト/リーディング・リスニング・スピーキング・ライティングセクション各30点満点。
Read more

Reviews

Loading...

Additional Information

Publisher
プチ・レトル
Read more
Pages
211
Read more
Language
Japanese
Read more
Content Protection
This content is DRM free.
Read more
Read Aloud
Available on Android devices
Read more

Reading information

Smartphones and Tablets

Install the Google Play Books app for Android and iPad/iPhone. It syncs automatically with your account and allows you to read online or offline wherever you are.

Laptops and Computers

You can read books purchased on Google Play using your computer's web browser.

eReaders and other devices

To read on e-ink devices like the Sony eReader or Barnes & Noble Nook, you'll need to download a file and transfer it to your device. Please follow the detailed Help center instructions to transfer the files to supported eReaders.
石渡 誠
定価500円のところ、シリーズ第3巻の発売を記念して期間限定300円でご提供中!!


 【内容紹介】



 



オバマの有名なスピーチを使って英語をモノにする!



 



英語上達に大きな効果のある「朗唱」というインプット学習法を使った実践的なトレーニングブックです。



 



オバマがアメリカ全土で一躍有名になった、2004年の民主党党大会での基調演説を使って「朗唱」を実践する、『英語を本気でモノにするスピーチ朗唱法 Barack Obama The Audacity of Hope編』シリーズ5冊のうちの3冊目(Part3)です。



 



ただ読むだけでなく、1ページずつ実際に音声を聞いたり口に出しながら実践していくことで、「英語脳」作りが促進され、英語を話せるようになるだけでなく、リスニング、リーディング、ライティングの力も向上します。



 



このスピーチは全体で16分ほどありますが、これを5つのパートに分けて、丁寧に、練習のポイントやパラグラフごとの意味づけなどを解説しています。1つのパートを2ヶ月くらいかけて練習していきましょう。



 



1冊目の範囲は、オバマが自己紹介をしながら、自分や自分の家族の話と、アメリカという国全体の話をうまくつなげていく最初の3分間のスピーチでした。2冊目では、アメリカという国の素晴らしさ、そしてアメリカが抱える問題点について語り、それらに対処できる人物として、民主党の大統領候補、ジョン・ケリーを紹介するまでを対象にしたスピーチを練習しました。



 



3冊目となる本書の対象範囲のスピーチは、ジョン・ケリーの経歴や業績に触れ、ケリーがいかに大統領候補としてふさわしいかを語ります。一人の若い兵士の名を挙げ、戦地に派兵される人々やその家族に思いを寄せていくことで、聴衆の気持ちを揺さぶります。そして、力強くリズミカルな語りで、聴衆のボルテージを上げクライマックスを迎える、素晴らしいスピーチです。



 



本書を徹底的に使って、英語スピーチ朗唱法の実践練習に取り組んでみてください。



 



※「朗唱」とは 単なる暗記や音読とは違い、英語をまず音として味わい、英語を英語のまま捉えるもの、そしてスピーチの背景や、話し手の気持ちも考えながら、何度も繰り返し声に出して練習することにより、スピーチそのものの奥深さを味わうものです。このような練習を行うことにより、「英語が感じられて、英語で考えることができるようになる」という効果があります。



 



【目次】



1. 世界を変えた名スピーチによる英語学習



  1-1 効果的、効率的に英語を学ぶ方法



  1-2 スピーチの朗唱による英語力習得の効果



2. The Audacity of Hope”の紹介



  2-1 The Audacity of Hope”のスピーチ動画



  2-2 The Audacity of Hope”のスピーチ全文



  2-3 The Audacity of Hope”演説の背景



  2-4 オバマスピーチの魅力



3. スピーチを使った英語の朗唱学習法



  3-1 「3C英語学習法」



  3-2 Step1 Cut (音の区切りごとにカットしながら練習する)



  3-3 Step2 Connect (区切った音をつなげて練習する)



  3-4 Step3 Consider (フレーズ、表現、意味、構造、スピーチ・テクニックを知る)



4. 実践練習 本書の練習パート



59. Paragraphごとの実践練習



   Paragraphの位置づけ



   練習してみよう



   表現・フレーズ



   スピーチ・テクニック



   ビデオを観て応用練習しよう



10. 実践練習 Part3全体



11. 発音練習のポイント



 



 



出版日:2014125



最終更新日:2014125

石渡 誠
オバマの有名なスピーチを使って英語をモノにする! 


英語上達に大きな効果のある「朗唱」というインプット学習法を使った実践的なトレーニングブックです。 

オバマがアメリカ全土で一躍有名になった、2004年の民主党党大会での基調演説を使って「朗唱」を実践する、『英語を本気でモノにするスピーチ朗唱法 Barack Obama The Audacity of Hope編』シリーズ5冊のうちの2冊目(Part2)です。 

ただ読むだけでなく、1ページずつ実際に音声を聞いたり口に出しながら実践していくことで、「英語脳」作りが促進され、英語を話せるようになるだけでなく、リスニング、リーディング、ライティングの力も向上します。 

このスピーチは全体で16分ほどありますが、これを5つのパートに分けて、丁寧に、練習のポイントやパラグラフごとの意味づけなどを解説しています。1つのパートを2ヶ月くらいかけて練習していきましょう。 

1冊目(Part1)の範囲は、オバマが自己紹介をしながら、自分や自分の家族の話と、アメリカという国全体の話をうまくつなげていく最初の3分間のスピーチでしたが、2冊目となる本書では、アメリカという国の素晴らしさ、そしてアメリカが抱える問題点について語り、それらに対処できる人物として、民主党の大統領候補、John Kerryを紹介するまでを対象にしています。 

本書を徹底的に使って、英語スピーチ朗唱法の実践練習に取り組んでみてください。 

※「朗唱」とは 単なる暗記や音読とは違い、英語をまず音として味わい、英語を英語のまま捉えるもの、そしてスピーチの背景や、話し手の気持ちも考えながら、何度も繰り返し声に出して練習することにより、スピーチそのものの奥深さを味わうものです。このような練習を行うことにより、「英語が感じられて、英語で考えることができるようになる」という効果があります。 

【目次】 
1. 世界を変えた名スピーチによる英語学習 
  1-1 効果的、効率的に英語を学ぶ方法 
  1-2 スピーチの朗唱による英語力習得の効果 
2. “The Audacity of Hope”の紹介 
  2-1 “The Audacity of Hope”のスピーチ動画 
  2-2 “The Audacity of Hope”のスピーチ全文 
  2-3 “The Audacity of Hope”演説の背景 
  2-4 オバマスピーチの魅力 
3. スピーチを使った英語の朗唱学習法 
  3-1 「3C英語学習法」 
  3-2 Step1: Cut (音の区切りごとにカットしながら練習する) 
  3-3 Step2: Connect (区切った音をつなげて練習する) 
  3-4 Step3: Consider (フレーズ、表現、意味、構造、スピーチ・テクニックを知る) 
  3-5 Part全文 
4. 実践練習 本書の練習パート 
5. 実践練習 [Paragraph1] 
6. 実践練習 [Paragraph2] 
7. 実践練習 [Paragraph3] 
8. 実践練習 [Paragraph4] 
9. 実践練習 [Paragraph5] 
10. 実践練習 [Paragraph6] 
11. 実践練習 [Part2全体] 
12. 実践練習応用編:「オバマ・スタイル・スピーチ」を作ってみよう 
13. 発音練習のポイント

出版日:2013/7/26
最終更新日:2014/2/16 (バージョン:1.10)
DRM:なし

石渡 誠
 英語を本気でモノにしたいと思いますか? 


思っているけれど、時間がない、お金がない、もう若くない、自分に合った学習法が見つからない・・・などの理由で、英語をモノにできていない方。さまざまな英語本を読み、たくさんの学習法を試してきたけれど、どれも長続きせずに、英語がモノにできていないと感じている方。 

本書は、そういう方にぜひ読んでいただきたい本です。 

英語をモノにするために必要なのは、まず、正しい「心構え」です。さまざまな英語勉強法を知っていても、高いお金をかけて英会話スクールに通っていても、正しい心構えができていなければ、本当に使える英語をモノにすることはできません。逆に、一度正しい心構えができてしまえば、必ず英語をモノにすることができます。 

貴重な人生の中で、英語をモノにする方法がわからずに何年も苦労するのは、大変もったいないことです。ぜひ、正しい心構えをもって、迷いなく、英語をモノにするための学習を始めてください。 

この本を読まれた後には、ぜひ「英語を本気でモノにするための学習法」も、合わせてお読みください。そして、ただ読むだけで終わらせるのではなく、正しい心構えを持って、そして本当に英語をモノにするための学習を、一緒に始めましょう。 

【目次】 
第1章 英語をモノにする心構え 
1-1. 英語の壁を乗り越えられない理由 
1-2.「時間がない」という問題 
1-3.「お金がない」という問題 
1-4.「甘い」社会 
1-5. 言い訳は心のブレーキ 
1-6. 本気にならなければ英語はモノにならない 
1-7. 早朝クラスについて 
1-8.経営者の方々へお伝えしたいこと 
1-9.「英語をモノにする心構え」総集編 
1-10. 英語学習の目的 

第2章 英語上達・必ず達成する秘訣
2-1.英語が上達するための5つの秘訣 
2-2.英語上達の秘訣①「きっかけを大事にする」 
2-3.英語上達の秘訣②「高い目的を意識する」 
2-4.英語上達の秘訣③「目的に即した、必ず達成する目標を定める」 
2-5.英語上達の秘訣 プロの指導 
2-6.英語上達の秘訣④「目標を必ず達成する」 

第3章 問題をチャンスに変えた私の体験 
3-1. 松本亨高等英語専門学校との出会い 
3-2. バイト探しの日々 
3-3. 留学という目標に向けて 
3-4. 初めてのアメリカ 
3-5. 問題をチャンスと考える 
3-6.英語上達の体験談 


出版日:2013年2月1日

最終更新日:2015年6月25日

DRM:なし

石渡 誠
オバマの有名なスピーチを使って英語をモノにする! 英語上達に大きな効果のある「朗唱」というインプット学習法を使った実践的なトレーニングブックです。 

オバマがアメリカ全土で一躍有名になった、2004年の民主党党大会での基調演説を使って「朗唱」を実践する、『英語を本気でモノにするスピーチ朗唱法 Barack Obama The Audacity of Hope編』シリーズ5冊のうちの4冊目(Part4)です。 

ただ読むだけでなく、1ページずつ実際に音声を聞いたり口に出しながら実践していくことで、「英語脳」作りが促進され、英語を話せるようになるだけでなく、リスニング、リーディング、ライティングの力も向上します。 

このスピーチは全体で16分ほどありますが、これを5つのパートに分けて、丁寧に、練習のポイントやパラグラフごとの意味づけなどを解説しています。1つのパートを2ヶ月くらいかけて練習していきましょう。 

1冊目の範囲は、オバマが自己紹介をしながら、自分や自分の家族の話と、アメリカという国全体の話をうまくつなげていく最初の3分間のスピーチでした。2冊目では、アメリカという国の素晴らしさ、そしてアメリカが抱える問題点について語り、それらに対処できる人物として、民主党の大統領候補、ジョン・ケリーを紹介するまでを対象にしたスピーチを練習しました。3冊目では、ジョン・ケリーの経歴や業績に触れ、ケリーがいかに大統領候補としてふさわしいかを語るスピーチを練習しました。一人の若い兵士の名を挙げ、戦地に派兵される人々やその家族に思いを寄せていくことで、聴衆の気持ちを揺さぶります。そして、力強くリズミカルな語りで、聴衆のボルテージを上げクライマックスを迎える、素晴らしいスピーチでした。 
そして、4冊目となる本書は、いよいよこのスピーチの最も代表的なパートを扱います。このパートは、その後2006年よりオバマ自身が政治家として出馬し始めると、世界中で「オバマ」という人物を知らせるために、何度もテレビやラジオで繰り返し放送された部分です。ここでは、ジョン・ケリーの話から理想的なアメリカ建国精神の話へと、巧みに移していきます。そして、レトリックを駆使しながら、「個人主義」と共にアメリカが大切にしていること「団結の精神」、を分かりやすくかつ、強烈に訴えていきます。 
本書を徹底的に使って、英語スピーチ朗唱法の実践練習に取り組んでみてください。 

※「朗唱」とは 単なる暗記や音読とは違い、英語をまず音として味わい、英語を英語のまま捉えるもの、そしてスピーチの背景や、話し手の気持ちも考えながら、何度も繰り返し声に出して練習することにより、スピーチそのものの奥深さを味わうものです。このような練習を行うことにより、「英語が感じられて、英語で考えることができるようになる」という効果があります。 

【目次】 
1. 世界を変えた名スピーチによる英語学習 
  1-1 効果的、効率的に英語を学ぶ方法 
  1-2 スピーチの朗唱による英語力習得の効果 
2. “The Audacity of Hope”の紹介 
  2-1 “The Audacity of Hope”のスピーチ動画 
  2-2 “The Audacity of Hope”のスピーチ全文 
  2-3 “The Audacity of Hope”演説の背景 
  2-4 オバマスピーチの魅力 
3. スピーチを使った英語の朗唱学習法 
  3-1 「3C英語学習法」 
  3-2 Step1: Cut (音の区切りごとにカットしながら練習する) 
  3-3 Step2: Connect (区切った音をつなげて練習する) 
  3-4 Step3: Consider (フレーズ、表現、意味、構造、スピーチ・テクニックを知る) 
4. 実践練習 本書の練習パート 
5~9. Paragraphごとの実践練習 
   Paragraphの位置づけ 
   練習してみよう 
   表現・フレーズ 
   スピーチ・テクニック 
   ビデオを観て応用練習しよう 
10. 実践練習 Part4全体 
11. 発音練習のポイント 

出版日:2014年5月16日 
最終更新日:2014年5月16日 

DRM:なし
石渡 誠
オバマの有名なスピーチを使って英語をモノにする! 

英語上達に大きな効果のある「朗唱」というインプット学習法を使った実践的なトレーニングブックです。 

オバマがアメリカ全土で一躍有名になった、2004年の民主党党大会での基調演説を使って「朗唱」を実践する、『英語を本気でモノにするスピーチ朗唱法 Barack Obama The Audacity of Hope編』シリーズ5冊のうちの最後の1冊(Part5)です。 

ただ読むだけでなく、1ページずつ実際に音声を聞いたり口に出しながら実践していくことで、「英語脳」作りが促進され、英語を話せるようになるだけでなく、リスニング、リーディング、ライティングの力も向上します。 

このスピーチは全体で16分ほどありますが、これを5つのパートに分けて、丁寧に、練習のポイントやパラグラフごとの意味づけなどを解説しています。1つのパートを2ヶ月くらいかけて練習していきましょう。 

5冊目となる本書は、いよいよスピーチ最終章となります。「団結の精神」を訴えた前章から引き続き、最後は「希望」をテーマに会場のボルテージを最高のものにしていきます。分断を呼んでしまうような辛辣な政治ではなく、前向きで希望溢れる政治への選挙であると訴え、Hope という言葉を連呼しながら、アメリカ人が持つべき希望の意味を問いただしていきます。そして文中出てくる、”the audacity of hope” というフレーズは、このスピーチのタイトルとして後世に残るような有名な文言となりました。そしてこのスピーチ最後の文章は、109単語が連なる長い一文で、聴衆を感動と興奮のるつぼへと引き込み、オバマ自身を聴衆に強烈に印象付けて終わることに成功しています。 

本書を徹底的に使って、英語スピーチ朗唱法の実践練習に取り組んでみてください。 

※「朗唱」とは 単なる暗記や音読とは違い、英語をまず音として味わい、英語を英語のまま捉えるもの、そしてスピーチの背景や、話し手の気持ちも考えながら、何度も繰り返し声に出して練習することにより、スピーチそのものの奥深さを味わうものです。このような練習を行うことにより、「英語が感じられて、英語で考えることができるようになる」という効果があります。 

【目次】 
1. 世界を変えた名スピーチによる英語学習 
  1-1 効果的、効率的に英語を学ぶ方法 
  1-2 スピーチの朗唱による英語力習得の効果 
2. “The Audacity of Hope”の紹介 
  2-1 “The Audacity of Hope”のスピーチ動画 
  2-2 “The Audacity of Hope”のスピーチ全文 
  2-3 “The Audacity of Hope”演説の背景 
  2-4 オバマスピーチの魅力 
3. スピーチを使った英語の朗唱学習法 
  3-1 「3C英語学習法」 
  3-2 Step1: Cut (音の区切りごとにカットしながら練習する) 
  3-3 Step2: Connect (区切った音をつなげて練習する) 
  3-4 Step3: Consider (フレーズ、表現、意味、構造、スピーチ・テクニックを知る) 
4. 実践練習 本書の練習パート 
5~9. Paragraphごとの実践練習 
   Paragraphの位置づけ 
   練習してみよう 
   表現・フレーズ 
   スピーチ・テクニック 
   ビデオを観て応用練習しよう 
10. 実践練習 Part5全体 
11. 発音練習のポイント 

出版日:2014年7月25日 
最終更新日:2014年7月25日 

DRM:なし 

©2017 GoogleSite Terms of ServicePrivacyDevelopersArtistsAbout Google
By purchasing this item, you are transacting with Google Payments and agreeing to the Google Payments Terms of Service and Privacy Notice.